美容業界の応援メディア
コラム・特集 2017-03-29

朝美人アンバサダー・谷山友子さんの一日が大充実!外朝ごはん #1

「朝活」という言葉、耳にしたことはありませんか?
「朝活」とは、夜型の生活になりがちなのを朝にシフトし、始業前の時間を趣味や勉強などの時間に当てる活動のこと。今から9年ほど前から流行り始めた活動です。そんな朝活の後押しをしているウェブサイト「朝時間.jp」。会社員でありながら、このサイトの“朝美人アンバサダー”として活躍するのが、今回“おいしいソト朝ごはん”を教えてくれる谷山友子さん。

そもそも夜型であった彼女が朝型になったのは、おいしい“ソト朝ごはん”のおかげだと言います。春、日を追うごとに気温が上がってきて、早起きするのがラクになる季節です。

美容業界人にもおすすめ! 朝活にシフトして“ソト朝ごはん”を楽しんでみませんか?

朝ごはんが楽しみですっかり朝型に

「元は私も夜型人間だったんです」と谷山さん。それがなぜ今は5時半~6時には起きる朝型に!?「自分の時間がほしくて。実家暮らしでは全部母任せで家事をする必要もなく、仕事から帰った夜の時間は自分のためだけに使えましたが、実家を出ることになり、そうはいかなくなりました。私の要領が悪いのかもしれませんが、夜は家事に追われるだけとなり、自分の時間を持つどころじゃなくなってしまって!この“自分の時間が持てないこと”が、ものすごいストレスだったんですね。そこで『朝、早起きして自分のための時間を作ろう』と思い立ち、早起きするようになったんです」

とはいえ、それまでも早起きに何度も挑戦しつつも三日坊主で終わっていたことが多かったとか。「でも、何か目標を持つと物事って継続できますよね。それが私の場合、“朝ごはんを食べること”だったんですね!食いしん坊らしい目標ですよね(笑)」

ソト朝ごはんの魅力

ph2-min

「基本、朝ごはんは自炊ですが、週1回くらいのペースで外に朝ごはんを食べに行っています。私にとって“ソト朝ごはん”は、自分へのご褒美です。お友だちも最初は『え?わざわざ朝から外に食べに行くの?』とか『朝ごはん、食べないしなぁ』と言っているのですが、ソト朝ごはんの魅力を伝えるとみんな必ず『行ってみようかな』『今度一緒に連れて行って』と言うんですよ(笑)」

<ソト朝ごはんの魅力>

* ランチよりリーズナブル。大体500~800円でたっぷり食べられる。
* 空いているのでゆっくり・リラックスできる。勉強してもほかのお客さんの迷惑にならない
* お客さんがいないので、店員さんの接客も丁寧
* 外で食べることで、オンとオフ、頭の切り替えになる。

「私は大体いつも朝7時のオープンと同時に入り、小1時間朝ごはんを食べたり資格取得の勉強をしたりして、その後出社します。7時にお店に着くということは、6時台の電車に乗るのでラッシュにも合わず、すごく快適なんです。また、まだまだ朝活派は少数らしく、ランチ時には並ぶようなお店でも朝だと空いているので、会社から多少離れた場所でもあえて狙って行ったりしますよ。

美容業界の方だと10時出社くらいでしょうか?でも、モーニングはどこも10~11時までやっているので、充分楽しめると思います。今、とにかくモーニングをやっているお店が多いし増えています。意外なお店も実は提供していたりするので、これを楽しまないなんてもったいないと思うんです!」

不動のマイベストモーニングは「上島珈琲店」

ph3-min
「上島珈琲店」のモーニングセット。これで650円!

そんな多くのソト朝ごはんを食べてきた谷山さんが、「ゆるがないベスト1!」と言い切るのが「上島珈琲店」のモーニング。「ゆったり座れるソファ席もあるし、料理のクオリティも良く、コストパフォーマンスが素晴らしい!」のだそう。

「お店によっては、卵料理はまとめて作ったものを保温しておいてサーブするんですが、『上島珈琲店』はオーダーが入ってからその場で調理するので作りたてを食べられるんです。しかも卵だけじゃなく、サラダもたっぷりついているし、厚切りバタートーストの焼き加減も最高!トースト以外にも、サンドイッチやグラノーラのセットもあったりして、もはや朝食じゃなくて“しっかりとした食事レベル”で、大満足なんです。そして実は私、コーヒーが苦手なんですがここの黒糖ミルク珈琲だけは大好きで……。ミルク感たっぷりなので、私みたいなコーヒーが苦手な人でも飲みやすいんですね。朝、これを飲むのが幸せなんです」

そして最後に「上島珈琲店」トリビアを!「モーニングではないのですが、店舗限定でフレンチトーストを出していて、これが“隠れた名品”として人気。ぜひ機会があったら食べてみてくださいね」

おしゃれな「エ・プロント」に「スープストックトーキョー」まで

ph4-min
ph5-min
「プロント」のおしゃれバージョン「エ・プロント」もハマっていて、よく行きます。

「最近、こうしたカフェチェーン店のモーニングのレベルって急成長していると思います。今、『上島珈琲店』の次にハマっているのが『プロント』系列の『エ・プロント』。まだ店舗数は少ないのですが、メニューもおしゃれなものが多く、水を飲むグラスも色々なものが置いてあって、自分が好きなものを選べるんですね。私の行く店舗は電源もあるので助かっています。ここのモーニングは写真のボリューミーなものから、ワンコインで食べられるトーストとスープのセットも。モーニング以外のメニューも魅力的で、思わず写真に撮ってインスタグラムに挙げたくなるようなスムージーやホットサンドイッチ、デザートやお酒もあり、その充実ぶりに見ているだけでワクワクするんです」

ph6-min
「おだし東京」の朝のお膳「オマール海老の味噌汁」。
ph7-min
ソト朝ごはんリスト。普段から行きたいカフェやレストランを探し、それ専用の手帳にメモしている。

それともう1店。ランチ時には長蛇の列になることもある「スープストックトーキョー」もおすすめだとか。「朝だと空いているし、スープ+パンのセットか、おかゆ+ドリンクのセットを選べるのですが、どちらも480~500円とリーズナブル。また、最近は、この『スープストックトーキョー』が出した和食のお店『おだし東京』の朝ごはんも好きで品川駅にときどき行きます。ここは朝7時からやっていて、オマール海老のお味噌汁やおかゆが580円で食べられるんです。ほかの時間帯のメニューが1000円前後なのに比べ、この値段はかなりのお得さ。だから見逃せないんです」

※ここで紹介した朝ごはんは、谷山さんがプライベートで食べたものです。店舗への問い合わせはお控えください。

取材・文/児玉響子

profile

ph8-min

谷山友子さん

会社員の傍ら、朝型ライフスタイルを提案する日本最大のウェブサイト「朝時間.jp」の朝時間アンバサダーもつとめる。食べることが大好きで、インスタグラムでは“モーニングめぐり”の写真をアップしている。
インスタグラムアカウント tomoko.mogumogu
https://asajikan.jp/

朝美人アンバサダー・谷山友子さんの特別なリスト。外朝ごはん #2>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事