足利デザインビューティ_海老原恵利人

私の恩師は、気づきをくれた足利デザイン・ビューティ専門学校の生徒達です。

この世に手業を生業にしているサービス業はどれぐらいあるのでしょうか?手一つで人を喜ばせたり、疲れを取ったり、美しくしたり、癒やしたり・・・。これってすごいことですよね。

このコラムは、手業を生業にしている美容からヘルスケアの業界の方々にフォーカスをしたプロフェッショナルインタビューです。その人の手が語る物語をお楽しみいただければ幸いです。

モアリジョブ編集部

私の手にしか、できないシゴト。 海老原恵利人さん

――美容師を目指したきっかけは?

海老原 バブル崩壊後の就職難から美容師を目指しました。

――バブル崩壊がきっかけだったんですか?

海老原 はい、そうなんです。実は、高校卒業後に情報系の短期大学に進学して、将来は美容師とは別の技術者になろうと思っていました。その当時は、今で言うIT系の企業が人材を沢山募集していて、引く手数多でとても魅力的だったんですね。ですが、短大進学後にバブルが弾けて真逆の状態になり、就職難の中、母が美容室を経営している関係で、美容専門学校に行くことになりました。

――IT系から全然違う美容師になることへの躊躇はなかったんですか?

海老原 無かったですね。別に器用な方じゃなかったんですけど、母親の背中を見てきて尊敬していた部分と、母親が美容師をやれているんだからっていう甘い考えもあり、美容業界でもやっていけるだろうと思っていました。

――美容師を目指して美容専門学校に入ってくる子との温度差を感じませんでしたか?

海老原 別に感じなかったですね。抵抗もありませんでした。

――美容専門学校に入学されてからは美容師で頑張ろう!という気持ちの変化はありましたか?

海老原 ありませんでした。インターンで美容室に入るまでの1年間、淡々と通っていましたね。美容が楽しい訳でもなく、魅力を感じて探求していこうって感じもありませんでした。私の学生時代は、今の若い学生と近い状態でしたね。ですから、今の若い子の気持ちがよく分かります。あの時は、目標も夢もなかったですね。

――目標も夢もなかった海老原さんですが、美容師になったころの気持ちは?

海老原 正直、離職を何回も考えました。妹も同時期に新入社員として自動車の会社に入社したんですけど、自分と比べて休みが多い、ボーナスはあるで、いいなうらやましいと毎日思っていました。

――美容師になられてからの失敗談を教えてください?

海老原 東京のサロンでの事なんですけど・・・。目標も夢もなかったので、先輩方が親身に技術や接客を教えくださったんですけど、素直に受け入れられなくて。毎日失敗ばかりしていましたね。見るに見かねた先輩が、真剣に叱ってくれて、練習後の夜中の2時、3時まで一生懸命諭してくれました。目が覚め、それで自分は何も持っていないんだなって、気付かせてもらいました。大嫌いな先輩だったんですけど、今は感謝しています。この時の先輩の真剣な対応が、今の教育者としての道へと繋がっていると思います。

足利デザインビューティ_海老原恵利人

――海老原さんにとっての成功談は?

海老原 先輩から気づきをいただいた後もまだ子供で、考え方が至らない部分があったんですけど、地元に戻ってきた時に、何か目標を持とうと思いました。その目標が、自分が就職した地元の美容室で過去に作った売上を超える売上を作ることで、それをオーナーとスタッフに決意表明したんですね。それで、その目標を達成して・・・。感動しましたね。自分一人でも目標を持ち、それを共有すれば達成出来るんだって。あとチームワークの大切さもその時に教わりました。スタッフに協力してもらう事で、過去に出せなかった数字を出すことが出来るんだって。スタッフの前で泣きましたね。そこからは、ナンバーワンを目指そうとスイッチが入りました。

――忘れられないお客様はいらっしゃいますか?

海老原 お任せでスタイルを任してくれた、高校生のお客様ですね。自分の感性で可愛く仕上げることが出来たんです。そうしたら、彼氏が出来なかった女子高生に彼氏が出来て・・・。それから口コミで、「あの人にお任せで切ってもらうと彼氏ができる」って噂が広まって、お客様が沢山来てくれるようになりました。そのブームも2年ぐらい続きました。あともう一人は、外国人のお客様ですね。

――外国人のお客様ですか?

海老原 群馬の土地柄か、ブラジルやペルーからの移住の方が多く住んでいて、その頃のサロンは、外国からのお客様に対応できるところが少なかったんですね。そのお客様は、お店に行っても会話もないし、挨拶すらしてくれない、嫌がられるからここに来ましたと言って、サロンに来店されたんですね。別に語学は堪能じゃないんですけど、スペイン語とポルトガル語を挨拶ぐらい出来るようにそれと、色の単語も覚えて、お客様対応をしていました。せっかく日本に働きに来ているのに、対応が悪いのはだめだと思って、何とか力になってあげようと思っていました。そうこうしているうちに、私たちの接客に満足したその外国人の方が、ご家族も連れてきてくれて・・・。またその知り合いも来店してくださったりで結果、飛躍的に売上が伸びました。その時に、言葉が通じなくても、心と心が通じ合えばお客様は自然と付いてきてくれるんだと新しいお客様に繋がるんだと体感しました。

――最初のころは毎日辞めたいと思っていたとのことですが、辞めたかった本当の理由は?

海老原 素直じゃなかったので練習も上手くいかなくて・・・。覚える気もないし、興味もないし、お客様に対しての思いも自分に対しての想いも、あの時はなかったですね。毎日、ルーティンで事務的に仕事をしていて、お給料をもらっている感覚もなかったですし、教えてもらっているという感覚もなかったです。だから、同期と差が付いて先輩達もそっぽ向き始めて、何もかも上手くいかない、行く業界を間違えたと思いましたね。

足利デザインビューティ_海老原恵利人

――でも辞めなかった。

海老原 自分自身に負けたくなかったからですね。自分の好き勝手で逃げを選択するっていうのがポリシーに反することだったんだと思うんです。何度も辞めようと思って・・・。毎朝もう行きたくないなって思うんですけど、辞めるなら明日でも辞められると思って、東京にいた3年間はそれで続きましたね。自分の中に、そこだけは曲げたらまずいぞってボーダーラインがあったんだと思います。また、美容業界の方々に、人生のターニングポイントや色々な気づきをいただいたこと、その恩返しをしたい思いがあるからですかね。

――海老原さんのモチベーションは?

海老原 自分のミッションを達成すること、それに向かって邁進していくことでしょうか。ミッション自体が、業界でお世話になった方々への恩返しだと思っているんですね。具体的に言うと、後世にお世話になった方々のイズムを教育を通して繋いでいくということ。それがモチベーションになっています。

――海老原さんにとっての恩師は?

海老原 一番最初に受け持った学生ですかね・・・。学生達が私に気づきを沢山くれました。そもそも教員になろうと思ったのも、離職を防ぐためなんですよ。自分がターニングポイントを沢山いただいているこの業界から去って行く子達を見て、スタイリストになればいいのに、もう少し我慢すればもっとすばらしい人たちに出会えるのにってずっと心の中で思っていたんですね。そこで、その離職にストップかけるためにどうすればいいかと考え、専門学校の教員になりました。「日本一の学校を作りたい」という思いでこの学校に入社しました。最初の学生を、ベテラン教員と2人で受け持ちました。1年目の私は、学生に教えられることばかりで、何も出来ませんでした。なので、最初に受け持った学生が卒業する際に何も与えられなかった自分には、生徒からは何もないかなって、自分がお礼する側だろうなって思っていたんですね。でも、卒業生が心からのお礼をしてくれて・・・。花束とみんなで頑張って作ってくれた動画をおさめたビデオテープまでプレゼントしてくれました。それで本当に心が動かされて、この学生達が戻ってきたときに誇れる学校にしなきゃ行けない、彼女・彼らの後輩達を育てて、学校として名前を上げていかなければいけないと思い、心に誓いました。その時の卒業生には、未だに頭が上がりませんね。私の恩師です。

――海老原さんの将来目標は?

海老原 近い将来、人と人との繋がりが大事な時代になっていくと思うので、コネクターというか、人と人とを繋げる役割を教員をやりながら、そのポジションを確立していきたいと思っています。例えば、学生と誰かを繋いでステップアップをするきっかけを作ったりとか・・・。それで業界に貢献や恩返しができればと思っています。自分のミッションが、美容業界に恩返しをするということですので、この業界にいることでお役に立てることがあればコネクターとして色々とチャレンジしていきたいと考えています。

――最後に、業界や美容師を目指している方に一言。

海老原 近年、中国ファンドや新たな企業が業界に入り込んできて、元々の基盤を築いてきた業界の礎みたいなのものが、良くも悪くも壊されようとしていると思うんですね。美容の大変革期というか・・・。その中でも志のある日本のオーナーは、日々努力をして、新たな動きを生み出していらっしゃいます。我々も教育という部分で、微力ながら学生を育てたり、美容の希望者を増やしていくことに尽力していきたいと思っています。そして、業界全体でもっともっと素晴らしい部分を打ち出して、自信を持って「うちの業界に来いよ」って言える環境作りが出来ればと考えています。志の高い企業・教育関係者間で、この素晴らしい美容という職業に人が流れてくるフローが作れればと考えているので、一緒にやってくれる企業・教育関係者の方々が沢山出てきてくれれば嬉しいです。一緒に業界を盛り上げましょう。

足利デザインビューティ海老原恵利人_座右の銘

School Data

足利ロゴ

学校法人白百合学園 足利デザイン・ビューティ専門学校

住所:栃木県足利市田中町914
TEL:0284-72-2981
http://www.acd.ac.jp

この記事が気に入ったら
いいね!してね

足利デザインビューティ_海老原恵利人

この記事をシェアする