ヨガインストラクターの資格を取得するにはどうすれば? 取得費用やおすすめの資格についてお伝えします

ヨガインストラクターの資格を取得するにはどうすれば? 取得費用やおすすめの資格についてお伝えします

現在、日本ではヨガインストラクターの国家資格はありません。そのため、誰でもヨガの指導者になることはできます。

しかし、ヨガに対してきちんとした十分な知識やある程度の経験がなければ、どこのヨガスクールも雇ってはくれないでしょう。

また、自分でスクールを開業しても、正しい指導ができなければ生徒を集めることもできません。

つまりヨガについて生徒に伝えるだけでなく、十分なヨガの知識とある程度の経験が必要であると言えます。

ヨガインストラクターの資格を取得する前に決めておくほうが良いこと

ヨガインストラクター 資格

ひとことでヨガインストラクターと言っても、ヨガにはいろいろな種類があります。どんな種類のヨガを教えたいのか、決めなくてはなりません。

自分がどのインストラクターになりたいのかをしっかりと決める

ポーズインストラクターになるのか、ヨガインストラクターになるのかをしっかりと決めておくことは大切なポイントです。

何を目的に勉強をしようと思っているのか、それを考えて決めておかないと、どの講座を受けたら良いか判断できません。

ヨガインストラクターの養成講座を受講する人は、2種類に分かれると思います。ヨガを広めたい人、ヨガを深く本格的に学びたい人です。

また、同じように指導する人になりたくても、ポーズだけを教えられればいいと思う人と、インド伝来の本来のヨガを教える指導者や「本物のヨギーニ」になりたいと考えている人に分かれます。

美しいポーズを取ることができるのがヨガではありません。美しいポーズを見せてくれる体操の選手はヨガの達人ではありません。ですから、ポーズを教えるだけの人を本物のヨガインストラクターと呼ぶことはできません。

そのあたりのことも良く考えた上で、インストラクターを目指しましょう。

どのようなペースで資格を取得するのか

何年かけてもいいからいつかは人に指導できるといいなと思っている程度なのか、それとも1日も早く資格を取ってスタジオに立ちたいのかによっても、スクールの選び方を考えなくてはなりません。

スクールによっては、フレックス制と言って、自分でどのクラスを受講するのか自由に決めることができ、受講する期間にも特に制限がないところがあります。

けれどもフレックス制、つまり自由参加型受講は、一見受講し易くて良いように思いますが、ヨガを順を追って体系的に学べないというところが欠点です。

やはり、カリキュラムの順番が決まっている方が良いのです。その日程にしたがって学ばないと、ヨガの全体は理解できないからです。

指導する立場になったときにも困ることになります。

決められた期間必ず受講しなければならなかったり、カリキュラムの順番で受講することを決められたりしても、結局その方がしっかりした知識と技能を習得することができるのです。

ヨガインストラクターの資格を取得するにはどのような方法がある?

ヨガインストラクター 資格

ヨガインストラクターになるためには、いくつかの方法があります。自分で独学で学ぶ、養成学校へ通う、通信教育で学ぶなど様々な方法があるようです。

ヨガスタジオで実施している養成講座の受講

スクールのインストラクター養成講座を受講するのが一番手っ取り早い方法です。

数限りないほど多くのスタジオやスクールがありますが、まずはインストラクターの養成講座を行っているところを探しましょう。

ヨガ関連の団体が主宰しているところであればたいていインストラクター養成コースが準備されています。

逆に、町中のヨガ教室には少ないですので、指導者としての認定証などがもらえるかどうかも調べましょう。

ヨガインストラクター専門養成学校に通う

ヨガインストラクターを目指せる専門学校があります。

YMCメディカルトレーナーズスクール、東京リゾート&スポーツ専門学校、横浜YMCAスポーツ専門学校、大原スポーツ公務員専門学校、東京スポーツ・レクリエーション専門学校など、スポーツインストラクター系の専門学校にはヨガ専攻の科もあるところが多いです。

みんな指導者を目指しているので向上心が高く、どの学校もカリキュラムの内容はとても充実しています。

趣味で通うのとは異なり、仲間もできて挫折することも少なくなりますし、集中して学ぶには良い環境と言えます。

ただし、ヨガだけの指導者になりたいのであれば、専門学校ではあまりにも多岐にわたる学業を積まなければならず、負担も期間もかかり過ぎますから、どこまでスポーツの専門家になりたいのかも良く考えましょう。

通信講座で学ぶ

通信講座では、テキストやDVD教材などが送られてきて、それを自分で活用しながら勉強します。

通信のメリットは、自分のライフスタイルに合わせていつでもどこでも勉強することができることです。

養成講座は全部で50時間以上のボリュームがありますから、もし仕事をしながらだと通うのはなかなかたいへんです。

けれどもヨガは座学よりも実践が大切ですから、通信講座だけではインストラクターとして足りないかも知れません。 見学や、実習には自分から積極的に参加しましょう。

また、たったひとりで学習していると、挫折したりレッスンもいい加減にやってしまう可能性もあります。本当に通信講座が、自分に向いているのか考える必要はあります。

ヨガインストラクターになるうえで取得しているほうが良い資格

ヨガインストラクター 資格

民間資格ではあっても、インストラクターと名乗るためには取得しておきたい資格がいくつかあります。

ヨガ関連の各団体が設定したプログラムや、資格がどんな内容か見て行きましょう。

NPO法人 日本YOGA連盟

NPO法人日本YOGA連盟には、ヨガインストラクターを目指す人に向けた7日間の養成講座があります。

ヨガ理論、ポーズの基礎から応用までを指導できるようにする技能を習得する内容で、教室でのレッスンの進め方はもちろんのこと、高齢化社会に対応できるヨガまで幅広く学ぶことができます。

この講座を修了すると、講座を修了したことを証明する修了証を発行してくれます。連盟認定のインストラクター試験を受験し、合格すればインストラクターとして認定されます。

認定後は、講師派遣、地域貢献活動、被災地復興支援活動などの活動をすることができます。

一般社団法人全日本ヨガ協会(AJYA)

一般社団法人全日本ヨガ協会では、それぞれがヨガを学ぶ目的に応じたライセンスを取得することができます。

ヨガに必要な知識と、技術の普及や向上を目的にAJYAライセンス認定試験を実施しています。

試験では、ヨガに関する深い知識と、状況によってすぐに対応できる応用力が審査されます。

またAJYAライセンスは、協会が承認している認定校や認定教室の主宰者になることもできる資格になりますから、開業・独立もできるということです。

ライセンスには、1級シニア(認定スクールの独立開業プログラム)、2級アドバンス(認定教室の独立開業プログラム)、3級マスター(認定スクールや教室で、インストラクターとして指導できる)の3種類があります。

社団法人日本ヨガインストラクター協会

社団法人日本ヨガインストラクター協会では、初心者でもヨガの知識と技能の両面からヨガを習得できるようにカリキュラムが作られています。

ヨガについての知識、呼吸法や瞑想についても学び、実技ではアーサナ(ヨガのポーズ)の名称や基本的な原理も初歩から教わります。

基礎学科5講座では解剖学、運動生理学、ヨガの歴史と思想、瞑想法、呼吸法を学びます。

基礎実技3講義ではヨガとは、ヨガの効果、インストラクターに必要なこと、テクニック、視線、声の使い方、ヨガプロップ(ベルトやストラップ、ブロックなどのヨガのポーズを補助する道具)の使用法、基本のアーサナを学びます。

他にもキッズヨガ4講義、シニアヨガ4講義、ピラティス4講義も用意されています。

ピラティスは、エクササイズ的要素を持ち、ヨガと同じくらい人気があります。ケガや姿勢によってゆがんだ骨格と筋肉を、正しい状態に戻すためのポーズを行います。

ヨガの上級ポーズの講義も8講義あります。

柔軟性や筋肉の力を必要とするハタヨガ(インドのヨガの一流派)の上級者向けのポーズを習得し、リラクゼーション、骨盤調整、シェイプアップなどのレッスンも担当できるようになります。

ヨガインストラクターになるうえで必要になる費用

ヨガインストラクター 資格

ヨガのインストラクターの資格を取得するためには、もちろん費用がかかります。

通信講座なら、4万円~10万円の価格帯が多いです。内容をよく見ておかないと、通信講座で勉強はしたけれどなんの認定ももらえないということがあるため、しっかり調べなくてはいけません。

ある専門学校の場合は、入学金が52,000円、インストラクターのランク3段階で、一番下のランク取得のための受講料は75,000円、その次は198,000円、最高ランクは395,000円になりますが、同時に全部のランクを申し込むと10万円割引きされます。

さらに10〜20万円追加して、シニア向けやキッズ向けの特別なプログラムを受講することも可能です。

そして支払いは、分割やボーナス一括払いなど、自分の予算とタイミングに合わせて決めることができますから、費用の額であきらめたりせず、主催者側へ相談してみましょう。

成功するには資格を取得した後に技量を身に付けることが必要になります

ヨガインストラクターとして成功したいのであれば、資格を取った後も、さまざまな研修に行ったり、先輩の指導を見学したり、経験を積んだりと努力し続けなければなりません。

ヨガインストラクターに求められるスキルには、ヨガを行う前のウォーミングアップのやり方、バリエーション豊かなポーズを正しくする方法、呼吸法、教える際に必要なコミュニケーション能力などがあります。

これらは資格を取ればすぐに身につくものでは無く、経験を重ねていって身についていくものですから、インストラクターになったからと傲慢になるようなことだけは避けなければなりません。

また、自分で生徒を募集してヨガ教室を運営したいのなら、経営者としての知識や能力も必要になります。

ヨガインストラクターとして働き始めてからこそ、技量を上げる努力をし続けることが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

ヨガインストラクターの資格を取得するにはどうすれば? 取得費用やおすすめの資格についてお伝えします

この記事をシェアする