ph1-min-1

“持ってる美容師”『to(トゥ)』谷島由美子さんの超前向き美容人生 #2

全国にママとして働く美容師は増えてはいますが、パートナーが美容師以外の職業だと、なかなか思うように仕事が続けられない、という人も多いことでしょう。

恵比寿と代官山の間にある美容室『to(トゥ)』のオーナースタイリスト、谷島(やじま)由美子さんは、夫の支えで出産、子育て、そして独立・開業を成し遂げた稀有な存在。その美容人生は、自分の心の内を信じるというチカラが導いたようです。

24歳で仕事運、34歳で結婚運をつかむ!

前回の#1では、谷島由美子さんという美容師を駆け足で紹介しましたが、彼女曰く、自分の人生は24歳から劇的に開けた、と言います。その第一歩がARTIS SALON(現・BRIDGE)の西本昇司さんのサロンへ中途採用という形で入社したことでした。

その後、夫となる5歳年下の飯島寛之さんと、最初はお客様と担当スタイリストという立場で出会うわけですが、職人・谷島由美子の腕に感嘆したという飯島さん。じつは当時はまだ結婚など考えが及ばず、付き合って1年半ほど経った頃、谷島さんに言われた言葉でまるで魔法にかけられたようにその道を選ぶことになるのです。

「私は24歳で今のサロンに入って道が開けた。10年経って34歳のときは結婚か独立しかないけど、今のサロンが大好きだし独立する気はさらさらないから。結婚するか別れるか、どっちか選んで!!」さすが持ってるオンナ、人生の大事な駆け引きの場を心得ています。

谷島 由美子さん
ご主人曰く、美容のことしか考えていない谷島さん。でもだからこそ、職人としての腕とセンスがお客様をはじめ、ご主人をも虜にして味方にすることができるのでしょう。

働きながら“主夫”として妻を支える立場へ

ご主人の飯島さんは言います。「結婚するか別れるか、と言われて別れる気はなかったので、結局、結婚しましたが、今思うとそうでもしないと僕自身、こうして結婚して子どもに恵まれることはなかったのかな、と思いますね」

しかしこのご夫婦がすごいのは、その後、ご主人の飯島さんが子育てと家事一切を担ったことにあります。飯島さん曰く「付き合い始めた頃、僕はアパレルの営業職だったのですが、収入は断然、美容師である妻のほうが上でしたからね。何より妻は仕事が大好きだし、僕もそれを応援したいという気持ちが大きかったです。もともと家事も僕のほうが得意というのもありましたしね(笑)

結婚して2年くらいして、ちょうどマンションを契約しに行った日に妊娠がわかって、たまたま僕も心機一転、新しい道に進みたかったのでアパレルを辞め、目指していた高級服のクリーニング店へ転職しました」何もかもタイミングだった、と飯島さん。

娘のめぐるちゃんを授かって産休・育休期間は谷島さんも子育てや家事をやっていましたが、その後、時短勤務でサロンへ復帰。そのうち元の通りにフルタイムで働くようになってからは夫の飯島さんに頼りがちに。

飯島さんは自転車で約10分の職場へ週に5~6日通いながら、朝早く起きて、娘さんの食事や洗濯、学校や習い事の送り迎え、学童保育、夕食の準備やお風呂まで一切を担います。

お互いを補完しあう関係が、我が家のありよう

――夫唱婦随(ふしょうふずい)という言葉がありますが、飯島家の場合は、夫婦逆転? 
「最近は僕が男オバサン化していると言うか、もともと僕は性格が細かくて、妻は大ざっぱ。彼女は仕事に対するエネルギーは絶大で、目標も明確。でも家庭のことは二の次(笑)たぶん彼女の性格と僕の性格のバランスがちょうどいい感じに取れているのだと思います。お互いに足りないところを補完しあっているという関係性です。

彼女は何かを引きつける能力があるし、運が強いんですよ。ほぼ何でも、僕が調べて彼女が最終的な決断をするとうまくいくんですよね。もちろんまわりの人たちに支えられている部分も多々ありますが、彼女はお客様の理想を具現化する力を持っていると信じています」と飯島さん。

谷島さんはと言うと「願掛けとして、その年に結婚したらうまくいくはずと信じていました(笑)今は自分にすごく合っている人と結婚できたと思っています」と、持ち前のポジティブさで明るく答えてくれました。

24歳で美容師としての道を切り開き、34歳で結婚。その後、出産して家事と子育てで夫のサポートを得て、とうとう44歳で(!)で独立・開業を果たした谷島さん。
ナニゴトも自分の心の中の声に従って超ポジティブに生きてきたからこそ、ご主人という、最大の理解者が得られたのかもしれません。

家族3人の写真
谷島由美子さん
たまの休日には家族でおでかけも。お弁当づくりは夫の飯島さんの担当。忙しくてほとんど食べられない妻にはおにぎりを持たせる、という愛のひとコマも。

取材・文/山岸敦子
撮影/石田健一、編集部

Salon DATA

店内
店内
to(トゥ)

to(トゥ)

実力派スタイリスト、谷島由美子さんが2016年に恵比寿と代官山の中間地点にオープンしたサロン。前店舗の後輩だった谷本慧さんとアシスタントの吉田美咲さんとの3人でサロンを切り盛り。ご主人のサポートのもと 、今後はオーナーとしてどうサロンを運営していくか、その手腕が試されている。
https://www.facebook.com/pg/tohairsalon/about/

夫の支えで子育て・独立を実現!”持ってる女”『to』谷島由美子さん#1>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

ph1-min-1

この記事をシェアする