美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2021-05-03

CANAAN 鈴木かりんさんが「ノーブリーチ×透明感グレージュ」の作り方をレクチャー!【美容師のカラー技術】#2

前編に続き、ナチュラル派からのオーダーが絶えないブリーチなしカラーについて、『CANAAN 銀座』鈴木かりんさんにインタビュー。

前編では、鈴木さんが気づいたノーブリーチの需要の高さと、お客様のオーダーに応えるために編み出したグレージュカラーの配合について教えていただきました。

後編では、透明感を出すのが難しいと言われるグレージュカラーの作り方を、詳しく教えていただきます。髪の部位ごとのカラー剤の配合ポイント、よりデザイン性を高めるハイライトの入れ方など、要チェックです!

教えてくれたのは…

CANAAN 鈴木かりんさん

銀座店 副店長/スタイリスト。
専門学校卒業後、CANAANに入社。
ノーブリーチで作る透明感カラーに定評あり。
愛され系、フェミニン系のデザインを得意とし、
ラベンダー系ベージュやピンク系のカラーリングが人気
Instagram:@kaaari_3

鈴木かりんさん流『ノーブリーチ×透明感グレージュ』とは?

日本人の赤みが強い髪では難しいと言われる、ブリーチ無しで透明感を出すグレージュカラー。鈴木さんは、アッシュとブルーで髪の赤みを抑えつつ、ラベンダーで黄みを補整することで解決したそう。髪の状態や質に合わせたトーン調整や薬剤配合で、日本人特有の硬い髪でも、シアーで柔らかなカラーリングを実現。また、ブリーチではなくライトナーで、細かくハイライトをいれることで、髪の立体感と柔らかさも演出しています。

退色後の美しさまで考えた、ノーブリーチのグレージュカラー。

まずは施術のポイントをチェック!

『ノーブリーチ×透明感グレージュ』の施術ポイント

1.赤みはブルー、黄みはラベンダーで調整

赤みが強く出る根元付近にはラベンダーは混ぜないで。毛先側のラベンダーの分量は、ハイライト部分の黄色みに合わせて調整。

2.骨格に合わせてハイライトを入れる

CANAANオリジナルの骨格ハイライト。こめかみ下の凹み、ハチの出っ張りを基準に、骨格に合わせてハイライトを入れることで、デザインに立体感が生まれ、よりおしゃれに見えるように。

3.放置時間は薬剤の規定を守る

キレイな発色のためには、放置時間も重要。CANAANでは、25分しっかり置くことが決まっている。それより早く流すと、薬剤のポテンシャルが活かされず、色落ちが早くなる原因にも。放置時間を守ることでツヤも出せる。

準備/カラー剤の調合

Color Recipe
/〈ハイライト〉プロマスター LT/SH(オキシ6%×2倍)
/〈根元用カラー〉プロステップA7+プロマスターCB5(20%) オキシ4.5%
/〈オンカラー〉プロステップA9+プロマスターCB5(10%)+プロマスターSV6(20%) オキシ4.5%

オンカラーで使用するカラー剤は、B根元用とC中間~毛先用の2種類を用意。どちらもベースはアッシュで、赤みをカバーするコバルトブルーをプラス。体温で明るくなりやすい根元用は、アッシュを2トーン暗くする。中間~毛先はハイライト部分が黄色く抜けやすいのでラベンダーを加えて補整。

カラー剤を調合したら、塗布の工程スタート! 詳しいHOW TOを解説します。

HOW TO

BEFOREアッシュでカラーリング後、ナチュラルなダークブラウンに色落ちした状態。デザインカラーの履歴があり、毛先にダメージも。

1 ライトナーでハイライトを入れるこめかみの凹んだところでブロッキング。3mm幅×5mm間隔で、細かくチップを取り、根元2㎝程度をあけてAを塗布。
骨格の出っ張っているところでスライスを取り、同様にAを塗布。その上に2枚、下段と等間隔で、ハイライトを入れていく。
バックは、つむじの影響を受けないギリギリのラインでブロッキングし、同様にAを塗布。さらに、表面の髪の1枚下で、つむじの動きを見ながら1枚スライスを取り、同様にハイライトを入れる。
ソーラーで加温15分後、バッファーで流す。細かくハイライトが入った状態。

2 オンカラー全体の根元から約2㎝幅にBを塗布。
根元側に少しかぶせて、残り全体にCを塗布。ラップをして25分放置後、洗髪。

AFTER

スタイリング

全体の毛先を内巻きに1回転させる。顔周りはリバースで、中間から1回転巻いたら一段下に滑らせて再度1回転。耳横はフォワードに、中間から2回転巻き、一段下に滑らせて1回転。同様の巻き方で、バックに向けてリバース、フォワードとミックス巻きに。最後に、クリームワックスとオイルを3:1で混ぜ、全体になじませる。

仕上がり

ヘアアイロンで巻くことで、ハイライトの効果も高まり、立体感がアップ。暗めの色味ながら、避けたい赤みを抑えつつ髪の柔らかさと透明感を感じるカラーリングに。

「今回は、根元を少し暗めに染めているので、退色すると毛先からグラデーションに。また、ハイライト部分から色落ちしていくので、さらに立体感が出てきます。最終的には、オレンジっぽさの出ないベージュになる予定。そんな過程も楽しんでいただけると思います」(鈴木さん)。

髪ダメージもなく色落ちまで楽しめるノーブリーチのカラーリングは、長く活用できるはず。ぜひ参考にしてみてくださいね。

取材・文:山本二季
撮影:片岡 祥
モデル:鈴木リディ

Salon Data

CANAAN 銀座(カナン ギンザ)

住所:東京都中央区銀座3-2-11 GINZA SALONE 10F
TEL:03-6263-2040

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事