ヨガインストラクターの業務委託とは? 業務委託での働き方がおススメな人と業務委託先の探し方をお伝えします

ヨガインストラクターの業務委託とは? 業務委託での働き方がおススメな人と業務委託先の探し方をお伝えします

ヨガインストラクターの働きかたは、大きく2つに分けることが出来ます。

どのスタジオにも正社員として雇用されずにフリーのインストラクターとして働くこと、もう1つは、どこかのスタジオで正社員として雇用契約を結んでヨガインストラクターとして働くことの2つになります。

フリーインストラクターの働きかたには、自分の時間が持てるようになったり、レッスンの内容が自分の好きなように決めることが出来るなどメリットがたくさんあります。

一か所のスタジオとの契約ではない場合などは移動の大変さがあったりと、デメリットもしっかり付いてくるので、デメリットを覚悟の上でフリーランスとして働くことが大切です。

今回、フリーランスの働きかたで業務委託をする場合について、話していきたいと思います。

ヨガインストラクターの業務委託とはどんなもの?

ヨガインストラクター 業務委託

ヨガインストラクターが業務委託で働く場合、ヨガスタジオやヨガスクールなどで正社員として契約を結ぶのではなく、フリーランス、個人事業主として働く形態になります。

ヨガインストラクターのフリーランスとしてスタジオやスクールと契約を結び、1レッスンの料金を決めてから仕事を請け負う体制を取ってる場合が多いようです。

東京都を例にあげると、1レッスンの平均相場はだいたい4,000円程度と言われています。

業務委託契約で働くのをおススメ出来る人

業務委託として契約をするので、しっかりと経験を積んでいるヨガインストラクターの方でないと契約する側のヨガスタジオやヨガスクールも委託出来ないと言えます。

そのため、ある程度の経験、そして資格を保有している方が有利かと思います。

他、業務委託でヨガインストラクターをしている方の多くは、独立を目指している方や、インストラクターをしていて結婚を機に日中空いてる時間に業務委託でレッスンを請け負ったりする方が多くみられます。

誰でも業務委託で働くことは出来る?

ヨガスタジオ、ヨガスクールでどのような業務委託の募集をしているかにもよりますが、ヨガインストラクターとして未経験の方の業務委託は厳しいのではないでしょうか。

正社員ではないとしても、しっかりと契約を結ぶのですから、ある程度の経験は必要ですし、人望も重要ではないかと思います。

スタジオによってはオーディションが行われて、ヨガインストラクターとしてのレベル判定をする場合もあります。

求人広告を見ても、募集資格には「ヨガの指導者資格を保有している方」「ヨガの有償レッスン経験がある方」となっていて、オーディションで合格した方のみ業務委託契約が可能となっています。

ヨガインストラクターの業務委託契約の時に見られること

ヨガインストラクター 業務委託

業務委託契約時は、基本的には一般企業の面接とさほど違いはないのではないでしょうか。

相手に不快感を与えない、笑顔で対応が出来るか、人としての基本の挨拶はしっかり出来ているか、常識的な考え方があるのかなどが大切になって来ます。

また、「ヨガを始めたきっかけ」だったり、「自分の目指すヨガインストラクターの方向性」だったり、さまざまな質問を受けますが胸をはって笑顔で対応することも大切になって来ます。

「清潔感のある身だしなみ」「素直な受け答え」「礼儀正しい言葉遣い」「ヨガインストラクターになる意気込み」など、契約時は面接時と同じに考えましょう。

また、契約する側はどれだけの熱意を持って面接に来ているかということも見ているので、契約書などを提出する時は手書きで心を込めて書きましょう。

ヨガインストラクターとなる人の人となり

ヨガインストラクターの仕事は、生徒の前に立ってヨガを教えることです。

見本のポーズを取ることもありますし、ヨガをする時の服装は動きやすさが重視されるため、薄着になるので体型に敏感になりがちです。

そういったことから姿勢やスタイルを意識する方が多いでしょう。

それが悪いことではなく、自身の美に繋がることなので結果オーライなのですが、最も大切なのは外見のみならず身体の中からキレイになることが求められます。

栄養状態、睡眠状態に気を遣い健康的なヨガインストラクターを務められるよう努力が必要です。

どれくらいのヨガの技術をもっているか

ヨガインストラクターは、ヨガのメリットデメリットを身体をもって伝える仕事です。スキルや経験値が高い方が良いに越したことはありません。

どれだけの技術を持っているかによって業務委託の応募にも影響があるはずです。多くのポーズが取れるインストラクターは確かに素晴らしいです。

ですが、「自身の向上心」、「生徒に対する上手なヨガの伝え方」も大切で、必然的にこのようなことも技術の中に含まれてくるのではないでしょうか。

いくらインストラクターが技術を持っていたとしても、生徒に上手く伝えることが出来なければレッスンは進みませんし、生徒も付いてきてくれなくなってしまいます。

生徒へのヨガの教え方

ヨガをしている方は、自分自身のために施術を行っている人がほとんどです。

健康のため、ダイエットのため、ストレス解消のため、たくさんポーズを取れるようになるため、どれをとっても自分のためです。

ですが、ヨガインストラクターとして生徒に教える側になった時には自分のためではなく、生徒のために施術を教えることが大切です。

生徒が健康になるように、笑顔になるように、ストレスが消えるように、たくさんポーズが取れるようになど、全て生徒のためになります。

そして、生徒一人ひとりに興味を持つことも大切な事です。

自分のレッスンにお金を払って習いに来てくれている生徒をしっかりと観察することで、体調が悪い時に気付いてあげることが出来たり、痛みがある箇所に気付いてあげることが出来たり些細なことが見えるようになるはずです。

ヨガインストラクターの業務委託先を探すには

ヨガインストラクター 業務委託

業務委託の場合、しっかりと契約書を通して契約を結ぶ方が報酬の面でも安心です。

今はインターネットの求人でいくらでも探すことが出来るので、業務委託の幅も広くなっているのではないでしょうか。

注意する点としては、内容を見た時に「ヨガ指導歴1年以上」、「要資格所有者」など、ほとんどがヨガインストラクター経験者になっているので、スクールなどでヨガの経験はあったり、知識は学んでいたとしても、実経験がないと応募が出来ない場合があります。

まずは、ヨガスタジオやヨガスクールなどで技術を積むことから初めてみるのがベストではないでしょうか。

業務委託でヨガインストラクターを募集しているスタジオ

・AMI-IDA(アミーダ)
報酬:1レッスン4,000円~
応募資格:有償レッスン経験者で、面接時にスキルチェックをします。その後にレッスンのテストを行います。
募集サイトはコチラです。
http://www.ami-ida.com/recruit/?p=2932

・LAVA
報酬:1レッスン5,000円
応募資格:RYT200またはRYT500取得している方で有償レッスン経験者で、面接後にオーディション、レッスンテストを行います。
募集サイトはコチラです。
https://yoga-lava-recruit.net/sc/pc.html

・CALDO
報酬:1レッスン4,300円
応募資格:人が好きな方で、フィットネスに興味を持っている方で、面接後のオーディションで判断します。
募集サイトはコチラです。
https://www.fitnessjob.jp/job5387/

・LUBIE
報酬:経験やスキルにより要相談で決めます。
応募資格:実務経験2年以上の方で、書類選考後に面接を行います。
募集サイトはコチラです。
http://olubie.jp/recruit/requirements/entrust

・YOGA PLUS
報酬:1レッスン4,000円
応募資格は記載されていません。
応募サイトはコチラです。
https://www.wholebodyeducator.com/recruit/free.html

自分の能力次第で能力も収入もあげることが出来ます

ヨガインストラクターの収入は働き方によって、どの地域で働くかによってかなり違ってきます。

正社員の場合、地域によっても多少違いは出てきますが、一般的に年収で250~400万円が相場になっているようです。

またフリーランスの場合、大都市の場合で1レッスン(1時間~1時間半程度)で3,000円~5,000円が相場になっているようです。フリーランスの場合は人気や経験値などによって変化するのもあって収入額はさまざまです。

アルバイトになると、時給で1,000円~1,500円程度が相場のようです。アルバイトでも昇給制度があるスタジオであれば生徒から指名をもらうなどの人気が上がることで時給2,000円以上を得ることも可能なスタジオもあるようです。

ヨガの資格を取得したり、指導のスキルを磨くことでレッスン数を増やすことも可能で、多くの生徒から慕われるようなヨガインストラクターになることで収入も上がってきます。

自分自身をどんどん磨いて素敵なヨガインストラクターを目指しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

ヨガインストラクターの業務委託とは? 業務委託での働き方がおススメな人と業務委託先の探し方をお伝えします

この記事をシェアする