アイキャッチ

ついに『白髪』を発見してしまった……。ショック!一気に歳を感じてしまう『白髪』について調査!

突然発見するとショックを隠しきれない1本の白髪……。1本見つけると気になって探してしまい、さらにどんどん発見し心配になっちゃいますよね。白髪混じりのヘアスタイルは、一気に老け顔に見られてしまいます。まだ白髪とは縁がない方、本格的に増えはじめてきている方に、白髪のメガニズムや知られている改善法をお伝えします。

白髪になってしまう原因とは?

女性

まずは根本的な髪の毛のメカニズムから説明します。実は生まれたばかりの毛は、みんな白髮なんです。髪の毛は、色素幹細胞から作られた色素細胞(メラノサイト)と関わりが深く、その白い毛に色素細胞(メラノサイト)が作るメラニンが着色し、黒髪になっているのです。

黒髪が白髪になってしまうひとつの原因は、髪の毛の色素であるメラニンが作られなくなってしまうから。すなわち、加齢とともにメラニンを作る色素細胞(メラノサイト)、色素細胞(メラノサイト)を作る色素幹細胞が損傷を受け、無くなってしまうことが原因と言われています。やはり白髪の一番の要因は、「加齢」のようで、細胞が歳をとってしまうことにあるようです。

しかし、「加齢」だけが細胞を衰えさせる原因ではありません。他にもいくつか原因があるので、チェックしましょう。

紫外線

体のなかで一番太陽に近いのが頭。常に頭皮が太陽に向いていて紫外線を受けています。紫外線は、細胞を老化させる大きな要因で、頭皮に大きなダメージを与えてしまいます。

ストレス

白髪の原因でよく耳にするのが、ストレス。ストレスを受けることによって、体が緊張状態になり血管が収縮し、血流が悪くなります。血流が悪くなることで色素細胞(メラノサイト)の働きが鈍くなり、メラニンの生成が衰えてしまいます。

栄養不足

栄養不足は、そもそも体によくありません。もちろん髪の毛にも影響を及ぼし、白髪の原因になります。栄養不足によって細胞分裂の動きが鈍ってしまいます。

荒れた生活習慣

メラニンを生成する色素細胞(メラノサイト)、その働きが悪くなる原因のひとつが血行不良です。添加物の多い加工食品やインスタント食品ばかり摂取していたり、タバコを吸う習慣がある人は、血流が悪くなる傾向があります。

遺伝

医学的にはまだまだ解明されていない部分も多いですが、メラニン色素が髪の毛に送り込まれにくい体質や元々色素幹細胞が弱いということが挙げられています。

なるべく細胞が歳をとらないようにする対策はあるので、普段から心掛けてみてはいかがですか?普段の生活を見直すきっかけになるかもしれません。

白髪の予防・改善策は?

髪の毛

白髪の予防・改善策は、先に挙げた白髪の原因から探っていきましょう。

紫外線をなるべく受けない生活を。日差しが強い日は、帽子や日傘を使用するといいでしょう。最近はおしゃれなアイテムも多いのでファッションのアクセントになっていいかもしれません。

次にストレスに関して。日々ストレスを感じないように過ごすというのはなかなか難しいですよね。急にそうしようと思ってもできるものではないので、ストレスを受けても溜め込まず、解消する方法を見つけ出しましょう。人それぞれの解消法があると思うので、まずはご自身の趣味など簡単にチャレンジできるとことから試してみるといいと思います。

食生活の改善は、髪の毛だけではなく体の健康にもいいので、ぜひトライしてみてください。以下の食材を普段の食事にプラスし、少しだけ多めに摂ることを意識してみてください。

髪の毛の色素であるメラニンを作り出す際には、チロシナーゼという酵素が必須になります。このチロシナーゼや色素細胞(メラノサイト)の働きをサポートする成分が多く含まれる食べ物があります。

・銅−チロシナーゼの働きを活発にするミネラル。ナッツ類、ごぼう、ニンニク、パセリ、そば、玄米、イカ、エビ、あんず、プルーンなど。
・ヨード(ヨウ素)−細胞の成長や代謝を促進する作用がある。ワカメ、ヒジキ、イワシ、サバ、カツオなど。
・チロシン−メラニン色素の原料のひとつ。チーズ類、バナナ、アボカド、りんご、マグロ、カツオ、たらこ、ちりめんじゃこ、ゴマ、きな粉、ナッツ類など。
・ビタミンB12−メラノサイトの機能を活性化し、メラニン色素を増加させる栄養素。あさり、赤貝、ハマグリ、すじこ、あんきも、レバーなど。
など

また、頭皮マッサージの効果的と言われています。マッサージで頭皮の血行がよくなれば、色素細胞(メラノサイト)の働きが活発になり、メラニン色素が髪の毛全体に行き渡ります。即効性は期待できないようなので、気長にいつもの生活サイクルにプラスし毎日行うようにしましょう。

白髪が生えてきてしまったら…どうしたらいいの?

髪の毛

白髪は決して抜いてはいけません。抜いてしまうと毛根がダメージを受けてしまい、脱毛の原因になってしまいます。白髪が生えてしまったということは、その毛根は、黒髪を作る機能がうまく働いていないということです。なので、白髪を抜いても、そこに再び黒髪が生えてくるということは難しいと言われています。どうしても気になるという方は、抜かずにカットすることをお勧めします。毛穴を傷つけることもありません。しかし、白髪の本数が増えたらカットも大変ですし、少し伸びたらピンピンと白髪が飛び出るのでケアが大変です。なので、次にあげるヘアカラーがおすすめですよ。

白髪が出てきてしまった場合、白髪染めをするのが一般的です。白髪染めと聞くと年配の方がするイメージがあり敬遠しがちですが、白髪染めも普通のカラーリングも基本的にはどちらも同じヘアカラーに変わりありません。髪を染めるメカニズムは同じで、白髪が染まりやすい配合か黒髪が染まりやすい配合か、カラー剤の配合濃度を変えているだけなんです。だから安心して白髪も黒髪もきれいに染まる、白髪染めをチョイスしてみてくださいね。コスト面が気になりますが、市販のものではなくサロンでプロに任せるとムラなくきれいに染めてもらえますよ。地肌への刺激が少ないカラー剤を選んでくれたり、地肌につかないように配慮してくれるので、サロンでカラーリングすることをおすすめします。

まとめ

白髪については、医学的にまだまだ解明されていない部分が多くあります。一概にこうしたら治る、黒髪に戻る、ということは言い切れませんが、今できることからコツコツと試してみるといいでしょう。白髪を改善しようと思って試みていたことで、体も健康になり一石二鳥ですよ。なにより健康が髪の毛にも一番いいので生活の改善、食生活の改善を心掛けましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

アイキャッチ
この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事