湯浅一也 interview#2: “あたりまえ”の追求が感動を生む

湯浅 一也 interview#2: “あたりまえ”の追求が感動を生む

自宅や介護施設、病院からの外出が困難な方の元にサービスを提供する訪問美容。これまでの訪問美容は、ブルーのビニールシートをしき、机のうえに鏡を置き切ることが主流でサービスに欠けるものでした。そんなカットだけを提供していた業界に、移動式のシャンプー台を持参し、アロマを焚くことや、心地よいBGMを流すなど、美容室の空間を訪問先で演出し変革をもたらしたのが『trip salon un.』です。
2012年にオープンしたこちらの訪問美容専門サロンは、細やかな気づかいで信頼を築き、成長を続けています。そんな『trip salon un.』を作り上げたのが、スタイリストの湯浅一也さん。今回は、会社の特徴や初めて対応したお客さまのお話をうかがいました。

街の美容室がやっている“あたりまえ”を追求する

湯浅さん

――『trip salon un.』の特徴を教えてください。
「訪問先に行くと、施設にあうインテリアを装飾し、音楽を流すことや、季節にあったアロマを焚くことなどリラックスできる空間を作ります。それからお客さまにカウンセリングをしっかり行い、カットする時間は約20分以上。1人にかける時間が平均5~10分だった従来の訪問美容とは違い、仕上がりまでとことんこだわっています」

――起業当初の営業活動でのお客さまの反応を教えてください。
「それまでの訪問美容に比べ提示額も高かったので、よいサービスができるからと伝えても理解されずに大変でした。ただ、お客さまもお金を払わないと意見を言いにくいと思うんです。実際、単価を上げた方が注文も多くなりました。スタッフもこれだけのお金をもらっているのだからきちんと技術を提供しようと努力しますし。そしてなにより、お客さまに還元できるサービスを増やしていくことができました」

初めての訪問先は精神病院の閉鎖病棟

湯浅さん

――最初のお客さまを教えてください。
「原宿のサロンで僕が担当していた方から、都内の精神病院をご紹介していただきました。実際にカットしていると、髪の毛が付くのを防ぐクロスをバッと外し“嫌だ、切りたくない”と叫ばれた記憶があります。途中からは安心し眠られて、カット後はすごく笑顔になっていただいたので、やっぱり訪問美容はすごい力を持っているんだなと確信しましたね。どうすればお客さまが落ち着くのか、またコミュニケーションをとっていただけるのかなど、勉強になったことがとても多く最初に精神疾患のお客さまを担当できてよかったと思っています」

話せないお客さまには、思い出の写真通りのカットを

湯浅さん

――お客さまとコミュニケーションを取るうえで工夫していることを教えてください
「カウンセリングをし、ご本人がなりたい髪型や髪色を細かく聞くことはもちろんですが、ご家族からも話をうかがいます。また、施設のスタッフさんとのコミュニケーションも大切で“この方のお身体はどういう状態ですか?”“身体を起こしても大丈夫ですか?”など積極的に聞くと、きちんと考えて技術提供をしていることが伝わり、より深い話をしてくれる関係性が築けます」

――話すことが困難なお客さまもいるそうですが、どう対処されていますか?
「お話することが困難なお客さまのカットは、部屋にある昔の写真を髪型の参考にします。飾っている写真は自分がキラキラしていたときや、一番きれいだったときの写真です。その通りの髪型にするとお客さまがすごく笑顔になり、なかには泣き出す方もいらっしゃっるんです。認知症の方で、僕たちが来ていることを忘れてしまう方もいますが、“いつも切ってるんですよ”と記憶に残り、安心感が伝わるカットを心がけています。“ああ、この前の”と覚えてくれている方も多くいらっしゃって、それだけお客さまの記憶に残っているのはうれしいからですよね。名刺やメモを大切に持っていてくれますし、忘れない努力をしている姿を見るとグッときます」

最近は妊婦さんや小さなお子さんがいて、外出が困難な方のカットも増えているとのこと。お客さまの年齢層が広がっているそうです。
後編では、訪問美容をしていてうれしい瞬間や、今後の目標を語っていただきました。

Profile

湯浅さん

湯浅一也さん

株式会社un. 代表取締役 CEO
NPO法人 全国介護理美容福祉士教会認定《美容福祉師資格取得者》、きらめき認知症シスター
北海道札幌市出身。専門学校卒業後、2008年原宿の美容室の入社。確かな技術とやわらかな接客が支持され新人売上げ1位を獲得。2012年、櫻庭太とともに『trip salon un.』をオープン。

Salon Date

訪問美容『trip salon un. 』

住所:東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山1403
TEL:03-6869-9419 電話受付時間(平日 午前9:00~午後18:00)
FAX:03-6893-3931
E-mail:info-un@c-b-un.com
http://c-b-un.com/

湯浅 一也 interview#3:訪問美容師だからこそできるカット>>