美容業界の応援メディア
ライフスタイル 2020-05-16

【子育て応援メソッド】メイク直しのアイクリームで午後もキレイ。ナチュラルサイエンス赤星智子さんVol.2

美容業界で働くワーママ・ワーパパたち。子育てには目に見えない細かいお世話もあり、時間に追われている人も多いと思います。そんな多忙なママ・パパに「コレに助けられて仕事と育児を両立しています」というものをインタビューする企画がスタート! その対象は、人、組織、グループ、制度、モノ、テクニックなど多岐にわたります。

第一回は、赤ちゃんから大人までデリケート肌向けの「ママ&キッズ」が大人気の「ナチュラルサイエンス」。直営店homeファクトリー東京店・店長の赤星智子さんは、22才から5才まで4人のお子さんを持つママでもあります。後編では、会社のサポート体制やママになってからの肌悩みを解決してくれるスキンケアなどについて伺いました。

ママさん社員は土日平等に休めるシフトに

――――赤星さんの具体的な仕事内容を教えてください。

「現在は、home ファクトリー東京店、同じ建物内にあるエステサロン「Little Salon」、2月にオープンしたばかりの伊勢丹新宿店ナチュラルサイエンスコーナーをかけ持ちしています。赤ちゃん連れのママさんがたくさん来店されるので、子ども好きの私は、もううれしくて仕方ないんです。『赤ちゃん抱っこさせて』という感じで、本当に楽しく仕事させていただいています」

――――両店で美容部員をされているのですか。

「home ファクトリー東京店には、工場が併設されていて、工場見学を終わられた方やイベントの際にベビーのスキンケアセミナーや沐浴指導も行っています。弊社では、赤ちゃんのうちからスキンケアでお肌を育てることを『基肌育(キハダイク)』と呼んでいて、お風呂の入れ方や保湿の仕方などをお伝えしています。

私が20代のときに産んだ子たちの時代は、子どもに日焼け止めを塗るとか、泡で洗顔とか、保湿をするとかいう習慣はなくて、病院からはガーゼで洗って、そのまま何もつけないと教わったものですが、今思えば早く知りたかったなと思いますね。

その他にも、肌を守るためのベビー服のコーディネートなどもお伝えしています」

――――ベビー服のコーディネートまで?

「ベビー服は、こういう素材で、こういう着せ方が望ましいですよというご提案をさせていただいています。あせもができないようなベビー服の着せ方とか、さらに、肌を守りながらこんなふうにするとおしゃれに見えますよって。

ショップに併設された託児付きエステサロンでは、施術やご応募されたお客様へ向けてメイクセミナーなどもしています」

――――お仕事の幅が多岐にわたりますね。

「そうですね。私は、子育てもしてきて(まだ子育て中ですが)、母親として共感できる部分もありつつ、美容部員としても長く経験させていただいているので、自分が分かることはなんでもお伝えしたいと思っています。

お母さまたちは、スキンケアやメイクのこと、お仕事したいけど保育園が見つからないなどさまざまな悩みを抱えています。私も、東京に来たばかりの頃は、下ふたりの子を別々の保育園に預けていました。認可外保育園に2年間預けて、ポイントを稼いで、今の認可保育園に入れたんです。保育園事情がとても大変なことを目の当たりにしたので、これから復帰されるママさんには、そういったこともアドバイスできればいいなと思います。自分の経験が活かせる環境にいられることがありがたいなとも思いますね」

――――経験されたすべてのことが実になっていますね。他にもママさん社員がたくさんいるそうですが、シフトの組み方は?

「週5日で勤務していて、日祝も入りますが、代休はきっちりとっています。ママさん社員全員が、土日は平均して月に2~3回は休めるようにシフトが組まれています。私は主人の帰りが早いので、遅番も入りますが、シングルママさんは遅番はしません。お子さんがずっと家でひとりになってしまって、寂しい思いをするようなことがないようにシフトを組んでいます」

――――時短勤務や時差出勤もできるんですか?

「私は利用していませんが、10時~16時とか17時までの人もいます。お子さんが小さくて、事務系の仕事の方は、在宅勤務を取り入れている人もいます。在宅もうらやましいなという気持ちも少しあるのですが、私は売り場に行かないと始まらないので!」

――――美容部員さんの宿命でしょうか?

「はい! でも、上司がとても理解があるので助かっています。子どもに熱があって、病児保育も空きがなかったときには、私の担当業務を他のスタッフに割り振ってくれて、休みやすい状況を作ってくれました。仕事を休まなければいけないときは、すごく『ごめんなさい』っていう気持ちはあるんですね。その気持ちをくみ取ってくれるように、上司だけでなく仲間も、こまめに連絡をくれて気遣ってくれます。そんな環境は本当にありがたいです」

――――素敵な上司ですね。「え~っ?」って言われちゃうと休みにくいですけど。

「以前、大手化粧品メーカーにいたときは、産休も早く戻ってこなくてはいけないし、休むときは『誰が代わりやるの? 穴開けないでね』みたいな感じがあって、すごく休みにくかったです。産休も、昔は『早く戻ってきてね』という雰囲気で、いちばん上の子と2番目の子のときは4ヶ月で復帰しました。そのときと比較すると、今は別世界です」

現在の肌はスキンケアの賜物

――――最近、赤星さんが気になっている肌悩みはありますか。

「40代半ばになりましたので、小ジワやたるみなどエイジングがすごく気になっているところです。プチ整形とか医療技術に頼るのもありだと思いますが、美容の仕事に長く携わってきた者としては、『化粧品の力で、いまの私の肌はこの状態です』と伝えたいと思うんです。スキンケアで年齢相応に輝きたいと思っています」

――――赤星さんの肌は近くで見ても、ぷるんとしたハリがあります。お気に入りの化粧品を教えてください。

「自社の『レドナ トリプルアイ』という目元クリームが大好きです。朝晩のスキンケアでの使用が基本ですが、夕方になってくると目尻のあたりがどうしてもシワっぽくなるので、休憩のときにメイクの上からちょこっと重ね塗りします。肌にぴたっとフィットして、気になる小ジワを簡単にリカバリーすることができます。くすみも消えて明るい目元が復活しますよ。

『トリプルアイ』の発売前に、70代のコールセンターのスタッフがモニターとして使用していました。2週間使い続けたら、肌の水分量が倍増して『すごく良かったわ』と言っていたので、期待していたんです。商品化されてすぐに使ってみたら、期待通りのテクスチャーと潤い感で、いまいちばんお気に入りのアイテムです」

メイク直しのときに、小ジワの気になる部分に「トリプルアイ」をひと塗り。

レドナ トリプルアイ20g 4000円(税別)

乾燥による小ジワを目立たなくする濃密アイクリーム。https://www.natural-s.jp/shop/g/g841/

――――閉店までお客様と間近で顔を合わせる美容部員さんにとって、まさにお助けアイテムですね。他にお気に入りのアイテムは?

「女性ホルモンが減ってくると、髪もパサッとしますよね。白髪染めによる乾燥もあるので、髪にツヤを出してくれる、ナチュラルアイランドの『カレンデュラのいたわりヘアオイル』は欠かせません。シャンプー後、手のひらに2~3プッシュとって、タオルドライした髪になじませます。ブロー後に仕上げのツヤ出しとしても使えます。ヘアオイルって、主張する香りが多いですが、これはやさしい香りが好きです。アルガンオイルが入っているので、重くなりすぎず、自然なツヤが出ます。私は北海道出身なので、北海道の植物を使っているというだけで親近感がわきますね」

ナチュラルアイランド カレンデュラのいたわりヘアオイル81ml 2150円(税別)

北海道の有機カレンデュラでつくった洗い流さないヘアオイル。傷んだ髪を芯から補修し、しっかりまとまるツヤ髪に。https://island.natural-s.jp/shop/g/g8111/
※ナチュラルアイランドはナチュラルサイエンスの姉妹会社です。直営店homeでは、ナチュラルアイランドの製品を全品取り扱っています。

――――お子さんと一緒に使っているアイテムはありますか?

「『ママ&キッズ UVライトベール』は家族全員で使ってます。す~っと肌に伸びるので、子どもたちも自分でも塗りやすいみたいです。日焼け止めにありがちなきしみ感やベタつきもないし。これを塗るようになってから、紫外線を浴びても肌がかゆくなったり、ヒリヒリしたりしなくなりました。クレンジングを使わなくても落とせるので、お風呂で普通どおり洗えばOKです」

紫外線もちゃんとケアして、戸外でも思いっきり遊びます。

SPF23・PA++ ママ&キッズ UVライトベール(顔・ボディ用)90ml 2400円(税別)

小児皮膚科医の協力のもと開発されたママ&キッズ。紫外線吸収剤が直接肌に触れない処方で、新生児から使える低刺激の日焼け止め。https://www.natural-s.jp/shop/g/g360/

憧れの代表に近づけるようにがんばりたい

――――今後の目標はありますか?

「弊社の代表(社長)が、私の目標です。代表は、3人のお子さんを育てながら、会社を立ち上げ、今ではお孫さんもいるのですが、まさにスーパーウーマンです。私も仕事をしながら、子どもを育てあげたいと思っているので、憧れの存在である代表をお手本にしていきたいです。最近では、伊勢丹店の立ち上げで何度か打合せもさせていただき、食事しながらプライベートなこともお話したのですが、代表と話すと、私もがんばろうっていう気持ちになれるんです。

若いお母さんで悩んでいる方がいたら、私も大変なこともあるけど、子育てしながらここまでやってきたから大丈夫だよって伝えたい。そう言える環境にいられることが、本当にありがたいなと思っています。

それと、孫に囲まれるのが夢です。私の祖母が、お正月や夏休みは、部屋が狭くなるくらいたくさんの孫に囲まれていたので、私もそういうふうになりたいなと思います。孫がいっぱいの素敵なおばあちゃんになれればいいな」

赤星さんが助けられているモノは

ベビーやママさんを応援する企業であるナチュラルサイエンスには、働きやすいサポート体制が多々ありました。赤星さんが、子育てと仕事を両立させる上で助けられているモノをまとめると以下の3つでした。

1.ママの生活を考慮したシフト調整や理解のある上司

2.そのまま仕事に活かせる子育て経験

3.ぷるん肌をつくる自社のスキンケア商品

赤星さんへのインタビュー中、何度か耳にした「ありがたい」という言葉が印象に残っています。企業側もママさんスタッフが働きやすいようにさまざまな工夫をされていますが、子育てと並走しながらも赤星さんの仕事に対するブレない姿勢と、代表・上司・スタッフへの、そしてお客様への感謝の気持ちが、赤星さんを応援する体制へと導いているような気がしました。

▽前編はこちら▽
【子育て応援メソッド】 AsMamaで休めない日も安心。ナチュラルサイエンス赤星智子さん Vol.1>>

取材・文/永瀬紀子

Store Data

ナチュラルサイエンス直営店homeファクトリー東京店

住所:東京都江東区北砂3-4-27ナチュラルファクトリー東京4F
TEL:03-5665-2011
URL:https://www.natural-s.jp/index.html

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事