入学を後押ししたのは「厳しい学校だよ」のひと言 東京衛生学園専門学校

入学を後押ししたのは「厳しい学校だよ」のひと言 東京衛生学園専門学校

1953年に創立され、長い歴史と伝統を持つ東京衛生学園専門学校。今回お話を伺うのはあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の国家資格取得を目指す、東洋医療総合学科のみなさんです。座学中心の専門学校が多いなか、実技にも力を入れ、高い就職率、国家試験合格率を誇ります。どんな学校なのか、まずは1年生の遠見夢美さんにお話を伺いました。

東京衛生学園専門学校

資格を取ることで、初めてお客さまの身体に触れられると思った

――あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師を目指そうと思ったきっかけはなんですか?
「私はオイルなどを使ったボディケアの仕事を1年くらいやっていて、それがとても楽しかったんです。ただ身体の仕組みなどの知識は、ほとんど学べなかったので、もう少し勉強をしてみたいという思いが芽生えました。人の身体を触る仕事なので、簡単にはできないと思ったんですね。知識があり、さらに資格を取ってこそできる仕事だと。そこで学校に入ってちゃんと学ぶことを決めました」

――元々ボディケアのお仕事をされていたそうですが、なぜその仕事を始めようと思ったのですか?
「手に職をつけたいという思いが強かったんです。自分の手ひとつで何かをできるということに魅力を感じていたんですね」

――この学校を選んだ理由は?
「体験入学に来たときに、先生たちから『この学校はすごく厳しいよ』と言われたんですけど、どうせ行くなら厳しいところがいいと思ったのでここに決めました。人の身体を触る仕事なので、そこにちゃんと責任を持てるようにきっちり学びたいと思ったんです。あとは先生方がとても親身になって話を聞いてくれて、卒業後も力になると言ってくれたのが大きかったですね。在学中だけではなくて、卒業して仕事を始めるときのことまで考えてくれるのはありがたいなと思いました」

東京衛生学園専門学校

わからないことをそのままにせず、着実に進める

――実際に入学してみて、学校はどうですか?
「やはり大変ですね(笑)。テストがすごくたくさんあるんです。座学だけではなく、実技のテストもあるので、テストに追われています。ただ、そうやって細かくテストをしてくれることで自分はどこができていないか、チェックできるので、本当の意味で身についていると思います」

――先生にはどんな方が多いですか?
「熱い先生が多いですね。とても真剣に向き合ってくれて、わからないところがあればすぐに聞いてと言ってくれるので、わからずに終わることがないのがうれしいです。授業のスピードも速いので、わからないと思ったらすぐ聞かないと、それがどんどん重なっていって、追いつけなくなってしまうんです。知識も技術もあり尊敬できる方ばかりなのに、話しやすい雰囲気を作ってくれているので、いろいろな話を聞くことができます」

遠見さん

――印象に残ったイベントはありますか?
「10月に行った学園祭が印象に残っています。私は会計係をやったのですが、他の学科の会計係さんとのやり取りがあったんです。普段は接することがあまりない、他の学科の学生さんとも交流できて、楽しい思い出になりました」

――卒業後の目標を教えてください。
「入学前はマッサージをやることしか考えていなかったのですが、入学して鍼をやってみたらとても楽しかったんです。なので鍼やお灸などの知識や技術もしっかり身につけて、たくさんの人の体を楽にできるようになりたいと思っています」

中編では、独立を意識したときに改めて学校に通おうと考えたという学生さんにお話を伺いたいと思います。

School Data

東京衛生学園専門学校

学校法人 後藤学園 東京衛生学園専門学校

〒143-0016 東京都大田区大森北4-1-1
03-3763-6621
http://www.teg.ac.jp/

社会に一度出たからこそ感じる”学べる幸せ” 東京衛生学園専門学校>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

入学を後押ししたのは「厳しい学校だよ」のひと言 東京衛生学園専門学校

この記事をシェアする