美容部員の志望動機はどう伝える? 一緒にアピールしたいポイントは?使える例文を紹介

制服を着て華やかな場所で働く美容部員は、魅力的に感じる人が多いのではないでしょうか?女性であれば、誰しも一度は憧れる職業とも言えます。

ですから、新卒で応募する人ももちろんいるでしょうが、美容部員をセカンドキャリアに選択する人も多いはずです。

しかしながら、美容部員の志望動機って何を書いたら良いと思いますか?また何を伝えるのが正解なのでしょうか?

ここからは、美容部員の志望動機の書き方を、アピールすべきポイントと例文を交えてご紹介していきたいと思います。

美容部員の志望動機で伝えたい3つのこと

どんな職種に応募するうえでも、志望動機は非常に重要となりますよね。とはいえ、何を書いたら良いか分らないという方も多いのではないでしょうか。

では、美容部員の志望動機で採用担当者に伝えるべき3つのことをお話ししたいと思います。

1. 美容部員になりたいと思ったきっかけ

まず、なぜ美容部員になりたいのか、どうして志すようになったのかという理由をしっかり伝えましょう。

また、それらを端的に伝わる内容に仕上げる必要があり、単に「コスメが好きだから」という理由は通用しません。

他者との差別化を図るためには、もっと深く、かつオリジナリティがあり、働く意欲が真に伝わるものであることが大切です。

ゆえに、具体的なエピソードや経験などがあれば織り交ぜて作成するように心がけましょう。

2. そのブランド・メーカーで働きたいと思った理由

次に、なぜそのブランドなのか、このメーカーを希望するのかを盛り込む必要があります。

化粧品ブランドは国内企業から外資系企業までとてもたくさんありますから、ただ単に美容部員になりたいから、では志望動機としてはとても弱いです。

よって、たくさんあるブランドの中でなぜ求人先で働きたいのか、どうして求人先でなければならないのか、を明確に伝えられなければなりません。

そのためには、ブランドの特徴や違いなどを日頃から研究しておくことが大切です。

3. 目指す美容部員の姿・入社したらやりたいこと

そして3つ目に、あなたが目指す美容部員の姿、さらには入社したらやりたいことを盛り込みましょう。

1つ目と2つ目に関しては皆さん忘れずに書いてくれるようですが、意外と抜けがちなのがこの3つ目のポイントです。これがあるのとないのとでは、志望動機の完成度が大きく変わります。

これらを盛り込むためには予め入社後に自身がどう在りたいか、またどう貢献していくことができるのか、もしくはどのように活躍していきたいのか、をイメージしておくことが必須となります。

一緒にアピールしたい2つのポイント

さて、志望動機に上記3点を織り交ぜつつ、他にアピールできるポイントがあればより他者との差別化ができ、もっと採用担当者の目を惹く志望動機に仕上げることができますよね。

では、ほかにどのような点をアピールしたらより出来栄えの良い志望動機を作ることができるでしょうか?

ここからは、面接の際にアピールしていただきたい2つのポイントをお教えしたいと思います。

1. 接客経験者は実務能力をアピール

美容部員の仕事は、お客様に化粧品を販売することです。ゆえに、アルバイトや前職で接客サービス業に就いていた人は、その実務経験と能力をアピールするようにしましょう。

対お客様の仕事であることには、販売職である美容部員も全く変わりがありませんので、接客スキルを盛り込むようにします。

またその際に、業務上で語学を用いた接客をしていた人は、その点も詳しく盛り込んでいけると更に良いでしょう。

2. コミュニケーション能力の高さ

次に、コミュニケーション力の高さをアピールしましょう。

なぜならば、化粧品を購入してもらうためには、まずお客様の肌やメイクの悩みなどを伺って、カウンセリングを行う必要があるからです。

他にもタッチアップといってお客様の顔に直接ふれながらメイクを施すことさえあります。

この一連のステップを経て、ようやく化粧品を買っていただけるわけですから、お客様と信頼関係を築いていけるコミュニケーションスキルはとても重要です。

志望動機を伝える際に注意したい2つのこと

ここでは、実際に志望動機を伝える際に注意してほしいことを2つ取り上げたいと思います。

1. 「コスメが好き」「ブランドが好き」は大前提

美容部員を志す人はメイクや美容、化粧品が好きで、美意識が高い人が多いです。

そのため、そういった人達よりも自分が一つ飛び抜けるためには、好きということは前提のもと、より伝わる志望動機を作成しなければなりません。

また面接の際に、「求人先の化粧品が好きだから」「ブランドが好きだから」という志望動機はNGです。

その志望動機で面接を受けたとしても、「ありがとうございます」という挨拶だけで終わってしまうことでしょう。

そのため、好きという気持ちの他にも具体的な理由を一緒に伝えて下さい。

「実際に、化粧品に触れてみてすごく使いやすいなと感じたのと、周りの知人でも使っている人がたくさんいて評判がすごく良かったので求人先の化粧品に好印象を持ちました」

というような具体的な感想を伝えることができれば、面接官にとても良い印象を与えることができます。

2. 接客・販売の熱意も伝える

また作成したものが接客や販売に対する熱意が伝わるものであるか、今一度確認してみてください。

ただ、ラブレターのように好きという気持ちばかりが先行した内容にはなっていませんか?

再三申し上げるようですが、美容部員は化粧品を売ることが仕事です。ブランドの顔として、どうお客様に商品をお勧めし、どう購入に結びつけていきたいか、など具体的な入社後のビジョンがあれば織り交ぜるようにします。

さらに、売り上げに積極的に貢献していこうとする意欲や姿勢、また美容部員という仕事に対する熱意が伝わるものに仕上げていくと、より高印象を与えることができます。

履歴書の志望動機はどう書く? 例文を3つ紹介

次に、今までのポイントを参考に実際に志望動機を作っていきたいと思いますが、なかなか上手に書き進められないという方も少なくないでしょう。

そこで、いくつかパターンを想定して例文を用意しましたので、まずは自分に近いものを探してみましょう。

未経験者、過去にエピソードあり

私が貴社を志望する理由は、大学時代の経験がきっかけです。

当時、私は就職活動真っ只中でしたが、メイクをそれまで全くしたことがなく仕方が分からずに困っていました。

貴店で相談したところ、販売員の方が一から美容部員のことを教えてくださったのを今でも鮮明に覚えています。

アドバイスを参考に練習しつづけ、次第にメイクに自信がついていきました。以来、一層メイクへの関心が高くなり、美容誌などから知識を得るようにしています。

こうした経験から、今度は私がメイクに悩む人の一助になりたいと思い、応募致しました。

未経験者、日頃から製品を愛用している

私は、貴ブランドの乳液を愛用し、貴社の乳液先行の考えやその効果を身をもって実感しています。

貴社のことを調べていく中で、この乳液をはじめ他の製品は、高級化粧品として国内だけでなく海外のお客様からも愛されているということを知りました。

私は英語を話すことが得意なので、訪日観光でいらっしゃっているお客様がたにも貴社の化粧品の素晴らしさを広めることができます。

未経験者向けの例文のポイントは、化粧品ブランドとのエピソードを交えたり、日頃から愛用しているために商品知識があることをアピールしたりしているところです。

単純に、商品が好きであるという理由の他に、熱意が伝わる内容にしましょう。

経験者

私は、美容部員として4年間勤務しました。現在、顧客様を〇名ほど担当させていただいており、店舗トップの売上を〇月連続で出し、店舗売上に大きく貢献してまいりました。

一方で、前職のブランドで勤務していた際、貴ブランドの「お客様のために売ろうとしない努力も必要」という考え方に興味を持つようになりました。

今まではただ売上を伸ばすことばかりに一生懸命になってきましたが、貴社に入社しましたら、この考え方に基づいた顧客に寄り添った接客をしたいと思い、この度志望致しました。

経験者の例文でポイントとなるのは、具体的な数字などを用いて実績や経験をアピールしているという点です。

また、前職を辞めてなぜ求人先を志望するのか、という問に対する明解な理由を織り交ぜると、より説得力が増してきます。

美容部員の志望動機はブランドへの愛情と仕事への熱意を伝えよう!

美容部員の志望動機は、ブランドへの愛情と、仕事に対する熱意を伝えるようにします。

応募者全員が「コスメや美容が好き」ということを前提として、他者と差別化を図るために、上のテクニックを活かして作成することが大切でした。

また、入社後の美容部員としての在りたい姿や、どのように応募先に貢献していけるのか、など具体的なビジョンを語ることができるというのも、志望動機を作成するうえではとても大切です。

とにもかくにも、より採用担当者の目に留まる志望動機を作り上げるには、企業研究が必要不可欠と言えます。

念入りに店舗に足を運ぶなどしてブランドの特長や、企業理念、求める人物像などを分析するようにしましょう。

また、「なぜ」という問をたくさん自身にぶつけ、個性あふれる回答を引出しとして持っておくと、面接官が納得する志望動機が作れます。

ユニークな志望動機を作って、憧れの美容部員として次のキャリアをスタートしてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事