美容業界の応援メディア
コラム・特集 2018-11-02

鍼灸師の年収・給料はどれくらい?鍼灸師が収入UPを目指す3つの方法

鍼やお灸を用いて患者の不調を改善に導く鍼灸師は、どれくらいの給料が貰えるのでしょうか?医師ではないものの、立派な医療人である彼らは、看護師などと同様に高収入なのか否か気になるところです。

ここから、鍼灸師の給料と年収について解説するとともに、鍼灸師の方に向けて、今の年収からさらに収入をアップさせる方法についてもご紹介していこうと思います。

鍼灸師の年収・給料はどれくらい?

157-2
国家資格である鍼灸師の給料事情について、詳しく解説していきましょう。

【はじめに】今回使用するデータについて

始めに、今回用いるデータは公益社団法人東洋療法学校協会が発行した第5回「あん摩マッサージ指圧師・はり師及びきゅう師免許取得者の進路状況アンケート調査報告書」に基づきます。

なお、以下で解説する内容には、あん摩マッサージ指圧師も含まれますので予めご承知おきください。また、出典元の東洋療法学校協会はこちらです。(https://www.toyoryoho.or.jp/

はり師の年収・給料

はり師の月収は、多い人で20万円~25万円ですが少ない人は10万円未満~15万円程度です。平均すると、年収は100万円~350万円程度というところでしょうか。

とはいえ、経験をたくさん積み、技術を身に付けていけば、月収30万円以上、年収350万円~500万円も夢ではありません。

きゅう師の年収・給料

きゅう師も同様で、最も高い人で月収20~25万円程度という人がほとんどです。次いで10万円未満の方、15万円未満の方がほぼ同率で続きます。こちらの平均年収は100万円~350万円程度でしょう。

またはり師と同様に、経験と技術次第で高収入が期待できますが、勤務する場所や働き方によっても大きく差が出ます。

勤務と開業で年収はどれくらい違う?

鍼灸師は開業して働くだけでなく、病院や介護施設、スポーツクラブやスパ等のリラクゼーション施設で勤務するなど、働き方がいくつかあります。とはいえ、全体の進路を見てみると開業のほかは、免許や課程に合う施術所で勤務する人が大多数です。

また、決まった場所に勤務するのではなく出張施術を行うひとも多く、病院や医院に勤める人は全体の1割程度にすぎません。

このように働く場所や働き方が様々ある鍼灸師ですが、勤務と開業では、年収や給料にどれくらいの差が生まれるのか、見ていきたいと思います。

勤務の場合

病院や施術所、スポーツクラブなどいずれかの場所に勤務している場合は、平均月額が19.8万円です。またデータによると、新米を過ぎた、20代後半~30代後半に差し掛かるまでは給料水準は比較的高く、年齢が増すにつれまた水準が下がっていく傾向にあるようでした。

したがって、新米よりはベテランであるほうが稼げるとは言えますが、必ずしも年齢がいっていれば高給になる、というものではありません。経験を積み、患者から信頼を得られるようなスキルを身に付けることで昇給も目指すことは十分可能です。

開業の場合

施術所等を開設、開業している場合は、平均月額が20.3万円で、勤務している場合と比べるとやや給料は高くなります。しかしながら、独立開業するには当然リスクもありますから、開業したからと言って必ずしも高収入になるとは言えません。

また、どのような施術所を開設するか、実力が認められ多くの患者がついてくれるかによっても、開業の場合は収入が前後します。

例えば、どれかに特化した施術所を開設するよりも、あん摩マッサージ、鍼、お灸、柔道整復全ての施術に対応した施術所を開設している人ほど月収は高くなり、この場合月平均額37.1万円です。

鍼灸師が収入UPを目指す3つの方法

157-3
さて、鍼灸師の給料や年収について考えてきましたが、率直にどんな印象をもたれましたか?意外にも、医療に関する職業であるにもかかわらず、給料はさほど高くないと感じた方が多いことと推測します。

折角、国家資格まで取得して鍼灸師になるのですから、できればもう少し給料が貰えたら良いですよね。ここからは、上で解説した鍼灸師の収入を更にアップさせるための方法を3つ取り上げて、皆さんにご紹介したいと思います。

1. 他の資格を追加で取得する

鍼灸師の収入をアップには、まずはり師・きゅう師の2つの国家資格の他に、業務で活かせる資格を追加で取得するという方法があります。尚、業務上活かせる資格として、「あん摩マッサージ指圧師」、「柔道整復師」がお勧めです。

あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師とは、厚生労働省から接骨医、整骨医と定義される医療の仕事です。はり師・きゅう師と同様に国家資格であり、揉んだり、指圧を用いて、患者の不調の改善をはかる職業です。

柔道整復師

柔道整復師とは、いわゆるほねつぎ、接骨医として親しまれており、骨折や脱臼、捻挫などの外傷を治療する医療職です。柔道整復師も、国家試験に合格して免許を取得しなければなりません。

また、整体師、カイロプラクターという民間資格を取得する選択肢もあります。よくある整体院で働くことができる資格のことで、スクールに通うだけで比較的簡単に取得ができます。鍼灸の資格とあわせて持っておくのも良いでしょう。

しかしながら、整体とカイロプラクティックは鍼灸やあん摩マッサージ、柔道整復師が施すマッサージとは異なり、医療行為ではないので注意しなければなりません。

2. 違う勤務形態を目指す

アンケートによると、勤務する鍼灸師は開業している人に比べて給料が低い傾向です。そのため、収入をアップさせるためには、働き方を見直す必要があります。

稼げる鍼灸師になるためには、いっそ、独立して接骨院などを開業しても良いでしょうし、開業までは自信が持てないという方は安定のチェーン店勤務で店長職の求人を探してみるという方法もあります。

独立開業

先ほど施術所等を開設、開業している場合は、平均月額が20.3万円で、勤務している場合に比べ、やや月収は増え、また、あん摩マッサージ、鍼、お灸、柔道整復全ての施術に対応した施術所を開設している人ほど月収が高くなる傾向があることも分かりました。

したがって、開業して収入アップを狙う場合は、どのような施術所を開設するかが鍵となります。鍼やお灸、マッサージいずれかに特化したものではなく、包括的で総合的な施術を提供できる施術所を開設すると、より収入アップが期待できるでしょう。

また、ただ単に鍼灸師として技術が高ければよいということではなく、独立開業するためには経営に関する正しい知識を持っていなければなりませんし、最低限の開業資金が必要となります。収入アップは目指せますが、リスクがあることをしっかり認識しておきましょう。

チェーン店店長

リスクを抑えて収入アップを目指したい人にはチェーン店の院長、店長職をお勧めします。一般のスタッフとして勤務する場合に比べれば、収入は2倍以上になるところが多く開業よりも安定しています。最大で、月収50万円も十分目指すことが可能です。

また、チェーン店であることから既に患者がついていることが多く、その安定した収入基盤と、大手ならではの福利厚生が開業よりも魅力的です。

しかしながら、店舗の店長には最初からなることは難しく、やはり治療院などでしっかりと知識経験を積む必要があります。またそれだけではなく、店舗と他のスタッフを育成していくマネジメント能力が必要になるので覚えておきたいものです。

3. 需要に合った技術を身につける

また、時代の需要に合った技術を身に付けるという方法もお勧めです。現在は、高齢者向けの施術や、スポーツ向けの鍼灸、美容鍼などが大変需要があり、専門学校や大学では早速授業に導入されているところも少なくありません。

既卒者や免許を取得してから時間が空いてしまっている人ほどこういった需要に適した技術が乏しい場合があります。収入アップを目指すのであれば、時代に合わせて学びなおしも大切ではないでしょうか?本日は、シニア向けの施術と美容鍼を取り上げます。

介護は将来性あり

少子高齢化が進む日本では、今後ますます高齢者が増えるため高齢者向けの鍼灸による施術やマッサージはとても将来性があります。そこで、今から高齢者向けの施術をマスターしておくと病院だけでなく、介護施設などでも需要が見込まれるでしょう。

美容鍼で女性客を集客

近年、女性から美容鍼灸が注目を集めています。メディアやモデルも注目する美容鍼とは、鍼を顔のツボに刺して、ハリや艶のある美しい肌に導く施術のことを指します。効果もすぐ出て、長持ちすることから今後も人気が続いていくと予想でき、お勧めです。

ほかにも、スポーツ向けの鍼灸やマッサージは2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に伴い、今後より需要が高まってとされています。中でも選手村で選手たちを施術を通して支えることは、特にやりがいがあると言えるのではないでしょうか?

技術に差をつけて更なる収入UPを目指そう!

鍼灸師は、経験と技術が伴えば収入アップを目指すことができる、やりがいのある仕事です。

現在、美容鍼灸をはじめ、シニア世代向けの鍼灸やマッサージ、スポーツ鍼灸など鍼灸師の需要が高まってきていますから、時代の需要に適したスキルを身に付けることにより、自身の鍼灸師としての価値を高めてみてはいかがでしょうか。

ほかにも、業務上活かせる資格を追加で取得したり、チェーン店の店長を目指したり、コツさえ掴んでしまえば、安定した高収入も夢ではありません。免許を取得したあとは、他者よりもより高い技術を習得して収入アップを目指していきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事