カネボウ化粧品・TWANYトレーナーさんが伝授。2019年秋冬「パーティメイク」のポイントって?#3

美容部員として活躍したい方たちに「今、知りたい情報」をお届けする連載企画。ここでは、お客さまにいちばん近い距離でブランドの魅力を伝えるBAさんにフォーカス! ブランドが提案する最新メイクアップのハウツーはもちろん、BAを目指した経緯やお仕事のポリシーを教えていただきます。

6回目は、カネボウ化粧品のカウンセリングブランド・TWANYよりインストラクター古田智子さんをお招きしました。今回伺うのは、結婚式、2次会、歓送迎会にピッタリのパーティメイク。

パーティメイクって?

気品と自信があふれている、華やかさをまとったメイク。肌は、艶のある肌がオススメ。また、目元はレフ板効果が期待できる明るいカラーで仕上げて、ふっくら立体感をもたせたリップで「艶」を感じさせる仕上がりに。

さっそく、メイクをスタート!

1.アイホールに色をのせます。

使うのは、トワニー ララブーケ アイカラーフレッシュ PK-03。

チップでアイホール全体に塗布していきます。

2.下まぶたにも色をのせます。

トワニー ララブーケ アイカラーフレッシュ PK-03を使って、下まぶたにラインを引きます。

3.アイホールに、色を重ねて奥行きを出します。

使うのはトワニー ララブーケ アイカラーフレッシュ WN-01。

上まぶたのきわに、目尻から目頭にかけてラインを引いていきます。

4.下まぶたにもラインを引きます。

下まぶたのきわに目尻から1/3くらいまでに入れていきます。

5.ホワイトを重ねて、目元の印象を華やかに。

使うのは、トワニー ララブーケ アイカラーフレッシュ WT-01。

目頭にホワイトパールを足すことで、ツヤ感を出します。

6.Cゾーンにハイライトを足します。

トワニー ララブーケ アイカラーフレッシュ WT-02のカラーを「ハイライト」として活用します。

目尻の下を起点に入れます。

黒目の下のチークの境目あたりまでのせるとレフ板効果でアイカラーの色が映えます。

7.マスカラをつけます。

ビューラーした後に、マスカラをつけていきます。

ポイントは、下まつ毛につけるとき。
マスカラを縦にして付けた後、横向きにして塗ることで、全体に均一に塗ることができます。

8.眉を描いた後、眉マスカラをする

眉を描いた後、眉マスカラをします。
このひとステップだけで、グッとあか抜けた印象に。

9.リップを仕上げる

トワニー ララブーケ ルージュグロッシー RD-3を塗布します。

トワニ ララブーケ グロストリートメントを全体に塗布します。ふっくらと艶やかな潤いを与えてくれるグロスは、立体感を出すため、唇の中央にたっぷりと塗って。

ヘルシーなお呼ばれメイクの完成!

ピンク色のドレスにも映える色使いでまとめました。

パーティメイクのポイントは?

1.目頭にホワイトパールを重ねることで、ツヤ感のある華やかな明るい目元に。

2.WT-02のカラーを「ハイライト」として活用!
目尻の下から、黒目の下のチークの境目あたりにのせるとレフ板効果でアイカラーの色が映えます。

3.マスカラは縦で付けた後、横向きでも塗ることで、目元のボリュームがアップ。

使ったのはコレ!

(左から順に)トワニー ララブーケ アイブロウマスカラ 2,500円(税別)、トワニー ララブーケ マスカラ 3,500円(税別)、トワニー ララブーケ アイカラーフレッシュ 1,200円(税別)PK-03、WN-01、WT-01、WT-02、トワニー ララブーケ ルージュグロッシー 3,500円(税別)RD-3、トワニー ララブーケ グロストリートメント 2,500円(税別)

古田さんにインタビュー。社内研修のこと、技術を上げるための努力のこと……

———— 社内の研修やトレーニングについて教えてください。

「ビューティカウンセラーの研修は、日々カウンセリングや美容の知識・スキルを磨き、実力を高めていきます。また、厚生労働省に認定された『カネボウ化粧品社内検定制度』もあります。その後、店頭接客だけでなく、メンバーのマネジメントや店舗運営を任されるようなチーフビューティカウンセラーに。さらに、ビューティマネージャーやマネジメント層に挑戦する道もあります。

また、ビューティトレーナーとして社内のビューティカウンセラーのスキル向上をサポートする仕事や、社外のパートナー様への指導や育成を通して、カネボウ化粧品のブランド価値を伝えていくインストラクターの仕事などもあり、店頭で経験した美容カウンセリング業務は、様々なキャリアに活かしていくことができます。
また、社会人としてのヒューマンスキルから各種美容スキルの習得まで、集合研修や通信教育を通して学ぶ機会もあるので、自分のレベルを無理なく高めていける環境だと感じますね。

私は自社の研修しか知りませんが、メニューはとても充実していると思います。知識の補完だけではなく、いかにアウトプットできるかも考えられています。研修で受けたことをいかに早いタイミングで自分が動いて活用していけるかということだと思います」

———— メイク技術を上げるために、研修を受けること以外で心がけていることはありますか?

「美容雑誌は、毎月、良く読むようにしています。今、旬な色や質感……など、どんな情報発信されていてお客さまに求められているものは、どんなことなのかを常に心掛けています。ですが、基本がいちばん大事。基本からはハズれないようにメイクをしています」

———— 古田さんにとって、TWANYとはどのようなブランドでしょうか?

「私が入社したころに誕生したブランドなので一緒に育ってきた感じがあります。他のブランドに比べても長年愛用されている方が多く『お客さまと一緒に成長している』ブランドなのかなと感じています」

———— BAさんになりたい人にアドバイスをお願いします!

「化粧品の接客業は、他の業界と違う点があります。それは、『会員様管理』といってお客様のこれまでのアイテムの使用履歴を見ることができる点。
例えば『わたしなんかなにやってもかわらないのよ』と話すお客さまもいますが、それは本心でない場合が多いです。一人ひとりのお客さまに寄り添って考えることがとても大切です。
相手が何を考えているか、疑問に思うことどうしたら心地いいか考えて。人に興味を持つことから始めてみてくださいね」

▽#1はこちら▽
カネボウ化粧品・TWANY インストラクターさんが教える。2019年秋冬トレンドの「柔湿肌」のつくりかたって?#1>>

<クレジット>
協力ブランド/カネボウ化粧品TWANY(www.twany.jp)、TEL(0120-108281)、メイク/古田智子、撮影/平瀬夏彦・平柳智子、モデル/杉枝真結(ORIGINAL)、取材・文・ディレクション/小竹美沙(http://misakotake.com/

教えてくれたのはこの人!

古田智子さん
1997年入社。
2016年 花王グループ カスタマーマーケティング株式会社 プレステージ部門

お気に入りアイテムは……年2回限定発売されるトワニー シーズナルエッセンス。
「乾燥肌で、何をつけても乾きが気になる……という時は、しっとりつるつる肌になるシーズナルエッセンスが味方になってくれるはず。こんなに、頼りがいのある美容液は他にない! と思うほど、長年愛用しています。まろやかな肌あたりで、翌朝のしっとりとしたなめらかな肌も魅力。ぜひ、皆さんに知っていただきたいです!」

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事