美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2016-10-18

【サロン採用事情】笑顔が魅力的で、純粋に「エステが好き!」という人に入ってもらいたい『アンジェラックス』

美容業界で就職するためにはどんな心得やスキルが必要なのでしょうか。面接時のポイントやどんな人材を求めているか、入社後の研修の話まで、エステサロン「アンジェラックス」の代表取締役社長の大杉一真さんにズバリ伺います。

面接で頭の中に原稿を準備してくるのは逆効果!?

アンジェラックス表参道
代表取締役社長の大杉さん。

「どんな人材を求めているかと言うと、まずは純粋にエステが好きな人。『小さい頃からエステティシャンになりたかったんです!』っていうような子をとりたいなって思います。また人から感謝されるのが好きで、うちの社風に合っているかどうか。それは本音をちゃんとしゃべれるかっていうところだったり、飲み会に一緒に行って楽しそうかとか、そういうところを最近は重視してますね(笑)。アットホームで仲間意識の強い会社なので、熱いノリを許容できないと辛いと思います(笑)」

「面接で一番大事なのは『笑顔』です。『笑顔が長所です!』って言っても、実際面接中に笑顔で居られる子ってほとんどいないんですよ。だから採用するのはだいたい面接中に笑顔の子ですね。それと、うちに関しては面接前に言いたいことを準備してこない方がいいです。準備してきた頭の中の原稿を、そのまま読んでいるというのがすごく嫌いなんです。つまらないと思ってしまう。とにかく『エステが好きです!』っていう気持ちが伝わればいいし、楽しそうな子であればいい。そして会社の想いの部分に共感してくれているかどうか、という点をよく見るようにしています。想いがすごく伝わってるな、というのが分かる子がいいですね」

アンジェラックス表参道
アンジェラックスのスタッフさんは笑顔が魅力的な方ばかり。

では、自分に合った職場選びのポイントってどんなところなんでしょうか?

就職や転職活動をする前に客観的に自分を見つめ直して

「そもそも『自分に合った』と言いますが、自分のことを分かっていない人が多い。第一段階で自分探しができていないんです。自分って結構自分が思っているのと違うんですよ。だから親や友達など、周りの人の意見を聞くことが大事。『おそ松さん*』って分かります? 自分がなに松さんに似ているかっていうのを人に聞くと「俺、○○松さんなの!?」って意外な結果になるので(笑)。でもそれが本当の自分なんですよね。適性テストを受けてみるというのもオススメです。自分の特徴的な能力というのを適性テストや第三者の意見から見つけて、それをどうやって生かすかという形で就職や転職活動を考えるのがいいと思います。『自分が自然に役に立てる環境』っていうのが大事ですね。」
*昨年流行ったアニメ。顔が全く一緒だが、性格が異なる6人兄弟が主役。

新卒研修では「会社を好きになってもらう」ことを目指す

アンジェラックス表参道
表参道店のみなさん。年齢はバラバラでも営業後に飲みに行ったりとても仲良し。

「応募条件は特にありません。未経験からでも大丈夫です。この冬に初めてインターン制度を取り入れる予定です。学生さんを対象に2月にインターンをやって、3月に採用が始まるのでうちに受けに来るなら来てね、という感じです。
入社したら新卒の子は研修を2ヶ月間きっちりとやります。まずは考え方の部分から。考え方っていうと自己啓発セミナーなどに外注するところもありますが、そうじゃなくて社内でしっかりと社会人として、人として成功するための考え方を勉強します。あとは『会社のことを好きになってもらう』ということ。社会人1年目なんてどうしても辞めたいって思うんですよね。そのときに上司と同期の仲間がどれだけフォローできるか。研修生が輝くために僕らがレールをひいてあげて、研修の最終日に『辛いこともあったけど、私輝いたし成長できた!』って実感したときに初めて人に感謝ができて、会社のことを好きになれるんです。技術指導ももちろんやりますが、技術だけ習得しても辞めてしまう子が多いんですよね。僕が好きな言葉に『社内に何人友達がいるかが会社への愛の尺度』っていうのがあるんですが、人間関係ってすごく大事なので、社内みんなで友達になることを目指しています」

アンジェラックス表参道
社員旅行で行った沖縄のビーチで。今年も石垣島に行く予定だそう。

「雇用形態は基本的に正社員になりますが、最近パート採用を試してみたんです。これが結構よくて、2名入ってもらったんですが、2名とも希望して正社員になりました。正社員と言うと重く感じる人もいるので、まずはパートで様子を見て『いいサロンだな』と思ったら就職すると言う方法を増やしてみようかなと思っています」

目標は持たなくてもいい。楽しく仕事をすることが何よりも大切

アンジェラックス表参道
「スタッフが楽しそうじゃないと、お客さまも楽しめないですよね」と大杉さん。

「スタッフにはとにかく楽しんで働いて欲しいです。目標は持っても持たなくてもいい。目標を持ちやすい人と持ちにくい人がいて、それも個性なので。目標を持つとすごくやる気が出る人もいれば、『大きな目標がない』ってことに悩んで迷路に入っちゃう子もいて(笑)。そういう人は毎日一生懸命人のために仕事をしていれば、そのうち自分の適性が見つかって、それを受け入れたときに幸せになれるんです。だから目標を持つことよりも楽しいってことの方がずっと大事。『楽しい』って、心のエネルギーがあるってことなんですよね。心のエネルギーがないと好奇心も湧かないし、学習意欲もなくなります。楽しければ結局『好きこそものの上手なれ』になるんです。けれど、楽しく仕事をするためにはハードルがあって、新卒くらいの年齢の女の子って、学生時代からの人間不信を乗り越えられていない子が多いんです。まずはそこを抜け出さないといけない。そのためには『友達がいて、お互いを尊敬し合える』という環境が必要。『職場に友達を作るな』という会社もありますが、うちでは友達を作って楽しく仕事をして欲しいですね」

――大杉さんが、スタッフのことをとても大切に考えていることがよく分かりました。エステティシャンはなかなかハードなお仕事ですが、「エステが好き!」という熱い想いをお持ちの方はぜひチャレンジしてみてください。きっとやりがいが見つかるはずです。

Salon

アンジェラックス表参道

住所:東京都渋谷区神宮前5-44-4 エクセラージュ神宮前 302
TEL:03-6427-5562
火~金 11:00~20:00、土日・祝 10:00~19:00 月曜/第1・第3火曜定休

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事