美容業界の応援メディア
コラム・特集 2017-05-16

知る程に魅力的なオキナワ美容界JAG☆STANG・前泊憲作さんのアタマの中 #2

オキナワの美容界がアツイ! という評判を聞きつけ、ひとっ飛び。今、注目の沖縄美容師・第2世代の一人、JAG☆STANG(ジャグスタング)のオーナースタイリスト、前泊(まえどまり)憲作さんを取材しました。

宮古島出身の37歳で、琉球美容専門学校を卒業後、神奈川県内の美容室に就職。そこで瞬く間にスタイリストとしてデビューした後、2005年12月に沖縄へ帰郷。那覇市にサロンをオープンします。

今年で12年めを迎えますが沖縄美容界初のカット料金1万円超えや、沖縄で開催された「東京コレクション」でステージオーガナイザーを務めるなど、〝美容師を超えた存在″として、内外から注目を集めています。その発想の原点が知りたくて、アタマの中をちょっとだけ覗かせてもらいました。

子どもと大人の未来を織り交ぜた『夢と学校』

――前泊さんは本当にいろいろなイベントに関わっているんですね。
「そうですね。でも美容から外れた活動は、地元・宮古島で毎年行っているロックフェスくらいで、それ以外は何かしら美容に関連したイベントですからね。美容師になりたいという若い子をもっと増やしたいんですよ。(取材日の)少し前のニュースで何年かぶりに、小学生のなりたい職業ランキングの7位に美容師が返り咲いたと聞いて、本当にうれしかったですから。一人でも二人でもいいから、なりたい子を増やしていきたいんです。

2016年10月、『夢と学校』というイベントを行ったんですが、那覇市の壺屋(つぼや)小学校で、東京コレクションのランウェイステージとともに、各分野の専門家が子どもたちへ向けてそれぞれのワークショップを行うという、一般参加型(事前公募)のイベントにしたんですね。県出身で国内外で活躍するクリエイターや放送作家、空手武道家など総勢7人に講師を依頼しました。

じつはこれより前の、2016年3月に沖縄出身で著名なクリエイティブディレクター、デザイナーの吉田ロベルトさんからの依頼で、沖縄初の東京コレクション『YOSHIDAROBERT /OKINAWAMADE』 2016-2017 A/Wのヘア&メイク統括を任されたんですね。

東京コレクションなのに渋谷ヒカリエではなく、沖縄で行われた初めてのコレクションということで、ショーは大成功でした。そこで2回目となる10月は今までと何か違うことがやりたいよねと、僕がオーガナイズするイベントに東京コレクションを組み込むことになりました」

YOSHIDAROBERT /OKINAWAMADE
YOSHIDAROBERT /OKINAWAMADE
YOSHIDAROBERT /OKINAWAMADE

元気を呼ぶ『夢と学校プロジェクト』

YOSHIDAROBERT /OKINAWAMADE
YOSHIDAROBERT /OKINAWAMADE
YOSHIDAROBERT /OKINAWAMADE

『夢と学校』講師の一人、キャラクターデザインで世界的に有名な城間(しろま)英樹さんの授業風景。美容学生による、ヘアアレンジ講座も大盛況。ランウェイの両脇はたくさんの親子がショーを観覧。『夢と学校プロジェクト

――その発想はどこから湧いてくるんですか?
「『夢と学校』のきっかけは、同級生で父親になっているヤツの、自分は終わった~的な発言からでしたね(笑)子育てや仕事で疲れているのはわかるけど、子どもがいることを言い訳にしているだけなんじゃないか?と。子どもに夢を見せてあげるためのイベントでしたが、裏テーマで親たちを元気にする、という想いもありました。

壺屋小学校って、あの壮絶な沖縄戦の後、初めて復興した学校なんですよ。戦後すぐのがれきの中から子どもたちの夢を支えてきたから、と校長先生も快諾してくださいました。イベントの最後に、“パレードインフルエンス”と題して、白い服を着た女の子たちに、白い風船に願い事を書いて持ってもらい、那覇の国際通りを練り歩いてもらったり。ショーのランウェイも東コレ初、学校の廊下で(笑)モデルたちは全員、上履きを履いてモデルウォークをしました。ユーストリームやFacebook、ツイッターで同時配信するなど、こちらも大盛況でした」

美容しか知らない、美容師になるな!

「僕はそこまで美容どっぷりになれないタイプで、いろいろな人と話をするのが好きなんですね。宮古島出身で、以前は那覇に友達が少なかったので、本土で修業してこっちへ戻ってくる前から人脈を広げようと、まったく知らない人の結婚式にまで出ていました。でも行くと誰かしら知り合いがいるのも沖縄らしくて(笑)(※編集部・注 沖縄の結婚披露宴は、招待客がとても多いことで有名)

そもそも今の若い子たちは、遊び方を知らないですよね。昔の美容師がカッコよかったのは、遊びを知りつくしていたからだと思います。美容しか向いていない美容師はダメ、と“ビヨウシナイト”と称しフェスを開催していますが、平日の夜に300人くらい、ほとんどが美容師。マジメに講習会ばっか行ってんじゃね~、遊べ~♪とハッパかけてます(笑)
サロンでも、スタッフに政治経済とか日本の近代史の宿題を出すんですよ。2.26事件とか、初めて知ったという子が多い。ずっと美容のことばっかりだと、たどり着けない答えですよね。

近い将来、沖縄から全国にその名がとどろく美容師が出てくれればうれしいなぁと。うちの子たちでもいいですし、僕もまだまだあきらめていませんし(笑) そして100年後には、沖縄が世界随一のビューティアイランドになっていてほしいです」

YOSHIDAROBERT /OKINAWAMADE
那覇市内のクラブで開催された“ビヨウシナイト”には平日にもかかわらず300人余りが押し掛けた。『夢と学校』のパレードインフルエンスの様子。風船に書かれた願い事が叶う日も近い。
YOSHIDAROBERT /OKINAWAMADE
YOSHIDAROBERT /OKINAWAMADE

取材・文/山岸敦子
撮影/MACOTY、武安弘毅(モデル)

Salon Data

JAG☆STANG
JAG☆STANG

JAG☆STANG(ジャグスタング)

前泊憲作さんがオーナーを務めるヘアサロン。
那覇市おもろまちと宜野湾市に1店舗ずつ、郷里・宮古島にはエステサロンをリニューアルオープン。美容師としての活動にとどまらず、ヘア&メイク、ショーやイベントのオーガナイザーとしても活躍。その発想力は美容にとどまらず、多くの夢をもって膨らんでいく風船のようだ。
http://jagstangs.com/

オキナワ美容界の風雲児JAG☆STANG・前泊憲作さんのアタマの中 #1>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事