“ビューティ・コーディネーター”という仕事 hair lounge BEACHの取り組み #2

“ビューティ・コーディネーター”という仕事 hair lounge BEACHの取り組み #2

サロンを運営していく上で欠かせないことの一つが、“スタイリストとお客様のコミュニケーションをいかにスムーズにしていくか”という課題です。表参道界隈で安定した人気と実績で名をはせるhair lounge BEACH(ヘアーラウンジ ビーチ)では、早くからその重要性に気づき、ビューティ・コーディネーター(BC)という専門職に注目。
サロンをあげてBCをいかに活用して売り上げアップや人材育成につなげるか、取り組んできました。リポート第二弾は実際に“BC”として働く鈴木裕美さんにフォーカスを当てながら、その取り組みをさらに取材しました。

ビューティ・コーディネーターという仕事

ヘアサロンは単にヘアスタイルを変えたり、メンテナンスをする場ではなく、メイクやネイル、スパといった美容のすべてを担う場であること。“トータルビューティ”という言葉が誕生してどのくらい経ったことでしょう。実際に多くの美容室でヘア以外の施術が行われている今、ある意味それは当たり前となった感がありますが、反面、確かな技術を持ったスタッフの育成や人材を確保し、安定したサービスを行うには多くの課題があります。

そんな中、「お客様ひとり一人のトータルビューティをコーディネートし、広くライフスタイルまで含めた提案を行なっていくこと」を目的に、2011年に発足したのが『NPO法人ビューティ・コーディネーター協会』です。従来のスタイリスト中心のサロンづくりではなく、お客様の深い要望を聞き出し、適切なアドバイスを行い、さらにはそこで働くスタッフの心を一つにまとめて、サロンが目指す真のホスピタリティを実現する存在。

そんな立ち位置にいるのが『ビューティ・コーディネーター』という仕事です。

鈴木さん、NOBさん
鈴木裕美さんはビューティ・コーディネーター(BC)として、売り上げの数字を見ながら、どの顧客にどうアプローチするか、スタイリストと二人三脚で取り組んでいる。担当の一人、NOBさんも「BCがいることで、技術に集中することができます」とコメント。
子ども連れで来店もできる「ママ’sタイム」
毎週木曜日には営業時間を1時間半早め、子ども連れで来店もできる「ママ’sタイム」を実施。顧客からも好評だ。

スタイリストとお客様をつなぐ“架け橋”として

協会では『ビューティ・コーディネーター検定』を設け、美容業界で働くために必要な「受付業務、接客(3級)、お客様とスタイリストのマッチング、広報業務、クレーム対応(2級)、係数管理、フロアマネジメント(1級)」など、3級から1級までの検定試験を年2回行っています。(※詳しくは協会ホームページ参照)

BEACHでビューティ・コーディネーター(BC)として活躍する鈴木裕美さんは3級、2級と段階を踏んで受験し、今では1級と准講師資格を取得。表参道という美容の聖地で数少ない専任のBCとして実際に日々サロンで働きながら、東京エリアで幹部を務めるなど、協会の仕事にも従事しています。

サロンではレセプションの仕事はもちろんのこと、若手スタイリストとお客様のマッチングを担当。また顧客を気遣う気持ちから実現したのが、毎週木曜日に実施しているママ’sタイムです。「子育て中のお客様に気兼ねなくサロンへお越しいただくために、営業時間をいつもより1時間半早め、9時半から12時まで優先してご予約をお受けし、未就学のお子さんなど、連れてきやすい時間帯を設けました」(鈴木さん)

鈴木さん

             

BCの活動と接客アイディアを公の場で発表

実際、子ども連れで来店される方は全体の1割程度ですが「子育て中はお子さん第一で、ご自身は後回しだったり、せっかくいらしてものんびりできないお母さんが大半なんです。せめてゆっくりと過ごしいただけるようにカウンターに座って折り紙などをして遊んだり、お子様連れでも来店しやすい工夫をしています」(鈴木さん)

BCを中心にサロンが取り組んだ顧客のためのプロジェクトやアイディアは、各ブロック(地区)で毎年発表の場が設けられ、共有しているというから驚きです。各ブロックで特に優秀な取り組みに対しては、協会が主催する『BEST BEAUTY COORDINATOR OF THE YEAR』への出場資格が与えられ、全国のBC加盟サロンの前で発表することができるのです。

BEACHは今年、関東ブロック大会でのファイナル5サロンにランクイン。10月に舞浜で行われる全国大会への切符は残念ながら逃しましたが「BCの存在はこれまで個に隔たりがちだった美容の仕事を、チームでやるものだと認識させ、輪となって同じ方向へ向かう必要性を示してくれたと思います」とBEACH代表のTOSHIさん。

BCのさらなる可能性について、また次回、別の視点からリポートをお届けします。

関東ブロック大会
関東ブロック大会
サロン随一のBC鈴木さん。先日行われた関東ブロック大会で、店長の松嶋さんとスタイリストのNOBさんとともに、これまで1年間の取り組みを発表。表参道という美容の聖地で、さらにお客様に支持されるサロンを目指して、チーム一丸で取り組んでいる。今後、2017年9月には千葉県柏市に新店をオープン予定。さらなる挑戦が続いている。

取材・文/山岸敦子
撮影/石田健一、編集部

   

Salon DATA

店内
店内

hair lounge BEACH(ヘアーラウンジ ビーチ)

今や伝説のサロンとなった「ヘアーディメンション」で店長を務めていた、TOSHIさんと桜井章生さんが2006年表参道に立ち上げたヘアサロン。
カリスマJr.世代として雑誌を中心に多くのメディアで活躍してきた二人のヘアデザインとおもてなしの心は確実に後輩スタイリストへと引き継がれている。TOSHIさんはJBCA(日本ビューティ・コーディネーター協会)の東京エリア委員長を務めるなど、BCの発展に力を注いでいる。

http://www.beach-glc.jp/beach/

JBCA(日本ビューティ・コーディネーター協会)
http://jbca.jp/index.php

“ビューティ・コーディネーター”が変える! hair lounge BEACHの取り組み #1>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

“ビューティ・コーディネーター”という仕事 hair lounge BEACHの取り組み #2

この記事をシェアする