美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2020-07-22

こだわりが光る! サロン専売プロダクト名鑑 『Sign/SENSE Hair』

サロンのこだわりが垣間見える自社開発のプロダクト。配合成分が珍しいもの、パッケージにこだわりがあるもの、開発者の想いが込められているものなど、そのラインアップは実に様々です。

ここでは、各サロンで開発されたプロダクトについて、開発者にインタビューを実施。毎回様々なヘアサロンの専売商品をご紹介します。「自社開発したい!」「他社のこだわりを知りたい!」という方はぜひ参考にしてみてください。

ハイレベルな技術力とオーガニックの薬剤を中心とした厳選した商品でファンをつかんでいるSENSE Hairが開発した、スタイリング剤の『Sign』をご紹介します。

『Sign』を開発したのは…

SENSE Hair 代表の中島義宗さん

2012年に表参道にSENSE Hairをオープン。スタイルのテーマは1人ひとりの感性に寄り添うヘアデザイン。トレンドをエッセンスとして加えた、ほどよく力の抜けたラフなスタイルで支持を集める。また「3ヶ月崩れないヘア」を生み出す技術「なかじーメソッド」を用いた、ナチュラルで女性らしいデザインも好評。

「操作性のよさを意識して、流行のアイテムを改良」

――まずは、SENSE Hairの特徴を教えてください。

サロンのウリは、生活に沿ったスタイルの創造です。「美容室を出た瞬間に街に溶け込むようなデザイン」と言い換えてもよいかもしれません。そのため、施術では骨格の見極めをはじめ、職場の環境や好みのファッションの汲み取りを大切にしています。

また、良質な商材が揃っていることも特徴です。サロンには、美容のディーラーさんが紹介してくれる商材だけでなく小さな会社や個人で作れられたアイテムも扱っています。個人で作られた商品は技術が必要なので、勉強してから施術をしなければ効果が得られません。

取り扱いを習得するためには少し時間がかかりますが、髪へのダメージを極力抑える成分が含まれているなど品質が高いメリットがあります。

――オリジナル商品は、どのようなコンセプトを掲げているのでしょうか?

コンセプトは、プロフェッショナルが使う商品です。「美容師が美容師のために作ったアイテム」というイメージですね。そのため、オリジナル商品は店頭やECサイトの他、私とつながりがある理美容室にも卸売をしています。

これまでに『SENSE Hair』で開発した商品は、『OTOKOMAE WAX』と『OPHERO BUTTER』の2つで、スタイリング剤から作った理由は、デザインを重視するサロンのスタイルと合っている商材だと思ったからです。

オープン以来「お客さまのセットをサポートとしたい」という気持ちをずっと持っていたので、2017年に理想のスタイリング剤を作りました。

――それでは『OTOKOMAE WAX』について教えてください。

コンセプトは「付けるだけで男前」で、大人の色気を引き出すアイテムになっています。こだわったポイントは「ツヤ感」と「操作性のよさ」です。マッドタイプではなく「ツヤ」を大切したのは、流行の兆しを感じたからです。また、サロンのお客さま層とマッチしているとも思いました。

「操作性のよさ」を重視した理由は固まり過ぎたり、べたつき過ぎたりなど、従来のグロッシー系のアイテムに扱いづらさを感じていたからです。そこで、パリッと乾いていながらも濡れた質感を残した商品に仕上がっています。「フォーマルでもカジュアルでも、どちらでも使えてうれしい」と好評をいただいていますね。

――続いて、『OPHERO BUTTER』はどのような商品なのでしょうか?

固形のワックスで、「オフェロ」はおしゃれなフェロモンをイメージして名付けました(笑)。成分はシアバターと蜜蝋のみでとてもシンプルです。

意識したポイントは、日常使いができる商品にすることです。私は、従来のシアバター系のアイテムは、ベタつきが気になる商品が多く「一般のOLさんは使いにくいのでは?」と感じていました。カラーなどのダメージによりバサバサの髪の方には相性がよいと思いますが、一般の方々はそれほどダメージがありませんから、付けた時に印象が重たくなりすぎてしまいます。

そこで、『OPHERO BUTTER』は少しマッド目にしました。「扱いやすくて、雰囲気もでるのでうれしいです」とお声をいただくことも多いですね。

サロン発のオリジナル商品を成功させる3つのポイント

サロン発のオリジナル商品を成功させるポイントをまとめると下記の3つでした。

1.サロンコンセプトに沿った商品を開発する

2.操作性のよさを意識して、毎日使える商品を作る

3.一般の方々の目線を持って流行のアイテムを改良する

何十回も試作を重ね、1年程をかけて開発したという中島さん。「最近はネットにプロ向けの商品が溢れていますから、これからは、さらにオリジナリティのあるアイテムを開発していきたいです」と笑顔で話します。プロも認める質の高い商品に触れたい方は、サロンを訪れてみてはいかがでしょうか。

Salon Data

SENSE Hair

住所:東京都渋谷区神宮前4-24-18 北村ビル1F
TEL:03-6447-1934
定休日:無休
URL:http://www.sense-hair.com/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事