美容師、ネイリスト、アイリスト……ビューティシャンたちのダイエット事情!

美容を扱うという職種ゆえに、見た目にも気を使わなくてはならないビューティシャンたち。朝から晩まで体力勝負の毎日のなかで、皆さんはどうやってダイエットを実行しているのでしょう。3名の成功者たちの声をお届けします。

女性に人気! ヨガ&ピラティス

ダイエット

Kさん(26歳、女性美容師)の場合

――なぜダイエットしようと?
「時間とお金がなかった昔に比べて少し余裕がでてきたのかな(笑)営業後に飲みに行くことが多くなったんです。いろいろな人と知り合うのも勉強のうちと思って参加しているうちに、半年で5キロも増えていたときは焦りました。」

――どんなダイエットを試しましたか?
「すぐに専門時代の同級生でエステティシャンの友達に相談したら、意外なアドバイスがもらえたんです。私の太りやすさの原因は、身体のかたさ。立ち仕事や身をかがめる動作が多いせいで、身体、とくに肩や背中がカチカチで代謝が悪く、むくみやすいんだそうです。あと、姿勢の悪さもお腹が出る原因。たしかにもともと猫背気味で、仕事のときもよく注意されていました。」

「それで友人に勧められたのが、ヨガとピラティス。どちらでも好きなクラスが選べるジムに入会して、週に2日はメンテナンスの時間を作りました。もともと体育会系出身なんで、筋トレに耐性はあるんです(笑)食事は、朝と昼は食べないと体が持たないので、夜だけ炭水化物を食べないようにし、代わりに鶏ささ身や野菜の入ったお味噌汁にしました。」

――効果のほどは?
「はじめてからたった一週間で“痩せた?”って言われました! 体重はほとんど減ってなかったのに(笑)ヨガの“ダウンドック”のポーズが効いたのか、猫背だった姿勢が改善されたのも大きかったかもしれません。体重を減らすことよりも体がどんどん変わっていくのが嬉しくて、一年近く続けているうちにするすると6キロ落ちていました。」

ヨガ&ピラティス
ダウンドックのポーズ

「痩せてからは、人から見られるということを前より意識するようになりましたね。かっこいい先輩たちっていつでも背筋がシャンと伸びてるんです。それってプロ意識なんですよね。お客さまも、自分に自信がなくて堂々としていない人に切ってもらいたくないですから。今更ながらそのことに気づいて、服装やふるまいにも気を使っています。」

意外な効果! ウォーキングを丁寧に

ウォーキング

Sさん(32歳、女性ネイリスト)の場合

――なぜダイエットしようと?
「もともとそんなに太らない体質だと思っていたんですが、30を過ぎてから身体のあちこちがたるんできたような気がして。とくにお腹や背中、太もも、おしりが気になりはじめました。仕事では、狭い空間に一日中座りっぱなしだし、あきらかに運動不足だと感じてはいたんですが。」

――どんなダイエットを試しましたか?
「ズバリ、ウォーキングです。お客さまにジムの先生がいるので相談したら“まずは、ウォーキングをていねいにするだけでも違うよ”と教えていたただいたんです。おしりにきゅっと力を入れて、上から吊られているような感覚でスタスタ歩く、それだけなんですが、試しに行き帰りで1駅前で降りて歩くようにしています。」

――効果のほどは?
「まだはじめたばっかりでなんとも言えないんですが(笑)。でも、おしりのラインは変わったような気がします! 最初の数日は1駅歩くだけで汗だく&すごい筋肉痛で(笑)。でもこれって効果があるってことじゃないですか? この調子でたぷたぷの二の腕や脇腹も引き締まるといいな、と思ってます。」

家族を巻き込んでストイックに

ダイエット

Tさん(35歳、男性美容師)の場合

――なぜダイエットしようと?
「職場でみんなに“太った! 大きくなった!!”と言われて――。結婚して生活が変わったことが原因だったと思います。子供もいるので、朝・昼・晩と3食食べるようになったんですよね。それまでは朝はもちろん昼抜きとか、夜はお菓子だけとか、不健康な食生活ばかりしてきましたからね。でも今は妻がお弁当を作ってくれて、家に帰れば食事がある。飲み会も断れないし、晩酌もするし。ふつうに食べてたらふつうに太りました(笑)」

――どんなダイエットを試しましたか?
「独身だったら好きなように減量できたと思うんですが、妻がせっかく作ってくれたご飯を残すのも気まずいし、休みの日をすべてジムに充てたら家族関係にヒビが入る(笑)ということで、家族を巻き込むことにしました。」

「まずは妻を“一緒にダイエットしよう”と説得し、食事、とくに夕食は女芸人ニッチェさんのメニューを参考にしてもらいました。これが、本当においしくて満足感もあるので続けられるんです。豆腐ハンバーグとか、お店よりおいしいくらいでしたから! また、やるからには本気で……ということで、家に腹筋マシンを購入。いつもソファーに直行するところをぐっとこらえてマシンに直行。TVタイムは妻の監視のもとCMになったら腹筋(笑)あとは、同僚やお客さまに教えてもらったプロテインやサプリメントも導入して、休みの日は時間をもらって走りました。家族旅行に行ったときもシューズを持参して走ってました。」

――効果のほどは?
「隠れてたシックスパックが復活しました! 家族ができたことで太ってしまった僕ですが、ダイエットでは家族がいたことが逆にメリハリになって成功できたと思うんです。昔よりもずっと健康的ですし、体力もついたし。ちゃんと栄養を取りながら痩せるってやっぱりいいなと思いました。職場でも勧めています。」

まとめ

以上、三人三様のダイエット体験を教えていただきました。お話を聞いているとやはり美容業界だけあって意識が高い方が多く、サロン内でも他スタッフとよく情報交換されているようでした。くれぐれも体だけは壊さないよう、健康的に美しさを手に入れて、仕事もプライベートも充実させたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事