ヘルスケア&介護業界の応援メディア
リラクゼーションマキホテル
学び・キャリア 2019-08-31

誠実なサロン経営でお客さまの心を掴む『リラクゼーション・マキ ホテル横浜ガーデン店』

リフロクソロジーの先駆けとして多くのセラピストを輩出し、業界の発展に貢献してきた『リラクゼーション・マキ』。後編では高いリピート率を誇る理由やホテルに店舗を構えているからこそ実現したサービスなどついて伺いました。

リピーターを生む真心接客

術者の気持ちは、手のひらを通してお客さまに伝わる

リラクゼーションマキホテル

―リピーターを生むために大切なのは、どのようなポイントでしょうか?

術者の気持ちは手の平を通して伝わるので、ポジティブな気持ちを持って施術に臨むことが大切です。そのため、スタッフには「効率や売上について考えるのではなく、感謝と愛情の気持ちを持って施術してほしい」と日々伝えています。それが高いリピート率を誇る一番のポイントです。またオリジナル商品は多くの方に支持を得ておりますが、店頭で売り込むことはしていません。お客さまは気に入ったら購入してくれるので、商品の魅力が届くように丁寧に施術することを心掛けています。

―居心地のよい環境作りへのこだわりはありますか?

基本的に科学薬品が入っている掃除グッズを使用していません。ナチュラルな成分でも、きちんと効果がでる商品を使ってサロン内をきれいに保っています。先日はアレルギー体質のお客さまがいらっしゃっていたようで、後日口コミに「これまでのサロンでは、くしゃみや鼻水が止まらなくなることもあったけれど全くなくて快適でした」というコメントをいただけました。できるだけ「自然」のものを使うことは、サロン全体で意識しているポイントですね。

ホテル内のサロンならではのサービス

プレゼントに最適な「食事×ボディケア」サービス

リラクゼーションマキホテル

―ホテル内のサロン特有のサービスはありますか?

レストランでの食事がセットになった『レストラン×リラクゼーションコース』を用意しています。『ディナー 美・食フェア』と『LUNCH&BODYCARE』があり、『ディナー 美・食フェア』はディナーとボディケアトリートメントが一つになったセットプランです。おいとりさま10,000円とリーズナブルな価格も人気の理由だと感じています。また『LUNCH&BODYCARE』はボディケア、ランチのセットコース、喫茶券が付いたお得なプランです。『ベーシックコース』、『エクセルコース』、『デラックコース』から選ぶことができて、こちらも好評ですね。

―『レストラン×リラクゼーションコース』はどのようなお客さまが利用されるのでしょうか?

野球観戦の前にカップルでいらっしゃったり、クリスマスにご夫婦でご利用されたりと、特別な日のプレゼントとして利用されるお客さまが多いです。また、定期的にご利用される方もいらっしゃって、毎月必ずお母さまを連れていらしてくださる息子さまがいます。お母さまを施術していると、とても幸せそうな表情を見ることができて、こちらまでうれしくなりますね。

お客さまに愛されるサロンを作るために

セラピストは人間力が鍛えられる魅力的な仕事

リラクゼーションマキホテル

―サロン経営で大切にしていることはありますか?

誠実な経営をすることを心掛けています。以前、面接を受けに来た方に応募理由を聞くと「オーナーが化粧品の中身をごまかしていて失望した」という声を聞いたこともありました。売上よりもお客さまを幸せにするために真摯に取り組んでいれば、きっとスタッフはついてきてくれるはずです。また、日々のサロンワークでは売上ノルマを課さないことも重要です。スタッフ同士でお客さまを奪い合うことにつながり、セラピスト間がギスギスすることでサロン全体の空気感が悪くなりますからね。

―採用の際に意識していることがあれば教えてください。

技術は後からついてくるので人間性を重視しています。第一印象のインスピレーションが合う方を採用していて、不思議と個性的なスタッフが集まってくるんです(笑)。また10年間勤めたスタッフがいるなど長期間勤めるセラピストも多く、なかにはお産のタイミングで一度退社してその後も、時々お手伝いのために足を運んでくれるスタッフもいます。セラピスト歴は長くても、後輩に対しては上から目線で接することなく、みんなに敬語でしゃべって、丁寧に指導をしてくれるのでとても助かっていますね。本当にありがたくて、スタッフのおかげでこれまで続けてこれたのだと思っています。

―最後に、セラピストという職業の魅力はどのようなポイントにあるのでしょうか?

人間力が鍛えられる点です。お客さまは幅広い年齢層、ご職業の方がいらっしゃるので、マニュアル通りに施術すればよいというわけではなく、臨機応変に対応することが求められます。自然とコミュニケーションが備わり、さまざまな会話を通して知識も身に付けることができると思いますね。またセラピストに不信感を感じるとお客さまはリラックスできないので、施術の際はこちら側がまず心を開く必要があります。そのため「目の前の方がよろこぶことを提供しよう」という、素直な人間性や思いやりのある心も育まれると感じています。

「お客さまに癒しを届けるためには、まずスタッフが健康であることが大切」と語ってくださった青木さん。インタビューを通してやわらかな表情で働いているスタッフさんの姿が印象的でした。癒しのひと時を過ごしたい方、レストランとのセットコースを体験したい方はぜひ訪れてみてください。

>>22年間の実績を誇る! リフレクソロジーの先駆け『リラクゼーション・マキ ホテル横浜ガーデン店』

Information

リラクゼーションマキホテル

ボディケアサロン リラクゼーション・マキ ホテル横浜ガーデン店

住所:横浜市中区山下町254 ホテル横浜ガーデン10F
TEL:045-651-2117
URL:https://www.makicorp.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

リラクゼーションマキホテル

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事