砂原由弥さんのサロンエッセイ・ココロ躍ル美容室/ウミトスのススメvol.2

砂原由弥さんのサロンエッセイ・ココロ躍ル美容室/ウミトスのススメ vol.2

エッセイ/砂原由弥(スナハラヨシミ)
「ねえねえ ウミトスって美容室知ってる?」
「知らなーい、どこソコ、誰のお店?」
そんな都内オープンから早5年、東京表参道から徒歩2分、知る人ぞ知るレベルというか大体知らない位の小さなアトリエサロンのお話なのです。

公共のイケてる宣伝や売り込みもせず多売もしないし出来ないし、そんな地味めな活動であるにも関わらず、表参道で楽しい美容を想像力豊かに経験の解放をベースとし、好奇心いっぱいに進んできた流れを多くの方に沢山取材してもらってきた美容室の物語り。

まじめに美容をやり続け、美容専門誌では表紙をやらせてもらっていたり、お店の予約の枠はいつもいっぱいで、芸能界のヘアメイクの発進も日々続け、一般誌ではエネルギーいっぱいに、雑誌の顔の表紙をヘアメイク担当したタレントさんで飾っている。

お店の下の子達もコンテストで全員賞も取り続け、まじめに力をつけて大きい愛の力を受け取り、ちぃ~さい ちぃ~さいサロンなのに、大きい愛の力が見えている人に愛のエネルギーを見つけられオファーを長らく沢山受けている。

—————————————————————————————————————————————

砂原さん
オダギリジョーさんと表紙に。
映画
映画「エルネスト」TV/雑誌/舞台挨拶40本以上、ヘアメイク担当。

サロンワークのお話をすると、有名な芸能人はもちろん、駆け出しの役者さん、タレントさんもたくさんご来店します。どうしても売れたいし、事務所にも入りたいしと、希望や夢も多く、これからという時にウミトスにご来店します。もしくは事務所に入りたてで売り方がわからないからと、マネージャーさん達と一緒に戦略を立ててプロデュースして髪を切ります。

1~2年も経たないうちに一般人から飛び出して、自らを表現するタレントや役者、芸人として、なりたいものになれなかった人は記憶にはいません。

私のプロデュースの仕方も様々で、どうしたら長く売れて最高峰として残る芸能人になるのか、一人一人の個性を見極めていきます。髪を切るという事は人生を引き出す事。ヘアスタイリストは人生の案内人としてとてつもない力を引き出し上げていく事。

髪を変える事から全体にムードをつけ、人間界に見せつける。そのムードは周りの人を惹きつける最大の武器になる。ウミトスの砂原が、武器を作れる事を芸能事務所は知ってくれているから、信じて期待の新人を預けてくれる。1年か2年の力をうける時間を経てムードを纏った新人は表現の場所を獲得し、一般人から飛び出しTVや映画などのムービー、PVと内面からも滲み出たアイデンティティを現場で見せつける。かっこいい~って自分で作り出しても思っちゃうし、かわいい~って自分で作ってるくせに思いっきり本人に伝えちゃう、そんな私。

NHK
NHKよく行きます!お世話になってます!
テレビ収録
テレビの収録の様子。

一緒に人生を歩いていく、一緒にお相手の人生を背負っていく。自分の生き様も沿っていく。

例えば自分の妊娠だってタイミングを合わせ、もうすぐ産めませんよの”まるこう”って言われたってタレントに合わせるし、タレントが妊娠の準備する時にそこしか無いと合わせていくんです。

勝手にそうするんだけど、それひとつとっても、人生をリンクさせていく事は案内人としての優しさと強さを試されます。

相手も自分もがっちりリンクさせていくのって、とてつもなく複雑な人と人の心だから、よくしてあげても時にあだにもなるから、心の訳がわかっていたいと思って内閣府認定のメンタルカウンセラーの資格も取り、複雑な心も紐解く余裕もできました。

長らくウミトスという小さい美容室で相手の幸せだけを本気で望んできたのは、小さい時から親が美容室を開業しているのを見てきての2代目のたくましさと重さもあると思う。

他人への愛のとてつもないエネルギーを刷り込まれていると思うから、お金を得る幸せの上の幸せを刷り込まれてきた。どうしても1番が、心の豊かさまで引き上げてあげたいと望んで仕事をしてしまうんですよね。本当に大事な物を純粋に貫いていくと、なかなかきつくて悲願かなと迷う若さも私にもあったけど、小さい頃からの審美眼は、親の優しさのベールを纏って、迷わずここまで連れてきてくれました。

カンヌ国際映画祭
カンヌ国際映画祭での記者会見の一コマ。
カンヌ国際映画祭
カンヌ国際映画祭で海外スタッフといっしょに。

髪を切らせてもらった方々のたくさんの人がTVに出て表現者として大成しているのを見ることができたのも、ご本人が自分への意識を見極め、楽しさを集中させ、苦しさにも揺れずに乗り越える強さを私の経験から伝えてこられたのもあると思います。したい事をしていくにも苦しさも時に重くのしかかるから、その時はそっと寄り添って宿命さえも一緒に感じてあげ、私も心を痛めながらも時を見てまた上を向かせ、深呼吸を入れながらさらに一歩一歩と歩かせていく…。

優れたお相手ほど跳ね上がりも早いけど、ダメージも大きいので大変なんですよ、天才達も。

砂原さん
美容業界誌「SHINBIYO」で連載中です。

データに残る仕事をしている芸能人はとても華やかに見えますが裏方の仕事の私よりプレッシャーはとてつもなく苦しいはずだから、ここって時の一瞬を見定めてチャンスを見極め押し出す仕事が私のヘアーさんとしての仕事だし、良き未来をおつくりする将来の夢を叶えさせることは、私の人生をかけても惜しくないお仕事なのです。

Profile

砂原さん

砂原由弥(スナハラヨシミ)さん

東京・青山「UMiTOS」代表

日本美容専門学校卒業後、都内2店舗を経て、出産を機に2008 年、「海と砂原美容室」を千葉・南房総にてオープン。さらに2011 年、東京・表参道に「UMiTOS」をオープン。サロンワークに加え、ヘアメイクアップアーティストとしてファッション誌、テレビCM、企業広告、映画の撮影など、幅広く活躍している。
2014 年、カンヌ国際映画祭に参加。また、内閣府認定メンタルケアカウンセラー、認定福祉美容介護師の資格も持つ。著書に『はじめてのおうちカット』(アノニマスタジオ)、『一刻も早くツマラナイゲンジツから脱出スル方法』(共著、コワフュール・ド・パリ・ジャポン)がある。

   

Salon Data

UMiTOS

UMiTOS

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-2-10 アイリスビル2F
03-6418-8305 
Open:10:00~20:00
Holiday:火曜、第1、3水曜

UMiTOS/http://www.umitos.com/
海と砂原美容室/http://www.umisuna.com

表参道にある個性あふれる美容室。
サロンワークはもちろん、映画、広告、CM、雑誌などのヘアメイク活動、セミナー、コンテスト審査員などの外部活動も幅広く展開。
また、千葉県南房総市にフラッグショップ「海と砂原美容室」がある。

砂原由弥さんのサロンエッセイ・ココロ躍ル美容室/ウミトスのススメ vol.3>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

砂原由弥さんのサロンエッセイ・ココロ躍ル美容室/ウミトスのススメvol.2

この記事をシェアする