アイキャッチ

みんなどうしてる?画期的!スタッフ同士のミュニケーション術『SEIJI MODE BUREAU』

スタッフ、従業員が気持ちよく働くための環境づくりや取り組み、普段のスタッフの顔などが見られるのが、「Back Stage」です。サロンやショップに入ってから、いろいろと分かることもありますが、今回は普段目にすることがない“裏舞台”を紹介します。みなさんの考えにマッチする取り組みなどが分かるかもしれませんので、要チェックですよ!

プロフェッショナルとして、お互いに助け合える関係性

スタッフ
スタッフ全員で行く社員旅行は、気持ちのリフレッシュとともに、スタッフ間の親睦を深めるために必要な行事です。
スタッフ
スタッフの誕生日なども、みんなでお祝いします。スタッフ一人ひとりへの、ちょっとした気遣いが、しっかりと仕事に戻ってきます。

「当サロンでは1年に1回、スタッフ全員参加で社員旅行に出かけています。行き先や現地でのスケジュールはすべてスタッフが考えたもの。スタッフに任せることで、何をするのかなど、企画力が付くんです。普段のサロンワークだとスタイリストがメインになるので、色々なスタッフに権限を与える意味でもアシスタントがメインになって計画しています。すべてのスタッフはサロンにとって不可欠な存在ということを、知ってほしいという想いもあります。今年は沖縄の石垣島にいく予定です。仕事のことを忘れたプライベートな旅行となるので、普段のサロンワークでは見ることができない、スタッフの多くの面を見ることができて面白いですよ。

スタッフ
スタッフ同士がしっかりとコミュニケーションをとるため、時間を割いて仕事の共通認識を高めています。

こういったスタッフ同士のコミュニケーションは、実はとても大事なことだと思っています。サロンと言えでも、会社という組織には変わりありません。組織であるが故に、新人スタッフに関しても、サロンの思いなどを共通認識として持って、しっかりと仕事をしてもらいたいので、仕事に対して無関心にならないようにすることが私たちの役割だと考えています。普段のサロンワークで先輩スタイリストが指導するなかでも、技術的なことを一方的に教えるのではなく、教わる者に何が足りないかを、まずは自分で気付かせてあげるよう心がけていると思います。もちろん仕事なので仲良しクラブではありません。スタッフ1人ひとりがプロフェッショナルとして助け合い、スタッフ同士がとても良い関係性が築けていける環境にすることを目指しています。

サロン周辺環境

井荻駅

東京都杉並区下井草に位置する「SEIJI MODE BUREAU」。最寄り駅となる西武新宿線、井荻駅の南口を出て、徒歩数分の好立地にサロンをかまえている。街中は忙しない雰囲気があまりなく、ゆっくりとしたローカルな空気が流れています。駅名となる『井窪駅』は、1889年の町村制施行により、上井草村・下井草村・上荻窪村・下荻窪村が合併し、東多摩郡井荻村となったことが始まり。『井荻』は「井草の井」と「荻窪の荻」とを組み合わせたもので、現在の『井荻駅』に名を残しています。そんな街なので、通勤が毎日気持ちよく、だからこそ健やかな気分で仕事に就くことができると思います。また、生活環境にもすぐれており、商店街にはたくさんのお店が構えられており、通勤時、帰宅時にも買い物がしやすいです。なおかつ道路も広くて歩きやすく作りになっています。生活の拠点としても便利な街に構えた「SEIJI MODE BUREAU」へ、ぜひ起こしください。

Profile

梶原 恭之助さん

梶原 恭之助さん

SEIJI MODE BUREAU デスク マネージャー
1972年生まれ。2000年にまったくの異業種から転身。経営や経理、事務、管理などレセプションとして様々な業務をこなす。「利他的である」ことをモットーに、自分含め周りのスタッフすべてがハッピーであることを心がけている。サロンのメインとなるサロンワーカーではないので、お客様の立場からスタッフにアドバイスを送ることができるのも強み。

Shop Data

SEIJI MODE BUREAU

SEIJI MODE BUREAU

東京都杉並区下井草5-18-17-2F
03-5579-9264
9:00~19:00(火曜日&第1・第3水曜日休)
http://smb-iogi.com

ゆったりとした時間が流れる魅惑のヘアサロンへ!『SEIJI MODE BUREAU』

この記事が気に入ったら
いいね!してね

アイキャッチ
この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事