女性トップスタイリストを目指すべく、毎日の仕事に危機感を【QUQU 堀 希満子さん】#2

「常に斬新であること」をテーマとしたサロンQUQU。そこでスタイリストとして働く堀さんに、その独特なスタイルが形成された背景や特徴などをインタビュー。

前編では、堀さんが美容師を目指したきっかけや現在のサロンへ入社した経緯、技術を向上するために取り組んだことなどを伺いました。後編となる今回は、上京してきてからどのくらいの期間で今の立場を確立したのか、売り上げはどのくらい上がったのか、今後の目標とアドバイスも合わせてお聞きします!

教えてくれたのは…
QUQU 美容師 堀 希満子さん

地元兵庫県のサロンで約6年間勤務。その後、当時より美容業界の第一線で活躍していた内田聡一郎さんが代表として立ち上げた「LECO」にオープニングスタッフとして飛び入り入社。3年後、内田さんと女性トップスタイリストとして活躍している浦さやかさんが共同経営する「QUQU」へ移り、現在2年目を迎える。サロンの持ち味であるハイトーンカラーにとどまらず、日常に溶け込むナチュラルカラーを得意とし、幅広い世代から人気を集めている今注目の美容師。

技術力向上に比例して、自然と集客に繋がった

現在は、サロン外の活動も増えてメディアの仕事も積極的に行っている

――今では、サロン内で確固たる地位を築き始めているとお見受けしましたが、上京してどのくらいで今の立場を確立しましたか?

上京して5年くらい経ちますが、本当にここ1年くらいの出来事ですね。LECOに所属していた3年間で代表の内田から技術をたくさん叩き込まれたことや、現在はQUQU代表の浦からも学んでいる成果なのか、最近お客様がグッと増えたように感じます。

――地元のサロンでの売り上げと現在を比べて、どのくらい伸びたのか気になります!

売り上げは4倍に上がり、毎月の達成率も100%に届くようになりました。

――練習の賜物ですね。客層は以前と違いはありますか?

現在所属しているQUQUにて発信しているハイトーンカラー。「左のカラーデザインの反響が大きく、集客にもつながりました!」(堀さん)

地元のサロンは個性を大事にしているお客様をターゲットとしていて、現在のサロンと特色が似ていることもあり、客層は変わりませんでしたね。年齢の幅も同様に20〜40代の方が中心です。

――リピート率はどのくらい上がりましたか?また、そのために取り組んだことは何ですか?

最近結果が見え始めてきたようで、90%くらいに上がりました。取り組んだことは、とにかく技術を磨くことと、コミュニケーションに力を入れましたね

私は、美容師の仕事って自分から生み出されるクリエイティブな部分を通じて、お客様を喜ばせられる唯一無二の職業だと思うんです。その喜ばせられる技術の一つとして、今でもそれぞれのお客様に合ったコミュニケーションを意識して、満足のいくスタイリングを提供できるようにしています。

お客様の声をしっかり受け止めた施術を行う

ご来店されたお客様の印象に合わせた細やかな接客が堀さんの強み

――では、堀さんが施術する際に心がけていることを教えてください。

最も気をつけていることは、「その人のライフスタイルに合うか?」です。例えば、お客様から「ハイトーンの赤にしたい」というご要望があったとしても、会社がNGだったりするので、会社の許容範囲や生活のベースについては必ず聞いて確認していますね。やっぱり快適な生活を送るためにはそういった配慮も必要だと思うので、お客様のライフスタイルに合った提案をするように心がけています。

――ライフスタイルまで考えてくれるのは嬉しいですね。付随して、美容師の仕事をする上で大事だと感じたことはどんなことですか?

これは精神的なことになるのですが、挫折してしまったときにどのくらいのスピードで立ち直れるかが重要だと感じました。私自身何度も挫折を経験したことで気づけました。悩んでもいいけど、結局は自分で立ち上がらなくてはいけないですし、その過程でどれだけ早い段階で起き上がれるようになるか訓練しておくと、その後に活きてくると思います。

――なるほど。最近落ち込んだことがあれば、模倣例として解決策も一緒に教えてほしいです。

最近だと、後輩の指導について悩むことが多いですね。指導するのが難しくて強めに叱ってしまったときとか、対応が間違ったかなと感じることがあると落ち込んでしまいます。そうしたときは、信頼できる人に相談してアドバイスをもらったり、自分で整理してから相手に気持ちを伝え直したりしてお互いに良い関係性を築けるようにしています。

常に向上心を持ち、目標に向かって進んでいきたい

自身のデザインを確立しながらも憧れの存在を追い続ける堀さんの熱い想いが伝わってきます

――しっかりご自分で立て直しているのですね。今後の堀さんの目標を教えてください。

QUQU代表の浦を超えることです!(笑)というのも、有名な女性スタイリストってなかなかいないんです。そんな数少ない女性スタイリストの中で卓越している浦さんと並ぶくらいの実力をつけたいと思っています。

――憧れの存在って大事ですね。そのためにどんなことをしていますか?

そうですね。今、次世代の美容師が増えていたり、一般の方でもSNSで調べ尽くして情報を持ってサロンへお越し下さることを受けて、いかにお客様に刺さるスタイルを構築して提案できるか、危機感を持って施術を行なっています

あとは、内田から「売れたいなら孤独になれ」とアドバイスをもらったのですが、これがなかなか難しくて苦戦しています(笑)。何と言っても人が好きなので、このアドバイスだけどういう風に取り入れるべきかまだ悩んでいる途中ですが、自分なりに噛み砕いて成長していけたらいいなと思っています。


売り上げを意識した秘訣

1.お客様のライフスタイルを汲み取ったスタイリングの提案

2.それぞれに柔軟に対応できるコミュニケーション力

3.常に時代の流れを意識したスタイルを生み出す

人懐っこくて親しみやすい印象の堀さんですが、今後の目標を語る姿からうちに秘める熱い思いを感じました。今後の美容業界を牽引していく美容師となるのではないでしょうか。

取材・文/東菜々(レ・キャトル)
撮影/喜多 二三雄

Salon Data

Hair salon QUQU
住所:東京都渋谷区渋谷1丁目5−10 小笠原ビル 1F
電話:03-6427-9175
1
2


この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事