一期一会の美容師の仕事はライブ(生)という言葉に、素敵な仕事だと改めて感じました。

今回は六本木にある『Noz六本木店』にお邪魔しました。

ここが聞きたい!『美容師としてのホンネに迫る!』

堀川さん

――美容師になってよかったことは?
最新のトレンドやファッションに詳しくなれたことですね。
元々、新しいものが好きなので楽しいですね。

――美容師になっていなかったら何になっていたと思いますか?
普通にサラリーマンをしていたかもしれませんね。
というのも、美容師になったきっかけは、田舎から東京にでるための口実だったんです。
だから、長く続くとは思っていなかったんですよ。
美容師になって、最初の夏休みには「辞める!」って言っていましたし(笑)

――美容師を続けている中でのやりがいや刺激を教えてください。
『お客様と自分とで共有できる時間』って、ある意味ミュージシャンと一緒なんです。
全てが一期一会で、目の前で起こっている「ライブ」、つまり「生」なんですよね。
音楽ライブと一緒で、わざわざ時間作って遠くから来てくれる人もたくさんいるので、喜んで頂けて、更に感謝を伝えられる。
そんなスタイルを創らなきゃいけない。
そんな勝負感が日々刺激的です。

ここが聞きたい!『やっぱり今1番知りたい! 練習について。』

佐藤さん

――学生時代、どれくらい練習されてましたか?
練習時間は一日30分ぐらいです。
効率派なので、ダラダラやるより30分間集中して黙々とやるタイプでした。
もちろん練習中は一言も喋らない。
終わったら「じゃ、お疲れ!」って先に帰る(笑)

――すごい集中力ですね!
B型なので飽きやすくて(笑)長くやっていれば、良い結果が出るとは限らないし。
昔からそうですけど、極力遠回りしたくないんです。
だから、いつも「どうやったら人生近道していけるか」を考えてますね。

――僕も集中力が長続きしないのですが、コツはありますか?
難しいですよね。
でも大丈夫!! 逆転の発想で、集中力が続かないなら「どうしたら短い時間で効率よく練習できるか」を考えたら良いと思う。
人それぞれキャパシティがあるから、それを超えちゃってもいい結果は出ないし、嫌になってしまうかもしれない。
ギリギリか、ちょっと頑張ってるくらいで練習をやっていくのが技術力アップの秘訣だと思います。

ここが聞きたい!『就職活動についてそうだんさせてください!』

後藤さん

――就職先の選択はどのようにしたらよいですか?
正直に言うと、働いてみないとわからないことも多いと思います。
それはサロンの大小に関わらず。例えば、そこのサロンさんが作っている「作風」を見て選ぶのでも良いし、実際サロンにお客さんとして行ってみて、「スタッフやサロンの雰囲気」を見て選ぶのも良いと思いますよ。

――初めて働くサロン選びには、やはり慎重になりますね。
確かに、最初に選んだお店が、自分に合っていれば良いですね。
でもそれが100%良いとも限らないから、あまり「最初に働くサロンは慎重に選ばなきゃ!」って固執しすぎる必要はないと思う。
昔から憧れていた所があれば、何があろうとそこ一本に絞るのも良いでしょうし、実際働いて「違うな」と思ったらしょうがない。

――やはり、働いてみないとわからないのですね!
そうですね。
ただ、どちらかというと「お店が嫌だから辞める」というよりは、「環境を変えるために辞める」方がいいですね。
仕事を続けていくと、「自分が求めるもの」が変わってきたりもするんですよ。
ポジティブな意味で。
そうしたら、環境を変えるのも悪くないと思います。

レポートを終えてみて…

後藤さん、佐藤さん

後藤祐介さん

効率的な練習など様々なアドバイスを受け、今後の学生生活の過ごし方の道が開けた気がします。尊敬する美容師がまた一人増えました。

佐藤美乃里さん

一期一会の美容師の仕事はライブ(生)という言葉に、私が目指している美容師は素敵な仕事なんだという事を改めて感じました。

お話をお伺いしたのは…

堀川さん

Noz 六本木店(店長):堀川智明さん

生年月日:1978年12月16日
出身地:山口県
血液型:B型
都内1店舗で店長、サロンディレクターを歴任し、Nozオープニングメンバーとして参加。国内外でのコレクションにも参加し、活躍の場を広げている。

   

Salon Data

Noz

Noz(ノズ)

「世界に向けたクリエイティビティ&ホスピタリティ」をコンセプトに有名スタイリスト野沢道生氏がプロデュースした、ワンランク上のヘアサロン。 極上の非日常空間で、ヘアサロンの域を超えたおもてなしと卓越した技術で各メディアでも話題。些細な要望にも対応できる、計算し尽された再現性の高いスタイルが人気。

http://noz-hds.com/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事