スタッフの個性を活かすために『SARAJU 梅田茶屋町店』

スタッフの個性を活かすために『SARAJU 梅田茶屋町店』

兵庫・大阪にヘアサロンを6店舗、アイラッシュ&ネイルサロンを4店舗展開し、多様なスタッフを抱えるSARAJUグループ。後編では個人に合わせた様々な制度について、引き続き『SARAJU 梅田茶屋町店』店長兼クリエイティブディレクターの佐分利 卓也(さぶり たくや)さんに伺います。

店舗を越えたチーム単位で自主的な活動を

SARAJU 梅田茶屋町店

――社内コミュニケーションが非常に活発なそうですが、どういった取り組みをされているのでしょうか?
「当社では各スタッフが店舗をまたいだチームを作ります。オーナーの岩崎から各チームに指示が出ることもありますが、それとは並行して技術・接客に関する教育からイベント関係の活動などを自主的に行うのです。例えばチーム単位で、お世話になっているディーラー・メーカーさんと協力してイベント企画を作ったり、社内広報誌の作成もしたり。そうした意見は幹部会で検討され、会社を盛り上げることに繋がってきます。社員旅行もその一環ですね。基本的には自由参加で家族持ちのスタッフにも配慮しているのですが、行先はスタッフへのアンケートをもとに決定し、海外から北海道など毎年様々です」

――旅行先では研修や講習会なども行うのですか?
「100%遊びの慰安旅行ですね(笑)。ただ全店からスタッフが集まり、社内コニュニケーションを育む良い機会なので、チームに分かれてゲームをしたりとしっかり有効活用はしますよ」

個性を活かしながら求める人材を育成

佐分利さん

――スタッフの教育制度について教えていただけますでしょうか?
「基本的には週2回、平日と土曜日にアシスタントとスタイリストの合同レッスンを行います。会社として、技術・接客・人間性・営業から成る基本カリキュラムがあります。これを各店舗が、自分達の求める人材に特化したカリキュラムにカスタマイズ。その上で、個人へのバランス調整を行います。例えば“カットの技術は高いが接客は苦手”なスタッフは、技術カリキュラムの項目を一旦減らして接客の勉強を増やす、といった感じですね」

――成長の判断基準などは設定されているのでしょうか?
「接客で言えばどれだけ指名をいただいているか、営業においてはSNSの更新や撮影ができているか、などになります。ただ、決してプレッシャーを与えたいわけではないので、個人が得意な分野で勝負してくれればいいと考えています。営業の分野であれば、頻繁にSNSを更新するよりも手間のかかる手書きのDMを送る、なんてことが得意なスタッフもいます。今の時代、そういったアナログな手段の方が、お客様の心をつかむかもしれない。自分の持ち味を生かして活躍してほしい。義務のように“やらされている”と感じては欲しくないんです」

SARAJU 梅田茶屋町店

――スタイリストになるまでの道のりは決まっているのでしょうか?
「決まった期間があるわけではないのですが、スタイリストになるための目標、ゴールはあります。まず当社カリキュラムでは、入社1年後から“自己集客”という段階に入ります。この段階に進むと、自分で集客したお客様のみ、割引料金でカットすることが出来るようになります。事故集客である程度の結果を出し、人間性・技術力などが共に育っていると判断され、なおかつ周囲からも応援されているスタッフはスタイリストとしてデビューすることが出来ます。この時に大事なのが、自店舗の店長だけでなく、スタッフや他店の店長からも応援されているかどうかです。スタッフから信頼される人物でなければ、お客様からの信頼を得ることも難しい。良好な人間関係を保てることも、とても大切な能力なんです」

時代に合わせて独立支援制度を整備

――独立を支援する制度もあるそうですが?
「僕自身はこのままここで勝負していこうと考えていて、現在働いてくれているスタッフにも、そこまで独立志向の高い子はあまりいませんね。会社としても以前は通常の独立支援制度があったのですが、今は独立すること自体が難しい時代なので、時代に合わせて支援の形を少しずつ変えていっています。例えば銀行の代わりに融資を行ったり、屋号を貸し出したり、FC展開として新店舗を出してあげるなど。スタッフが求める様々な手助けに対応できる準備はしています」

佐分利さん

――ちなみに梅田店ではどんなスタッフを求めているのですか?
「やはり茶屋町にある当店は、住宅地と比べると店舗が“早い”んですよね。だからやっぱり元気な子(笑)。とはいえ結果を出すスタッフの全てが元気いっぱい、というわけでもありません。マメなことが出来るスタッフはお客様に対してリピート前提の提案をするのが得意だったり。そういった子たちって実は芯が強くて、しっかりコツコツ努力を続けることが出来る。やはり1人1人の持ち味を活かしていくことが大切ですね」

――最後に美容師を目指す方へのメッセージをお願いします。
「美容師は片手間で出来る仕事ではありません。多忙な中でも様々な仕事に携わる必要があるので、中途半端に感じることもあります。ただそれは裏を返すと、常に3の機会があるということですよね。まだまだ面白いことがある、まだまだ成長できると、美容師歴14年目を迎えた今、強く実感しています。自分の人生に“美容師であるということ”をがっつり組み込んでほしいですね」

SARAJU 梅田茶屋町店

Salon Data

SARAJU 梅田茶屋町店

SARAJU 梅田茶屋町店

住所:大阪府大阪市北区茶屋町8番27号1〜2F
TEL:06-6372-3866
http://www.saraju.com/

Instagram:saraju_hair

お客様と共に作る店舗とサービス『SARAJU 梅田茶屋町店』>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

スタッフの個性を活かすために『SARAJU 梅田茶屋町店』

この記事をシェアする