美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2020-08-03

こだわりが光る! サロン専売プロダクト名鑑 『オリジナルウィッグ/apish』

サロンのこだわりが垣間見える自社開発のプロダクト。配合成分が珍しいもの、パッケージにこだわりがあるもの、開発者の想いが込められているものなど、そのラインアップは実に様々です。

ここでは、各サロンで開発されたプロダクトについて、開発者にインタビューを実施。毎回様々なヘアサロンの専売商品をご紹介します。「自社開発したい!」「他社のこだわりを知りたい!」という方はぜひ参考にしてみてください。

今回は大人可愛いスタイルに定評のあるヘアサロン、apishが開発した「オリジナルウィッグ」をご紹介します。

「オリジナルウィッグ」を開発したのは…

apish代表取締役
坂巻哲也さん

1998年apishを設立し、以降次々と新店舗を展開。サロンワークをこなすかたわら、独自の技術理論を用いたセミナー、ヘアショーを開催している。近年その発想力にコンサルティング分野でも高評価が。

「ウィッグなら全国の女性に『キレイ』をお届けできると考えてプロデュースしました」

—-「ヘアサロンでウィッグの開発」というのはすごく不思議な組み合わせですね?

僕自身、新規のお客様は受け付けていないのですが、ありがたいことに髪のお悩みや素敵なスタイルになりたい…というお問い合わせが多く寄せられています。ウィッグであれば全国の女性の「キレイ」をお手伝いできると考えてプロデュースを決意しました。

病気をきっかけにした髪のお悩み、ボリューム不足や白髪など年齢的なお悩みからウィッグのご相談を受けることもあったのですが、美容業界にはウィッグの情報がなさすぎるんです。僕自身、医療用ウィッグとファッションウィッグの違いも分からず、困惑しました。

—-従来のウィッグとの違いを教えてください。

販売されているウィッグは高価な物が多くて、お客さまの負担が大きいですよね。負担を減らすこと、お悩みを解消することに加えて、ファッションの一部として楽しんでいただけるようなウィッグを目指しました。

従来のウィッグのようにレングス別で選ぶのではなく、複数の女性像をイメージして、フェミニンであったりエレガントであったり、長さだけでなくなりたい女性像から商品を選んでいただけるようにしました。着けるだけでリフトアップ、小顔効果、エイジングケア効果につながるウィッグになっています。

機能面でも人工地肌を採用したり、フィット性を高めるためにソフトワイヤーを入れたり、ワンタッチクリップを2つ付けるなど工夫を凝らしています。そして何よりも、何十年も髪を切ってきた美容師の自分がつくったウィッグだからこそ、ご自身の髪のように自然に見えると自負しています。

—-坂巻さんの技術をウィッグに反映させるのは難しかったのでは?

ウィッグメーカーと美容師とでは、ヘアスタイルの作り方が全く違います。まずウィッグメーカーに僕のデザインを受け入れてもらうのに時間がかかりました。その後、大量生産するにあたって、工場との行き違いも多かったですね。

工場の職人さんたちにサロンへ来てもらってカットの指導をしたり、僕が海外の工場へ出向いてカットの講習をしたり。数年かけて修行をしてもらった職人さんたちにウィッグの生産をしてもらっています。

—-発注すれば製品ができあがる…というシンプルなものではないんですね。

工場にウィッグを作ってもらうには「注文書」という擬態的な指示を書いたものが必要なのですが、僕のつくったウィッグの注文書は指示がたくさんあるので分厚いんですよ。その厚さを見て、断られそうになりました。

3色のカラーから選べる。リラクシーカールボブ ¥34,265

—-ウィッグをつくるにあたって特にこだわった部分を教えてください。

トレンドを入れること、より自然でウィッグに見えないようにすることにこだわりました。「シークレットレイヤー」や「カービングカット」など一般のお客さまにも使っているカット技術をウィッグにも施しています。

カラーも内側を暗めに、表面にいくにつれて明るくするグラデーションを入れています。カットだけでなく色でも立体感を出しました。

素材は人毛と人工毛を混ぜています。人毛は仕上がりは自然ですが手入れが大変なんです。人工毛は再現性がよくても不自然。2つを混ぜることでお客さまが扱いやすく自然な髪に見せることができました。

—-ウィッグは全部で7スタイルありますが、特に人気のスタイルを教えてください。

特に人気があるのは、「ナチュラルグレイスボブ」で、カール感とボリューム感があります。普段使いからお出かけスタイルまでオールマイティに使えます。カジュアルだけれどフェミンな女性をイメージしてつくりました。

次に人気なのが「ナチュラルグレイスボブ」ですね。レングスが一番長いロブで、レングスが長い分、アップスタイルなどのアレンジもできます。和服にも似合うスタイルです。あと「マチュアボブ」も人気です。カジュアルでスィートな女性をイメージしました。カールが効いていて髪がふんわりしているので小顔効果があります。派手になりすぎないナチュラルなカール感が好評です。

レングスがいちばん長いロブスタイル。4色のカラーから選べる。ナチュラルグレイスボブ ¥35,090

ブラウニーブラックなど4色から選べる。マチュアボブ ¥3,3000

—-どのような女性たちに、このウィッグを楽しんでもらいたいですか?

お洒落で機能面にも優れている、本物のウィッグをお探しの方のためにつくりました。どなたでも簡単に装着できて、アレンジもできます。普段使いはもちろんですが冠婚葬祭、ちょっとしたお出かけにもお勧めできます。

夏でも蒸れにくく通気性もいいし、雨や汗、湿気にも強いウィッグなので、1年を通して楽しんでお使いいただきたいです。

サロン発のオリジナル商品を成功させる3つのポイント

サロン発のオリジナル商品を成功させるポイントをまとめると下記の3つでした。

1.美容師ならでは視点を商品に取り入れること

2.細部にまでこだわりを持って最後まで貫くこと

3.常に流行のエッセンスを取り入れたスタイルであること

テレビやCMで幅広く活躍している坂巻さんだからこそ実現できたオリジナルウィッグ。完成までに時間をかけ、細部にまでこだわりが詰まっているのに、手に取りやすい価格なのも驚きです。

オリジナルのスタイルだけでなく、巻いたり束ねたり、アレンジ自在なのもウィッグ愛用者が増えている理由のようです。

Salon Data

apish

住所:東京都港区南青山5-12-6 青山第2和田ビル2F
TEL:03-5766-3605
定休日:月曜
URL:https://www.apish.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事