美容師免許は通信でも取得できるの? 通信で取得するメリットとは|おすすめの通信課程を紹介

美容師免許は通学以外にも、通信でも取得できる国家資格のひとつです。ここでは、通信で美容師免許を取得する場合の基礎知識をご紹介します。

そのほかにも、通信で学ぶ場合のメリット・デメリット、おすすめの通信課程を学べる学校をいくつかご紹介していきますので、通信で学ぼうとお考えの方は参考にしてくださいね。

美容師免許は通信でも取得できるの?


美容師の国家試験といえば、専門学校に通って専門的なことを学んでから受験するというイメージがあるかもしれません。実は美容師免許の受験資格を得る方法には、美容師学校へ通学するものと、通信制を利用して自宅で学習するという2つの方法があります。

ここでは、通信で美容師免許を取得する際に知っておきたいことを確認しておきましょう。

美容師国家試験の受験資格|3年以上の通信課程修了でOK

美容師免許は国家資格になるため、まずは国家試験に合格しなければなりません。さらに、国家試験を受験できるのは、厚生労働大臣またはお住まいの地域の都道府県知事が指定する美容師専門学校において、必要過程を修了している必要があります。

修了するための必要過程は、通学であれば2年以上、通信であれば3年以上。この期間を経て、通信課程が修了となり、受験資格が与えられます。

また、国家試験に合格したあとは免許を理容師美容師試験研修センターに申請して美容師名簿の登録をおこなわなければなりません。ここで一度取得した美容師免許は、特別なことがない限り生涯有効です。

通信課程ではどんな風に学習するの?


通学制であれば講師の授業を受けるので、わからないことがあれば聞くことができますが、通信制ではどのように学習するのか、スクーリングはできるのかなどが気になることは多いのではないでしょうか。

そこでここでは、通信課程では、どんな風に学ぶのかをくわしくご紹介します。

自宅での学習がメイン|レポート提出など

学習するカリキュラムは基本的には通学制と同じで、関係法規や衛生管理、美容保険、美容の物理、美容文化、美容運営などを学びます。

また、スクーリング以外では自宅学習がメインとなっているため、定期的にレポート提出をしなければなりません。

スクーリングで技術指導が受けられる|国家試験対策なども

技術的なことを学習するときには、スクーリングと呼ばれる授業に定期的に参加をして指導を受ける必要があります。

このスクーリングは学校によっては春休みや夏休み、夜間におこなう学校もあり、試験対策などもスクーリングによる指導となっているのが特徴です。

通学と学ぶことに違いはあるの?

通学と通信は学ぶカリキュラムは同じで、どちらも美容師になるための知識と技術を学びます。通信ではテキストを利用して学習をし、定期的に課題を提出して認められると単位となるため、自己管理をしっかりとして、きちんと課題を提出しなければなりません。

  • ・利用者満足度NO.1
  • ・求人案件数3万件以上
  • ・今の職場を見つめなおしたい方

登録不要! 実際の求人を見てみる

通信課程のメリット・デメリットとは?


学校や働きながら学べる通信は自宅で学べるほかにもたくさんのメリットがありますが、自己管理がむずかしいなどのデメリットもあるのが実情です。ここでは、通信で学習するメリットとデメリットをそれぞれ解説します。

通信課程のメリットは?

通信課程で学習した場合、一体どんなメリットがあるのでしょうか。まず、はじめにメリットを確認しておきましょう。

通学に比べて学費が安め

ほとんどの美容師専門学校では、通信での学習は通学に比べるとかなり学費が安く設定されています。

これは受講する講義の数が少なく、学習も国家試験対策がメインになるためです。そのため、通学制に比べると学費が1/3から1/4になる学校も多くなっています。

自分のペースで学習できる

通学では授業時間が決められていますが、通信では自分の好きな時間・タイミングで自由に勉強ができます。

そのため、日中はほかの仕事をしたり、違う学校に通いながら勉強をしたりすることができるなど、自分のペースで学ぶことが可能です。

通信課程のデメリットは?

通信では学費が安いこと、そして自分のペースで学習できるなどのメリットがありました。ここでは、通信のデメリットを確認しておきましょう。

自己管理が必要

通信ではスクーリング以外は自分自身で時間管理をして学習しなければならないため、計画を立てて勉強しないといけません。

そのため、仕事をしながら学習する場合には、仕事と学習のスケジュールを決めて進めていかないと、勉強不足で国家試験に臨むことになります。

サポートに不安を感じることがある

通学制では講義中にわからないことがあるとすぐに講師に質問できますが、通信ではそうはいきません。

学校でもサポート体制を整えてくれていますが、夜間の勉強中にわからないことがあっても電話やメールで直接質問できないことが多く、サポートに不安を感じる可能性もあります。

自分に合った学校を見つけよう! おすすめの通信課程を紹介


通信で美容師免許を取得するためには、学校選びがとても重要です。通信での合格実績が多くあるか、サポート体制はしっかりとしているかなどがポイントとなります。

こういった点を踏まえたうえで、自分に合った学校を選びましょう。ここでは、数ある学校のなかでもおすすめの通信課程をご紹介します。ぜひ、学校選びの参考にしてくださいね。

東京モード学園|美容学科 通信コース<美容師『国家資格 合格保証制度』対象コース>

この学園の通信コースでは、「国家資格 合格保証制度」の対象コースになっています。これは、この学園の学科において卒業認定を受けた方が万が一国家試験で不合格になってしまった場合に、卒業後も2年間は試験合格に向けて学習するための学費を負担してくれるコースです。

また、3年間で9回の集中スクーリングでは国家試験対策にも対応。さらに、すでにサロンで働いている人にはスクーリング日程が約半分になるため時間と学費の両方が節約になり、そのぶん効率的に学習ができます。

山野美容専門学校|通信課程

この学校の大きな特徴はサロンで勤務していなくても入学ができるため、会社員や主婦、学生など幅広い年齢層の方が学べることです。そのやめ、「一度違う職に就いたけれども美容師を目指したい」という方にはおすすめで、スクーリングも夜間コース、春期・夏期コースなどがあるため、ご自身のライフスタイルに合わせて自由に選ぶことができます。

また、国家試験前には対策を強化していて、合格までを全面的にサポートしてくれるので安心して試験に臨むことが可能です。

国際総合ビューティーカレッジ|美容科 通信課程3年間

この学校の魅力は、多くの受賞歴のある講師や現役の人気サロンのオーナーやアーティストが講師として指導をしてくれることです。入学は10月からで3年間の通信課程のなかで、スクーリングもそのうち45日間設定されているため、知識や技術面でもしっかりと学べます。

また、数ある美容専門学校のなかでもトップクラスの国家試験合格率を誇り、試験対策においてもトップレベルなのでしっかりと学べる環境だといえるでしょう。

大阪美容専門学校|通信コース

この学校での通信課程は自宅にてテキストを中心として学習をし、3年間で23教科を学び、36回のレポートを提出が必要です。そしてスクーリングも3年間で600時間おこない、国家試験前にはほかのコースと同じように受験講習を受講することが可能。合格まで、しっかりとサポートしてくれます。

また、幅広い年齢層や職業の方が受講しており、ご自身のライフスタイルに合わせて学ぶことができるのが魅力です。駅からのアクセスがよいので、スクーリング時の通学にも便利な立地となっています。

美容師免許は通信でも取得できる! 自分に合った学校を見つけよう


美容師免許は、通信課程でも取得できる国家資格です。通信は、通学と比べて学費が安くなるなどのメリットがある一方で、自分ひとりで学ぶことになるため、自己管理が必要になるなどのデメリットもあります。

そのため、学習のスケジュールなどの自己管理をしっかりとして、自分に合った学校とコースをみつけてくださいね。

引用元サイト
厚生労働省 理容師・美容師免許の取得まで
東京モード学園 美容学科 通信コース <美容師『国家資格 合格保証制度』対象コース>
山野美容専門学校 通信課程
国際総合ビューティーカレッジ 美容科 通信課程3年間
大阪美容専門学校 通信コース
https://www.daibi.ac.jp/course/tsushin/

※1 美容・ヘルスケアの求人・転職サイト20社を対象に、全国の20~50代の男女(業界従事者)1,015名に行ったサイト比較イメージ調査より2021年9月14日~16日 インターネット調査 ゼネラルリサーチ)

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事