batch_335c27da8230bdb9a98ead4847ec4560_m-min

UVライトで日焼けする?ネイリストが知っておくべき紫外線対策

セルフジェルネイルをする際に使用されるUVライト。爪に施したジェルにライトをあてて硬化させる役割があるUVライトは、ネイルサロンで、そしてセルフジェルネイルをやる際の必須アイテムとして、各メーカーからさまざまな種類が販売されています。

しかし、このUVライトは紫外線が発生するので、あて続けると日焼けをしたり指や手に悪い影響を与えたりするのではないか?ともいわれています。ネイルの専門家であるネイリストが必要な知識として知っておきたいUVライトについて、そしてライト使用時の対策についていろいろとご紹介します。

体に良くない?UVライトの紫外線について

日焼け止めのCMで使われる「UVカット」などUVという言葉はよく耳にしますが、UVとはどういう意味なのでしょうか。UVとは、Ultra Violetの略で日本語に訳すと紫外線の意味になります。夏の海などで長時間にわたって野外にいると太陽の日差しを受け続け、肌が真っ黒に日焼けすることは承知の事実です。きれいな肌が真っ黒になるだけでなくシミなど肌に悪影響をおよぼし、ひどいときは肌が軽い火傷状態になり炎症を起こします。この肌に影響を与える原因こそが、UVこと紫外線なのです。

では、UVライトで使用されているUVも肌に影響を与えるものなのでしょうか。太陽光から発せられるUVには3種類あり、それぞれUVA、UVB、UVCと呼ばれています。UVCはオゾン層に吸収され地上に届くことはなく、地上に降りてくるのはUVAとUVBの2種類となります。地上に降りる紫外線の95%はUVAで残りの5%がUVBですが、UVBの方が波長は短く、肌に届きやすく強く作用します。野外での日焼けやシミ、肌への炎症などUVは有害というイメージは、このUVBによってつくられているのです。

そして、UVAは量こそ多いもののそれほど肌に影響はありませんが、長時間浴びると肌だけでなく肌の奥の真皮層まで届きます。肌にわかりやすい影響が出ないので特別なケアを怠った結果、気がついたら日焼けをしている「うっかり日焼け」の原因はUVAによるもので、UVライトで使用されているUVこそがUVAなのです。

お客様へのアドバイスを!ジェルネイルをするときの対策いろいろ

上記で挙げた通り、ネイルサロンやセルフジェルネイルをするときによく使用されるUVライトのUVの種類は、UVAのことです。UVBを浴びたときのように肌が真っ黒になるようなわかりやすい作用がないためUVライトは害がないと思われていますが、紫外線は基本的に人体に悪影響をおよぼすものなので、当然UVライトを浴びた指先にも影響が出てきます。

UVAは浴びていると肌の奥まで到達するので、体に害がないから安心と決めつけ使用し続けていると、手がシワシワになる現象が起きることになります。UVにより指先が悪影響を受けてしまうと、せっかくジェルネイルを施しきれいにした指先、そして手がだいなしになってしまいます。よって、野外での紫外線対策をするようにUVライトの対策も行わなくてはいけません。

対策としては、日焼け止めを塗る、指先だけ出た手袋をすることが挙げられます。日焼け止めはUVをカットする数値であるPA値の高いものがおすすめです。そしてUVライトの蛍光管をまめに交換することも大事です。使用を続け劣化した蛍光管はUVの波長が短くなり、波長が短くなればなるほどUVは人体へ悪影響をおよぼします。安価なUVライトほど劣化しやすいので、蛍光管はまめに交換するようにしましょう。以上のことを、ネイリストはネイルの知識のひとつとしてお客様に伝えること、そして注意することが大切です。

もうひとつの硬化ライト「LEDライト」は体に害がない?

ジェルネイルにて指に施したジェルを硬化させるために使用するライトは2種類あります。ひとつがUVライトで、もうひとつがLEDライトです。ジェルネイルは使用するジェルの種類によってライトを使い分けます。ジェルにはUVライトだけで硬化する、LEDライトだけで硬化する、UVとLEDの両方で硬化するとタイプが違いますので、セルフジェルネイルの際はライトの確認も行わなくてはいけません。

UVライトのライトは手に影響がありますがLEDライトはどうなのでしょうか。UVライトは害のある紫外線を照射するだけでなく、安価で購入できる反面消費電力が多い、ジェルの硬化に時間がかかる、ランプに寿命があるなどのデメリットがあります。

それに対し、LEDライトで使用されている光線はUVと比較して人体に影響をそれほど与えることもなく、短い照射時間でジェルを硬化することができます。さらに、消費電力も少なく電球が半永久的に使用できるというメリットがあります。UVライトと比べると値段が高いので、ネイル初心者はどうしても安価で入手できるUVライトの方を選んでしまいますが、人体に害が少なく長い目で見ると長持ちして結果的に経済的なLEDライトの方がおすすめです。ネイリストはセルフネイルも行うお客様には、LEDライトのことも教えてあげるといいでしょう。

ミネラル成分が手に潤いを与える!キューティクルオイルの魅力

ジェルネイルでの効果ライトによる紫外線対策として、ネイリストはお客様にキューティクルオイルの使用もおすすめします。ジェルネイルを施した際、ライトの紫外線により手がシワシワになるという弊害がありますが、手の健康を害するだけでなく指先が乾燥してせっかくのネイルがきれいに見えないという弊害もあります。そして、ジェルネイルを取り通常の爪に戻したとき(いわゆるネイルをオフにする状態)、度重なるネイルにより見た目がボロボロになってしまうこともネイル経験者ならあると思います。

かといって、乾燥してボロボロになった手や指先をケアするためにハンドクリームを使用する人もいますが、通常のクリームだとベタベタして使い心地が悪いという人も少なくありません。そんなネイルの悩みを持つ人には、キューティクルオイルが強い味方となってくれます。

ミネラル成分がふんだんに使用されたこのオイルは、傷んで潤いを失った爪先に潤いを取り戻し、ほかのクリームのようなベタつきもなく使用感も心地良いです。ペンタイプ、クリームタイプと種類があり、乾燥がひどい人にはクリームタイプがおすすめです。ネイリストは日々ネイルを楽しんでいるお客様に対し、UVライト使用中などの対策だけでなく使用後の爪や手のケア、保温の大切さを教えてあげましょう。

プロのネイリストもおすすめの硬化ライト!

ネイルサロンだけでなく、自宅でセルフネイルを楽しんでいる女性は増えているので硬化ライトもさまざまなメーカーから販売されています。UVライトとLEDライトはさまざまな値段の商品があり、安いもので数千円程度、高いもので10万円程度します。そこで、おすすめの硬化ライトをご紹介しましょう。

国産ジェルネイルのブランド「プリジェル」はプロのネイリスト御用達のネイル用品メーカーとして知られ、硬化ライトもいろいろなタイプが販売されネイリストの皆さんが自分のサロンで使用しています。プリジェルから販売されているおすすめの硬化ライトは「レクシアEX36WマルチLEDライト」です。UV、LED両方の出力切り替えが可能で、硬化熱を軽減できるパワーコントロール機能などができるデジタル表示付きタッチパネルが装備されています。底盤はマグネット脱着式でお手入れも簡単にできます。

ジェルネイルはジェルの種類によってUV、LEDと硬化ライトを使い分けないといけませんが「レクシア 」は1台だけで2つの硬化ライトの働きをするためとても便利で、プロのネイリストたちからも愛用されています。プロのネイリストの方々は硬化ライトの紫外線が肌にどれだけの影響を与えるのか、知識を頭に入れてお客様と接するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

batch_335c27da8230bdb9a98ead4847ec4560_m-min

この記事をシェアする