エステティシャンになるには国家資格が必要?年収ややりがいは?|資格の種類、専門学校やスクールも紹介!

カウンセリングを通じてお客様の肌や体形の悩みを聞き、フェイスケアやボディケアなどの施術をおこなうのがエステティシャンの仕事です。

エステティシャンという仕事に就くためには、資格は必要なのでしょうか。そこで今回は、資格取得の有無はもちろん、おすすめの専門学校やスクールもご紹介します。また、エステティシャンの年収ややりがいについても詳しく解説します。

エステティシャンとは|エステティシャンの仕事


エステティシャンとは、専門知識と技術を用いて、エステティック業をおこなう者を指します。美肌や痩身、脱毛など、美容を目的とした施術全般が主な仕事です。また、施術以外にもさまざまな業務内容があります。

ここでは、エステティシャンの仕事内容について、詳しく解説します。

エステティシャンとは?|1日の流れや仕事内容など徹底解説

カウンセリング

エステティシャンの大切な業務として、カウンセリングがあります。まず、お客様の肌の状態や体にまつわる悩みを、事前に詳しく確認します。施術前にお客様の要望や悩みを把握しておくことで、一人ひとりに合った最適なメニューを提案できます。

健康状態や病歴、アレルギーの有無の確認も必須です。お客様ご自身でカウンセリングシートに記入してもらう方法のほか、インターネット予約時に記入フォームを作成しておく方法もあります。

主にフェイシャル・ボディの施術

エステティシャンの主な業務は、フェイシャル・ボディの施術です。フェイシャルは、頭部を含めた首上までの施術になります。対してボディは、全身の施術を指します。

しわやたるみの改善、美白、痩身など、美容・リラクゼーションを目的として施術し、手技のほか専門機器などを用いてお客様の要望に合わせたケアをおこないます。

また、脱毛がメニューに含まれるサロンもあります。脱毛に関しても、他の施術メニューと同様、一部分を集中してケアする部分脱毛と全身脱毛の2種類が用意されています。

レーザー光線など、強い光線を毛根部分に照射する「医療脱毛」をおこなうには、医師免許、もしくは看護師免許が必要です。よって、エステティシャンが取り扱うのは「美容脱毛」になります。

店販品の販売

ホームケアができる化粧品・美容機器などの販売も、エステティシャンの業務のひとつです。施術料金に加えて店販品の収入があれば、売上が安定しやすくなります。

お客様との会話から悩みを引き出し、個人に合わせた商品をおすすめすることが大切です。売上を伸ばすために、体験会を開く、ECサイトを用意するなどの工夫をしているサロンも多いようです。

施術以外の業務

受付や予約管理、会計、掃除など、エステティシャンには施術以外にもさまざまな業務があります。

ダイレクトメールの郵送やSNS発信など、集客につながる業務も欠かせません。施術のみならず、幅広い業務に対応できる臨機応変力が求められる仕事といえるでしょう。

エステティシャンの年収はどれくらい?|エステティシャンのやりがい


エステティシャンの仕事内容は、多岐にわたります。また、専門スキルを要するため、技術向上のための努力は欠かせません。

エステティシャンの仕事は大きなやりがいがあるといわれていますが、具体的にはどのようなやりがい、魅力があるのでしょうか。ここでは、エステティシャンの年収ややりがいについて、詳しく紹介します。

エステティシャンの平均年収

エステティシャンの平均年収は、およそ337万円といわれています。初任給は24万円ほどで、日本の平均年収と比べると若干低い傾向にあります。

エステティシャンの年収は、地域ごとにバラつきがあります。平均年収が高いのは関東区域で、中でも東京都が最も高く、368万円ほどです。地方で働くか、都内で働くかにより、平均年収に差が出やすい職業といえるでしょう。

また、歩合制給のサロンも多いため、実力次第で収入アップが見込めます。

エステティシャンがやりがいを感じること・大変なことは?

エステティシャンの仕事は華やかなイメージをもたれがちですが、意外にも体力勝負な面があります。施術中は基本的に立ちっぱなしですし、マッサージは全身運動と同じくらい体力を使います。足腰への負担も大きく、慣れるまでは大変に感じるかもしれません。

しかし、業務が大変なぶん、やりがいのある仕事です。お客様から感謝される瞬間はもちろんのこと、施術を通して体型が目に見えて変化していく過程は、大きな喜びを感じられるでしょう。

エステサロンの多くは、歩合給制となっています。そのため、指名回数が増えるごとに給料もアップします。専門スキルが身につく上、実力が収入に反映されやすい仕事なので、将来性も期待できます。

エステティシャンに将来性はある?エステ業界の見通し

エステティシャンは、将来性のある仕事です。2018年、厚生労働省は「エステティック業における職業能力評価基準」を発表しました。

日本エステティック協会の協力のもとに作成された基準で、法律に準拠した施術、店舗運営、人材育成や適正な評価などに活用することを目的としています。

国とエステティック協会が手を取り合って評価基準を定めたことは、エステティシャンの処遇改善につながる大きな一歩となるでしょう。

いつの世でも、美容に対する需要はなくなりません。近年はサロンの増加、技術の進歩に伴い、業界全体が求められるサービスの質も向上しています。また、女性だけにとどまらず、男性も美に対する関心が高まっているため、メンズエステの需要も増えています。

ただし、女性と男性では体の作りや肌質が異なるため、メンズエステに携わるには幅広い知識が必要となります。知識をアップデートし続け、技術向上を目指すことで、着実にキャリアアップしていける職業といえるでしょう。

エステティシャンになるには? 資格取得は必要?


エステティシャン志望の方のなかには、将来的にエステティシャンとして働くために資格を取得しなければならないのかが気になっている方もいるでしょう。ここでは、エステティシャンの資格について詳しく解説します。

また、下記の記事も参考にしてみてください。

エステティシャンの資格にはどんな種類があるの? 実務経験を活かせる資格取得の流れを紹介

エステティシャンに国家資格はない

結論からお伝えすると、エステティシャンになるためには美容師や理容師のような国家資格は必要ありません。そのため、美容系の職種のなかでは比較的目指しやすい職業だといえます。

国家資格ではないものの、民間団体が認定する資格があるので、エステティシャンを目指す方は民間資格を取得する人が多いようです。

無資格・未経験でもエステサロンに就職できるの?

無資格や未経験からエステティシャンを目指したいのであれば、「未経験歓迎」や「資格不問」の求人を探すとよいでしょう。

このような記載があるエステサロンであれば、エステティシャンの経験や資格がなくても就職できる可能性があります。

エステティックの知識や技術は研修で学ぶ

未経験からエステティシャンを目指すには「未経験者歓迎」のサロンで働き、実務でエステティックにおける必要な知識や技術を取得する方法があります。

また、なかには業務時間外に研修をおこなうサロンもあるようです。研修体制の整っているサロンであれば、働きながらエステティシャンの資格取得を目指せるでしょう。

資格を持ったエステティシャンを目指すなら|専門学校や認定スクールへ通う

サロンによっては、資格を持っていると採用に有利だったり、待遇がよくなったりする場合もあるようです。就職する前に資格取得を目指すなら、専門学校や認定スクールに通ってみるとよいでしょう。

学校では、エステに関する専門知識のほか、カウンセリング方法や施術などを実習で学べるため、一通りの技術を身につけられます。

認定スクールとは

認定スクールとは、AJESTHEやAEAなどエステティック協会の認定を受けたスクールのことです。

エステティック協会が定める条件を満たした専門学校やスクールだけが、認定校として認められます。認定校で既定のコースを修了したのち、試験に合格することで資格を取得できます。

エステティシャンの資格にはどんなものがあるの?


エステティシャンの民間資格には、どのような種類があるのでしょうか。ここでは、日本エステティック協会が認定する民間資格について、資格内容から受験資格などの概要を詳しくご紹介します。

AJESTHE認定エステティシャン・上級エステティシャン

AJESTHE認定エステティシャンは、エステティックに関する基礎知識と技術を持ち、担当範囲内でのエステティックのサービスを適切に提供できる能力を持っていると認められる方に与えられる資格です。

取得の条件は、認定試験に合格していること、または認定校にて300時間以上または1,000時間以上のコース修了者または実務経験が1年以上となっています。

上級エステティシャンは、エステティックに関する知識だけではなく、サロンの利益、なおかつお客様を満足させられる能力があるエステティシャンとして認定される上位資格です。

取得の条件は、認定校において1,000時間以上のコース、もしくはCIDESCO国際認定校コースを修了しており、試験に合格している、またはAJESTHE認定エステティシャンを取得して2年以上経過、もしくは実務経験が5年以上必要です。

AJESTHE認定トータルエステティックアドバイザー

エステティックについて総合的に理解し、お客様から求められる施術や知識を持ち、さらに指導できる力があることを認定される最上位資格です。この資格を保有していれば、指導者として人材育成に携われます。

取得の条件は、協会が認定する美容学校や通信教育を300時間以上受講する、もしくは1年以上の実務経験が必要です。

AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン・ボディエステティシャン

エステティックに関する基礎知識のほかに、衛生面および安全面を踏まえたフェイスケアやボディケアの基礎知識を有していると認められる資格です。取得すれば、サロンでフェイシャルエステ・ボディエステのスペシャリストとして働けます。

受験資格にはとくに制限はありませんが、受験合格後に資格申請をするには、以下の資格申請条件を満たしていないといけません。

理容・美容養成施設、もしくは認定学校にて所定のコースを修了したもの
800時間を超える実務経験者(週40時間換算で6カ月が目安)
AJESTHE登録教室において所定の認定コースを終了しているもの

資格には有効期限があり、3年に1度更新手続きをする必要があります。対象者には更新2カ月前に通知がくるため、所定の期日までに更新料を納付して更新手続きを完了しなければなりません。

AEA認定エステティシャン(基礎資格)

エステティシャンとしての基礎知識と技術を持ち、禁忌や注意事項を理解した上で、安全な施術がおこなえると認められる資格です。

AEAの認定資格は、実務経験によって取得できる認定資格が変わります。AEA認定エステティシャン(基礎資格)の取得には、エステティックに関する実務経験(フェイシャルまたはボディ)が1年以上必要です。

AEA上級認定エステティシャン(上位資格)

エステティシャンとして、フェイシャルとボディの総合的な知識と技術を持ち、エステティックトリートメントを技術的に熟知していると認められる資格です。

AEA上級認定エステティシャン(上位資格)を取得するには、以下の要件を満たす必要があります。

フェイシャルまたはボディに関して、2年以上の実務経験を有する方
AEA認定エステティシャン資格、または他団体の同等以上の資格(※1)を取得後、フェイシャルまたはボディに関して、1年以上の実務経験を有する方
(※1)一般財団法人日本エステティック試験センター加盟各団体の「認定エステティシャン」資格

AEA認定インターナショナルエステティシャン(最上位資格)

エステティシャンとして、多くの技術経験の上で技術的にも理論的にも熟知し、幅広い視野と柔軟な対応力で様々なコース提案ができ、なおかつ実践できると認められる資格です。

AEA認定インターナショナルエステティシャン(最上位資格)を取得するには、以下の要件を満たす必要があります。

AEA上級認定エステティシャン資格を取得後、フェイシャルまたはボディに関して2年以上の実務経験を有する方
AEA上級認定エステティシャン資格を保有し、フェイシャルまたはボディに関して合計3年以上の実務経験を有する方
以下の国内資格、国際資格のいずれかを保有し、フェイシャルまたはボディに関して通算3年以上の実務経験を有する方
【国内資格】 一般社団法人日本エステティック協会「認定トータルエステティックアドバイザー(TEA)」
【国際資格】 CIDESCOインターナショナルディプロマ、ITECビューティーセラピスト、INFAゴールドマスター国際パスポート、ICAMアドバンスト レベル2 ビューティシャン」

エステティシャンを目指したい!おすすめの専門学校・スクールを紹介


エステティシャンとしてデビューするためには、エステの基礎知識や美容学科をしっかりと身につけておくことが大切です。つづいては、おすすめのスクールと専門学校をご紹介します。

東京ビューティーアート専門学校|エステティック科

こちらの専門学校では、業界トップレベルの教育内容にて即戦力となるプロのエステティシャンを育てています。

入学後は、「インターナショナルコース」「上級エステティックコース」「ヒーリングエステコース」の3つのコースが用意されています。これらのコースのなかから、自分が身につけたい技術を選んで学ぶことができます。

東京美容専門学校|エステティック短期コース

こちらの専門学校では、短期間でエステティシャンを目指したい方のために、3カ月間の短期集中コースを用意しています。

短期コースは1年のうち8月、11月、2月の好きな時期を選んで入学することが可能です。それぞれ3カ月の間にエステティックや皮膚科学、美容学など、エステティックとしての基礎知識を学びます。ほかにもカウセリング方法やサロン経営学、施術に関する技術を習得することができます。

岩谷学園アーティスティックB横浜美容専門学校|トータルビューティー科

こちらの専門学校では、「美のスペシャリスト」になるためにさまざまな知識を得られるのが特徴です。

1年次には、トータルビューティーに関する基礎知識のほか、ビジネス・メイクアップやネイル・着付けなどを学びます。2年次には、エステやネイルなど、それぞれが希望する分野を専門的に学ぶことが可能です。

ガラシャスクール|ガラシャエステコース

こちらのスクールでは、最短3カ月でエステティシャンとして必要な知識や技術を身につけられる本格的なコースを用意しています。

ほかにも、仕事をしながらエステの資格取得を目指せる通信コースもあるのが特徴です。いずれのコースでも、基礎から上級テクニックまで効率的に学べます。

クレド スパ&エステティックスクール|資格取得コース

こちらのスクールでは、国際ライセンスコースと AJESTHE 認定エステティシャンコース の2つのコースから学びたい学科を選択できます。

国際ライセンスコースは定員制(12名)であり、入学期は年に1度だけ。さらに入学試験があるため、AJESTHE 認定エステティシャンコースよりも入学のハードルが高めとなっています。そのため、ご自身に合ったコースを選んで通うのがおすすめです。

アイ エステティック専門学校|インナービューティ科エステティシャン専攻

こちらの専門学校では、即戦力になる技術と知識を学ぶことができ、上級資格の取得を目指せます。AEA上級認定エステティシャン資格合格率100%を誇るため、就職活動をする際にも有利に働くでしょう。

エステティック応用実技、サロン運営技術、フェイシャルとボディエステの施術技術、薬膳入門など、幅広い学科を体系的に学ぶことが可能です。

エステティシャンはさまざまな人の美を支える職業


エステティシャンは、さまざまな人の美を支えるやりがいのある職業です。

エステティシャンになるためには、美容師のような国家資格は必要ありません。しかし、代表的なものとして日本エステティック協会をはじめとした民間資格があります。

現在では、こうした民間資格がエステティシャンとしての一定水準を超える技術や知識を身につけている指標として多くのサロンにて用いられているため、就職にも有利に働くようです。また、資格の有無により、お客様の信用度も違います。

上級資格があれば、将来、サロンの独立開業への道も開けます。自身のスキルアップのためにも、顧客満足度向上のためにも、技術向上と資格取得を目指しましょう。

引用元URL
一般社団法人エステティック協会
一般社団法人 日本エステティック業協会

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事