知っているだけで安心◎『LINE』の有効な使い方教えます!

知っているだけで安心◎『LINE』の有効な使い方教えます!

告知やサービスの宣伝、集客などにSNSサービスを活用しているサロンも増えていると思いますが、中でも若い世代から圧倒的な支持を得ている「LINE」を活用しているというところも多いでしょう。
わたしたちの日常生活の中にもすっかり馴染んでいる「LINE」は、メッセージのやり取りや通話、写真の共有などを無料で行なうことができます。有効的な使い方をフル活用して集客ツールとして活用しましょう!

登録時の設定には注意する

誰とでも気軽につながることができる「LINE」は、便利な一方で個人個人情報漏えいやプライバシーに関するトラブルも心配されます。基本的にLINEに登録をすれば、携帯やスマホなどの端末の電話帳に入っている人へLINEに登録した通知が自動配信されます。LINEアカウントを知らせたくない相手にも通知が配信されることになるので、LINEに登録をする時に「アドレス帳を送信しない」を選択する必要があります。
他にも「IDの検索を許可する」「友だちへの追加を許可」「友だち自動追加」などお機能もオフにしておけば、いつの間にか知らない相手の友だちに追加されることを防ぐことができます。LINEが便利な一方で、出会い系サイトやアプリなどでの被害もたくさん報告されていますので、登録時の設定で不要なトラブルに巻き込まれないように注意しましょう。

タイムライン・ホーム投稿でサロンをアピール!

LINE

LINEでは特定のユーザー同士でやり取りができる他に、タイムライン・ホームへメッセージを投稿して、不特定多数の人に向けて情報を配信することもできます。友だち登録をしていない人にも投稿を見てもらうことができるので、サロンの新着情報やお得なキャンペーン情報、おすすめのメニューなどをアピールすれば集客効果を期待することができます。
ブログなどの日記的な使い方をすることもできるので、日々の出来事やスタッフの紹介など何気ない投稿もすると、ユーザーに「このサロンに行ってみたい!」と親近感を持ってもらうこともできます。タイムライン・ホーム投稿には回数制限がありませんので、気軽につながることができるLINEならではの特徴を活かして、より多くの人にサロンをアピールしていきましょう!

一括送信を使って有益な情報配信をする

LINE

LINEでじゃ友だち登録をしている人に、同じ内容のメッセージを一度に配信することができる機能も付いています。メールでいうところの「CC」や「BCC」と似ている機能で、サロンからのお知らせやお得なキャンペーン情報、期間限定のサービス、クーポンの配信など、有益は情報配信に活用することができます
友だち登録をしているユーザーに同じ内容のメッセージを一度に配信しても、受け取ったユーザーには他のユーザーの人のLINEアカウントが知られることはありませんので、安心して配信できます。
ただし、一括送信には毎月1000通までの制限があり、超える場合には所定の料金を支払うことになります。配信するメッセージの数は、「メッセージ数×友だち追加人数」になるため、配信するユーザー数が例えば200人いる場合だと、一月あたり5通までの一括送信ができることになります。

お客様との「1:1トーク」で予約もスムーズに

LINE

LINEでは友だち登録をしているユーザーと「1:1トーク」機能を使って、リアルタイムな会話をすることもできます。トークに回数制限はありませんので、予約やキャンセルの受け付け、空きが出た場合のお知らせなどもスムーズに行なうことができます。
また、お客様と1:1で会話をすることでコミュニケーションを深めることもできますし、よりきめ細やかなサービスで新規やリピーターのお客様を増やしていくことも可能ですので、アイデア次第でさまざまな使い方をすることができる便利な機能です。

文/sapuri

この記事が気に入ったら
いいね!してね

知っているだけで安心◎『LINE』の有効な使い方教えます!

この記事をシェアする