25歳での独立。決断力と実行力でつかんだ人とのつながり、夢への切符【ネイルサロンChipieee/シピー代表 Chikoさん】#1

いつかは独立したい! 会社を起こしたい! という目標を持つ人も多いはず。そんな人に向けて、若くして成功をつかんだ先輩の経験談をご紹介する本企画。

今回ご登場いただくのは、そのハイセンスなデザインで抜群の人気を誇るネイルサロン「Chipieee」代表・Chikoさん。有名芸能人やインスタグラマーも多く訪れる同店をオープンさせたのは、彼女が27歳の時でした。

前編では、Chikoさんがネイルの世界を志したきっかけから、自宅サロンを経てChipieeeをオープンするまでのストーリーをお聞きします。

お話をうかがったのは…
Chikoさん

幼少期からダンスに親しみ、日本女子体育大学で舞踊学を専攻するも、卒業後はネイリストの道へ。大手サロンを経験した後、25歳で都内に自宅サロンをオープン。27歳よりネイルサロン「Chipieee」代表を務める。21年4月には第一子を出産し、育児との両立に奮闘中。

ネイルは、自分を表現するための小さなキャンパス

——体育大学出身のご経歴とお聞きしました。

ダンサーを目指していたんです。2歳からモダンバレエをはじめ、ジャズやヒップホップなどあらゆる種類のダンスを経験し、踊ることが生活の一部にある環境で育ちました。大学で舞踊を学ぶこともすごく自然な流れでしたね。

——ネイルと出会ったきっかけは?

もともと細かい作業が得意なため、セルフネイルは趣味の1つでした。大学に入ってからは友達の爪にも塗ってあげるようになりましたが、所詮は素人が見様見真似でやっていること。何人も施術するうちに、もっと上手になりたい!という欲が出てきて、いっそのことネイルを仕事にしてみようと思い立ちました

——ダンスからネイル。大きな方針転換でしたね。

それが、私の中では地続きの感覚なんですよ。ダンスは自分の身体全部を使って想いを伝えますが、ネイルは爪1枚1枚に自分の感性を落とし込む。素材のサイズ感が違うだけで、「自分を表現する」という点においてはまったく同じことだと思っています。

それに、私はインテリアやデザインが大好きで、中でも絨毯や壁掛けの柄・文様や小物の素材感など、ディテールに惹かれるタイプ。学校の美術の時間に人物像を描く時も、メインの人間ではなく背景の壁の描き込みにやたらとこだわっちゃって(笑)。だから、爪という小さなキャンパスに、好きなパターンやパーツを詰め込むネイルの楽しさにすっかり魅了されてしまいました。

アクティブにアグレッシブに。フリーランスの利点を生かしたフットワークの軽さ

「普通より根性があるタイプかもしれません」と笑うChikoさん。女性らしくふんわりと柔らかい雰囲気ながら、自分を信じる芯の強さが感じられる魅力的な方でした。 

——ネイリストを志してからサロン開業に至るまでを聞かせてください。

大学卒業後はネイルアカデミーに通い、地元・岐阜へUターンしてサロンへ就職しました。そして25歳の時、一念発起して再び上京することに。都内でマンションを借り、そこを自宅兼プライベートサロンとしてオープンしました。

——上京と独立が同時とは、大きな勇気を必要とする決断でしたね。

そうですね、その頃は若くて勢いだけはありましたから。今になって思い返すと、ちゃんと稼げるという保証もない中、家賃14万円の部屋を契約した向こう見ずな自分が恐ろしいです(苦笑)。

——東京にお客様のアテがあったのですか?

そんな素敵なアテはまったくありません(笑)。大学時代の友達が少しいたくらいかな。だから最初は集客もうまくいかず、飲食店でのアルバイトと掛け持ちでなんとか生活していました。ただ、幸運なことに、そのバイト先が美容業界や芸能関係のお客様が多くいらっしゃるお店だったため、さまざまな人脈を作ることができたんです。

——なるほど。良いめぐり合わせがあったのですね。では、そこでつながった人たちに対して、具体的にどういったアプローチをされたのでしょうか?

施術のお誘いはもちろんですが、皆さんから「○○でイベントがあるよ」「○○にこんな人が来るよ」と聞くと、夜中でも飛んで行って名刺を配っていましたね。とにかくフットワーク軽くいることを意識し、多くの方に自分の顔を売ることを徹底しました。そうやって地道なPR活動を続けているうちに、毎日が予約で埋まるようになったんです。

ひとりで働くことの限界。サロン代表という新たなる挑戦

——Chikoさんのアクティブさが垣間見えるエピソードでした。では、自宅サロンはどれくらいの期間続けられたのですか?

3年程度ですね。けれどある日、ひとりきりで続ける自宅サロンの『てっぺん』が見えたなと感じたんです。

きっかけは、「もうこれ以上は働けない!」と思えるほど忙しい一ヵ月があったこと。朝から晩まで施術する日が続きました。でもいくら急いで施術しても、私ひとりで1日にこなせるお客様の人数には限界があります。この月以上の売り上げを見込めることはなく、自分の休みを取れば売り上げは下がる一方です。けれど、ライフスタイルにさまざまな変化が予想される女性として、安定した収入源が必要だからこそ「会社として店舗をもつ」ということに目を向けるようになりました。実際に家庭を持ち、子育てをしながら働いている今、この選択は間違っていなかったと確信しています。

それに、ひとりでやっていると刺激が少ないんですよ。サロンを離れて3年経ち、誰かと切磋琢磨するという環境に飢えていました。自分のスキルやセンスを磨き続けるためにも、しっかりとした「店舗」という形態で、他のネイリストと一緒に働きたいと切望しました。

——その後、「Chipieee」のオープンへつながるんですね。

バイト先で知り合った唐澤憲司さん(株式会社L.O.G代表取締役)に、「お店をやってみたいと考えている」と相談したんです。すると「サポートするよ!やろうよ!」と提案していただけて、お店を任せてもらえることになりました。それが今の「Chipieee」ですね。

——唐澤さんといえば、ご自身もスタイリストとして活躍されながら、ヘアサロンや飲食店などを多数展開されている方です。彼のもとでの開業経験は大変な勉強になったのでは?

オープン当初は絞られたことも多々ありました。何か一つ行動を起こすにしても、唐澤さんを見ていると自分にはいかに足りないものが多いのかと思い知らされましたね。プレッシャーの嵐で苦しい日々ではありましたが、この挫折と勉強の日々があったおかげで今の私があります。唐澤さんには感謝してもしきれません。


逆境でもへこたれないタフな精神力と、物事を決断できる意志の強さを持つChikoさん。独立は決してゴールではなく、常に成長し続けたいという向上心が重要なのだと、お話を聞いていて改めて感じました。

独立後に大切な3つのポイントはこちら

1.組織に縛られないことを活かす!フットワーク軽く行動

2.人との出会いに感謝し、つながりを育てる意識

3.自分の直感と判断力を信じる

後編では、インスタグラムを主軸にした集客の工夫や、お店のスタッフへの想いなどをうかがいます。

取材・文/黒木絵美
撮影/本名由果(fort)

SALON DATA

Chipieee(シピー)
住所:東京都渋谷区神宮前6-6-6 穏田1st 4階
TEL:03-6452-6353
営業時間:平日10:00~21:00 土日祝10:00~20:00
定休日:なし

SALON DATA

2021年12月オープン
アイラッシュサロン「Chipieee iLa(シピー アイラ)」
住所:東京都渋谷区神宮前6-11-8
TEL:03-6427-3064
営業時間:平日10:00~21:00 土日祝10:00~20:00
定休日:不定休

1
2

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事