batch_63%e2%80%901-min

セラピストになるためには?必要となる資格から資格の取り方についてお伝えします

リラクゼーション系の仕事の中に「セラピスト」という職業があります。

お客様の悩みや症状を改善する施術の職業であればセラピストと呼ばれるため、仕事内容は多岐にわたります。手技で人を癒すもみほぐしや音楽療法士、アニマルセラピスト、心理カウンセラーなども大きくいえばすべてセラピストになります。

あなたは、セラピストについてどれくらいご存知でしょうか?

今回は、セラピストを目指す人が知っておくべきセラピストになるまでのプロセスをご紹介しようと思います。セラピストとは、どういう仕事なの?セラピストになる為に必要な資格は?どうやったら資格がとれるの?などあなたの疑問を解決させます!

セラピストの仕事とは?

batch_63-2-min

セラピストとは、人の心や体を癒す仕事です。セラピストと呼ばれる職業は多数あり、施術方法も多彩です。

個人でも開業しやすいアロマセラピストやカラーセラピストのようなリラクゼーション系の仕事から、医療機関と連携して患者さんの心のケアを行うフィジカルセラピストのような医療系の仕事まで幅広くあります。

どの仕事も接客業であり、お客様の悩みや症状を聞いて、それに合わせて施術を行うという点は共通しています。

主な仕事は他人の悩みや症状を改善すること

セラピストは、お客様のかかえている悩みや症状を改善することが主な仕事です。お客様の悩みはさまざまです。不眠症・ストレス・肩こり・眼精疲労・頭痛などそれぞれ違った悩みがあります。セラピストは、お客様の症状をしっかり聞いて、より効果的な施術を提案します。

改善方法は、身体をほぐす施術だけでも、リンパマッサージ・アロママッサージ・ストーンマッサージ・リフレクソロジーなどたくさんあります。

セラピストになるのであれば何か一つの症状のプロフェッショナルになることで他のセラピストと差別化してもいいと思います。

そして、セラピストはただ施術をするのではなく、楽しくお客様と会話することも重要です。ただ、身体の悪いところを治したいのであれば病院で治療をすればいいはずです。お客様がセラピストのいるサロンに通うのは、癒しの空間でセラピストと会話することでストレス発散し、心も一緒に癒されたいからです。

心と体と両方癒すことのできるセラピストは理想的です。

セラピストは悩みによってアプローチ方法を変えることが出来る

セラピストは、豊富な知識と高い技術があればお客様の悩みを改善するためにいろいろなアプローチ方法が提案できます。

たとえば、アロママッサージの場合、お客様のその日の気分がイライラしている人にはリラックス効果の高い香りを選び、眠気を取りたい人にはスッキリとした香りを選びます。同じマッサージをするにしてもお客様の悩みによって提案するメニューをアレンジできます。

1つの施術方法だけでなく、いろんなセラピストの資格を持っていれば、もっと多角的にアプローチすることができます。アロママッサージに加えて、リンパマッサージやストーンマッサージなどが一緒にできれば、よりお客様にあったサービスを選べるようになるのでお客様の満足度もアップします。

セラピストにおすすめの資格とは

batch_63-3-min

セラピストは、資格がなくてもなることはできます。しかし、資格を持っていれば専門知識をちゃんと勉強したという証明になります。セラピストとして就職する際に有利になります。

自分でお店をはじめる場合もその分野のプロフェッショナルだという証になり、お客様に安心感を与えることができます。セラピストにもさまざまな資格があるのでご紹介します。

アロマセラピスト

セラピストの中で、一番人気の資格はアロマセラピストです。アロマセラピストの資格で一番大きいものは、日本アロマ環境協会(AEAJ)のアロマテラピー検定です。

試験は年2回試験があり、試験内容としては

・精油の成分やアロマの利用方法

・アロマテラピー健康学

・アロマについての知識と香りのテスト

などがあり、合格率は90%と高く、しっかり勉強すれば合格できる資格です。

リフレクソロジー

もうひとつ、おすすめはリフレクソロジーの資格です。

リフレクソロジーとは、足の裏を刺激することで健康や美容効果も期待できる施術のひとつになります。西洋と東洋の様式があるのですが、西洋は痛みが少なく女性に人気があり、東洋は痛気持ち良さを感じれるので男性に人気があるようです。

民間の資格は複数あるのですが、大きい団体でいうと、日本リフレクソロジストの主催する資格があります。一般に誰でも受験できるライセンスから、介護福祉向けの資格、インストラクター向けの資格まであります。

その他にも多くのセラピストの資格が

それらの民間資格の他に、国家資格として認められている資格があります。理学療法士、柔道整復師、鍼灸師などです。民間の資格と違い、国家資格の必要な施術に関しては専門知識が必要であり資格がなければ施術できません。

そのため国家資格が必要な施術のお店でセラピストとして働くためには必ず資格を取らなければいけません。

また、国家資格を取ると保険診療ができたり、いろんな種類の電気治療器具の取り扱いができるようになります。国家資格があるとより高度な治療を行えるようになります。

資格を短期間で取得するにはどのようにすればいいの?

batch_63-4-min

セラピストの資格を取るためには、決められたカリキュラムを受講した人しか試験が受けれないものが多いです。中には講習を受けるだけで資格がもらえるものもあります。

資格を短期間で取得したいのであれば専門学校に通ったり、通信講座や単発のセミナーに参加する方法がおすすめです。

テキストは本屋さんでも買えるので独学で勉強する人もいますが、実技試験のある資格だと先生がいないと技術チェックができないです。しかも、独学だとだんだん仕事やプライベートを優先して、いつの間にか資格の勉強はほったらかしになってしまう人も多いです。

お金はかかりますが、先生からしっかり指導を受けれる勉強法を選ぶ方が最終的には短期間で資格が取れて、早くセラピストとして働けるはずです。

専門学校に通って知識をつける

セラピストの中でも専門的な知識が必要な医療系の分野は専門学校に通いましょう。

国家資格の試験の場合は、受験資格自体が専門学校でカリキュラムを履修した人となっています。柔道整復師や鍼灸師のような国家資格を目指す人はまず2~3年専門学校に通いましょう。専門学校も昼と夜と開校しているところも多く、ライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

また、専門学校に通うことで同じセラピストを目指す仲間ができます。セラピストの業界はどんどん新しいジャンルが生まれています。将来、情報交換したり、相談したりできる仲間がいると心強いです。

通信講座やセミナーを受講して民間資格を取得する

民間資格は、国家資格に比べて授業時間が短く取得しやすいです。そのため通信講座でも勉強できます。自分の空いた時間に勉強して資格を取れるので、子育ての間に勉強して育児が落ち着いたらセラピストとして活躍するママセラピストもいます。

通信講座は、テキスト、過去問題集に加えてDVDなど映像での教材も豊富にそろっておりとてもわかりやすいです。資格を取るための情報はすべて用意されているので、自分で調べたり資料を集めたりしなくていいので無駄な時間がかかりません。

また、簡単な資格であれば協会の講座を受けるだけでもらえるものもあります。民間の資格は協会の規模によって試験の金額も難易度もさまざまです。就職活動の為に資格を取得するのであれば大手協会の資格でなければあまり意味がありません。資格はたくさんあるので慎重に選びましょう。

資格は働きながらでも取得することが出来ます

batch_63-5-min

セラピストの資格は、通信講座や夜間講座、週末の単発の講習会が充実しているので、働きながらでも資格を取得できます。すでにセラピストで活躍している人は、さらに広い知識を身につける為に他の分野の資格を目指してみてはいかがでしょうか。

いろんな資格を持ったセラピストはカウンセリングもよりアドバイスできることが増えます。

新たにセラピストへの転職を考えている人も、仕事を辞める前に資格の取得も考えてみましょう。

転職活動前に、事前にその分野の詳しい知識が付くので履歴書や志望理由書もより具体的な内容がかけるようになります。また、資格を持っていれば1から勉強する未経験者より早くセラピストとしてデビューできます。

資格以外に技術を身に付けることでプロフェッショナルになれます

セラピストは、資格を取得することであなたがその分野の専門的な知識を持っている証明になります。そのため就職活動や自分でお店を経営する時にとても役立ちます。

セラピストは特に資格がなくてもできるので怪しいお店もたくさんあります。自分の知識をつける為だけでなく、お客様に安心してもらうためにも持っておいた方がいいですね。

しかし、資格を取ったからといって満足してはダメです。セラピストは技術力を向上させるために日々の努力が必要です。資格を持っていても技術がイマイチだと、いつまでもあなたにお客様は付きません。資格で学んだ知識を生かして施術をできるようにしましょう。

高い技術力を身につけることでセラピストとして、プロフェッショナルになれます。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

batch_63%e2%80%901-min

この記事をシェアする