美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2017-11-07

夢を追うのではなく目標をクリアした先に確固たる技術が築ける『Tizu nail』

渋谷で2016年12月にオープンした『Tizu nail』。経営をするのは井筒貴子さん。長く第一線を走り続け、世界規模のコンテストを5度制覇され、普段のサロンワークはもちろん、スクールの運営など、業界をけん引されてきました。井筒さんの経歴や、長く一線で活躍されるモチベーションコンテストに出るようになったきっかけなどを伺いました。

ネイル

技術を磨き、お客さまに喜ばれることに夢中だった下積み時代

――ネイリストになったきっかけを教えてください。
「東京に上京したとき、まずスタイリストの学校に入りました。服を勉強したのは楽しかったのですが、仕事にしてみるとちょっと違うかなという思いが芽生えてきたんです。それで、その学校のなかに絵の専攻があったので、もう一度入りなおして勉強していました。絵を描くことの楽しさに目覚めたんですね。その後、私自身はネイルにそこまで興味がなかったのですが、友達からネイルアートの存在を教えられて、仕事として成り立つのではないかと思ったんです。ネイルスクールに通って技術を習得しました」

――スクールを驚異のスピードで卒業されたとお聞きしましたが。
「そうですね。3ヵ月で技術を習得することができました。上京してから自分の道を見つけるのに、少し時間がかかったこともあって、早く働きたいという思いが強かったんですね。なので昼も夜もスクールに通っていました」

――ネイルを学んですぐに、ご自分にあっていると感じられましたか?
「はい。スクールに入る前は、どんなものかわからなかったのですが、学んでいるうちに自分にあっているとわかりました。その頃はまだジェルネイルがない時代だったのですが、アートだけでなくネイルケアやスカルプチャーなど、夢中で学びました。早くお客さまに施術したい、一人前のネイリストになりたいという気持ちになっていたんです」

店内

ひとつひとつ技術を身につけていくことで登りつめた、世界の高み

――世界ネイルコンテストでの5度の優勝をはじめ、数々の賞を受賞されていますが、コンテストに出だしたのは、ネイリストの経験をかなり積んでからだったのでしょうか?
「ネイリストになってからすぐ出るようになりましたね。スクールに通っていたときから、講師の方からコンテストがあるから出てみたら、と声をかけていただいて。どんなものかはまったくわかっていなかったのですが、まず出るところから始めてみようと。最初に出たときは結果を出すまでは至らなかったのですが、ネイリストというのは技術職になるので、技術を極めたいという気持ちが生まれ、ネイルに対する面白みも見つけました。それが、また挑戦しようという気持ちを呼び起こし、毎年出場するようになりました。私のなかでは目標という形でコンテストがあって、今回はここまでできたから来年はここまでやりたいという目標を作っていくことで、ここまでくることができたと思っています」

――コンテストに出るときのモチベーションは、優勝したいという気持ちが強いのでしょうか?
「それが優勝をモチベーションにしたことはないんです。技術者、ネイリストとして認められたいという思いからコンテストに挑戦していたこともあったので。あとは、回数を重ねるごとに、参加する意義が変わってきているのは感じます。今までは自分の技術を試す気持ちが大きかったのですが、育てた後輩たちが増えてきて、一緒にコンテストに出ている人が私の背中を見て自分もがんばろうと震いたってくれたり、私と一緒に表彰台に上ることを目標にがんばってくれている人のために出ているという感覚が強くなってきましたね」

――今はスクールにも力を入れていて、教え子の方がコンテストで優勝することもあるそうですね。
「はい、スクールにも多くの方に通っていただき、成果が出てきています。マンツーマンのレッスンも人気ですね。地方などに住んでいる方や、海外からお越しいただく方など、長く通うことはできない方に好評をいただいています。コンテスト対策など、個人の方のレベルや空いた時間に合わせてお教えすることができます。私も同じネイリストの方がわざわざ通ってきてくださるので、惜しみなく今まで自分が習得した技術をお伝えしています」

井筒さん

――第一線で長く活躍されていますが、その原動力はなんでしょうか?
「一番はこの仕事が好き、ということですね。施術をしたお客さまに喜んでいただけたり、満足いただけたときに、本当にやりがいを感じます。技術というのは、今日と明日ではそこまで変化がわかりませんが、長い目で見ると自分ができるようになったことが一目瞭然でわかるんです。努力を裏切らないところが好きですね」

――最後にネイリストを目指す方に、メッセージをお願いします。
「スクールを卒業すると、就職せずにネイルの道を諦めてしまったり、職業としてなかなかつながらないという話しをよく耳にします。だから大きな夢を漠然と追うのではなく、小さい目標をクリアしながら進むことが大事だと思いますね。実は私も、夢というのを持ったことはないんです。目標をクリアしていった先に、今の自分があります。検定で合格するとか、先月は指名が3本だったから今月は5本にするとか、次にお客さまが来店するまでに必ず10本きれいに保てているようになろうとか。そういったことを達成することが喜びや、サロンワークのやりがいにつながっていくと思うので。お客さまにやったことは、自分に返ってくるので、目標を持って日々それをクリアしていくことが大切だと思います」

360°で気になるサロン店内をチェック!

   

Salon Data

店内

Tizu nail

住所:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-12-10 シダックスカルチャービレッジ2F
TEL:03-6712-7585
http://tizunail.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事