なにげない巻き髪動画がきっかけでInstagramのフォロワー数が激増!【ALBUM NATSUMIさん】#1

ヘアサロンALBUMのディレクターであるNATSUMIさん。指名数は毎日20人以上、Instagramのフォロワー数も15万人を突破するなど、その名を検索すれば必ず上位にヒットする女性美容師です。

決して器用ではないと語りながらもコツコツと努力を重ねるNATSUMIさん自身の精神力、そして師匠と仰ぐNOBUさんに学び、築きあげたInstagramでのブランディングが美容師としての成功へとつながりました。

前編では、ALBUM入社時に苦労した思い出や自己ブランディングの成功体験についてお届けします。

NATSUMI’S PROFILE

「接客が好き」の想いが極まり美容師に!

ハキハキと力強く語るNATSUMIさん

――まずは美容師を志したきっかけを教えてください。

幼少期から姉の髪の毛をいじるのが好きで、母親からも「あんたいつか美容師になるかもね」と言われるほどでした(笑)。漠然と美容師になりたいと思っていましたが、本気で目指すきっかけになったのは、高校時代にアルバイトで「接客」を経験し、お客様と接する楽しさに気づいたからです。

美容室ではお客様とコミュニケーションをとりながら、ヘアスタイルを一緒に決めますよね。その点で美容師は、最高の接客業だと思いました。

――美容師になる夢を叶えるために、美容の専門学校へ進むことを決めたんですね。専門学校での生活はいかがでしたか?

実は、私めちゃくちゃ専門学校が嫌いだったんです。真面目に勉強するつもりで入学したのですが、入ってみたら熱心に勉強している同級生が少なくて…。そういう環境の中でも「私は私」と気持ちを入れ替え、集中して授業に取り組んだので、メンタルはかなり鍛えられましたね(笑)。

熱意はあった反面、手先が不器用で技術を習得するのに苦労しました。実技が得意な友人に教えてもらい、ひとつひとつ地道に学びましたね。

――ALBUMで働くことになった経緯を教えてください。

専門学校を卒業後、別のサロンで働いていた時にALBUMやNOBUさんのインスタに載っていたスタイルを見ました。あまりの可愛さに心が揺さぶられ、「NOBUさんと話をしてみたい!」と思い立ち、さっそく予約を入れました。

ALBUMは年功序列ではなく実力主義。若手のうちから関係なく活躍できると聞いて、自分の実力を試すためにALBUMへの入社を決めたんです。

NOBUさんの背中を見てInstagramでのブランディングに力を入れました

ALBUM入社当時を思い出し、懐かしがるNATSUMIさん

――実際にALBUMへ入社してどうでしたか?

前のサロンで身につけたマニュアル通りの基礎が裏目に出て、「お前のスタイルは硬い」とよく言われていました。ニュアンスで切るという感覚がなく、柔軟なスタイル作りを身につけるまでに時間がかかりましたね。

試験に落ちて号泣することもありましたが、それでもモチベーションを保てたのは、スタイリストデビューする前のチェックで先輩に言われた一言があったからです。

普段あまり褒めない先輩から「なっちゃんは売れるんだから、早くデビューしたほうがいい」と言っていただき、このことが後押しに。毎日の練習にも力が入り、デビュー後は3ヶ月でトップスタイリストになりました。

――ALBUMでの成功につながった取り組みはありますか?

NOBUさんからアドバイスをいただき、Instagramを作り直しました。どんなに自分が気に入っている作品でも、NOBUさんから見て完成度の低い作品は掲載をしないようにしていましたね。

Instagramで成功するためのノウハウを教えていただき、自分好みの作品を投稿するだけではダメだと気づくことができました。自分の作品を丁寧に見返すことで、完成度をより高めることができたと思っています。

――ショートヘアに関する投稿を始めたきっかけはありますか?

休みの日になんとなく自分の巻き髪動画を撮ったのがきっかけでした。当時、Instagramにショートヘアのアレンジ動画を投稿している人が少なかったので、たまたま注目を集めたこともあると思います。これがきっかけでショートアレンジが自分の強みになり、ショートカットにしたいお客様に来ていただくことが多くなりました。

ファンが増えたことで、お客様からより慕われる存在になりたいと思い、名前もNATSUMIと英字表記に変更したんです。

――Instagramのフォロワー数が急増した投稿もショートアレンジだったそうですね。

ショートヘアのアレンジ投稿がバズったんです。当時流行っていたキュレーションサイトで「ショートカットならALBUMのNATSUMIさん」という記事が出たときの反響も大きかったですね。

――ヘアや美容以外の内容も投稿されていますよね。

自粛期間中に「小顔マッサージ」について投稿したら6万件も保存されて(笑)。自分がしていたマッサージを詳しくInstagramでシェアしただけなのですが、3万人くらいフォロワー数が一気に増えて驚きました。仕事とあまり関係ない投稿だったのですが、映像編集や文字入れ、音楽などこだわって、楽しむことができました

――NATSUMIさんが投稿で意識していることは何ですか?

誰もやっていないことを見つけて投稿することです。実は今、迷走中ですが2021年は技術に関する投稿をたくさん打ち出していこうかなと考え中です。

………………………………………………………………………………………………………………

持ち前のひたむきさと素直な性格を活かし、3ヶ月でトップスタイリストに登りつめたNATSUMIさん。自身の代名詞とも言えるInstagramでは、得意とするデザインや誰も試していない内容を投稿することでファンを獲得。夢や目標に向かって何事も楽しみながら取り組む姿が印象的でした。

後編では、NATSUMIさんのモチベーションとなるアシスタントの存在や「女性美容師でナンバーワンになりたい」と語る今後の姿について伺いました。

▽後編はこちら▽
師匠NOBUさんとアシスタントの存在が原動力に【ALBUM NATSUMIさん】#2>>

撮影/石原麻里絵(fort studio)
取材・文/梅澤 暁

Salon Data

ALBUM SHIBUYA

住所:東京都渋谷区神南1-20-9 公園通りビル8F
TEL:03-6416-3288
ALBUMのInstagram:@album_hair
NATSUMIさんのInstagram:@album_natsumir

履歴書なしで応募可能!

実際の求人を見てみる

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事

近くの美容師求人をリジョブで探す

株式会社リジョブでは、美容・リラクゼーション・治療業界に特化した「リジョブ」も運営しております。
転職をご検討中の場合は、以下の地域からぜひ求人をお探しください。

関東
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄