美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2018-03-06

プロ意識から生まれるクリエイティブな活動『Oto』

枚方駅から徒歩5分ほどの距離に2017年7月にオープンした『Oto』。オープン当初から人気を博するこのお店には、あらゆるサービスをハイクオリティに保つ、オーナースタイリスト吉田雄人さんの考えが染みついています。

Oto

些細なことへのプロ意識なしに、さらなる成長はありえない

――サービスや施術へのこだわりをお教えいただけますでしょうか?
「やっぱり“ちゃんとする”ことですかね。しっかり色について理解して、お客様に向き合って似合わせもきちんと考える。そういった一つ一つのレベルを高い水準に保つことを意識する。お客様にもご予定があることですし、施術時間を守ることも大切です。施術時間を守ることによって、お店としても就業時間をきっちりすることが出来ますし、クリエイションの為の時間を確保することも出来る。こうした積み重ねはお店の停滞や低迷を避け、よりよい技術・サービスを提供する為に最低限必要なことです。全てがお店のクオリティやスタッフの技術向上に繋がってくることを理解して、ちゃんとしなければいけません」

楽しすぎるクリエイションも根本は技術の向上のために

Oto

――クリエイションにも力を入れられているそうですね。
「クリエイションが好きなんです(笑)。初めはスタイリストとしての技術向上のために始めたのですが、ここまでおもしろいものがあったなんて!と感動しました。それまではバンド活動をしていたので、音楽より面白いものがあるなんて思っていなかったのですが」

――どれくらいの頻度でクリエイションの為の時間をとっているのでしょうか?
「月5、6回ほどのペースで、スタイルの発信が中心です。集客なのかコンテストなのかによって作成するものも変わってきますが、やっぱり根本は自分が上手くなるためですね。僕はカメラ病なので、撮影も自分でやります(笑)。最近は他所の美容室からの依頼で撮影を担当することも増えてきましたね。やはり今の時代は情報を発信していかないといけませんから、インスタも独立してようやくツールとして活用し始めましたね。なんだかんだ言って好きなのでメイクの勉強もしているし、どんどんクリエイティブな時間を確保して、いい作品を作っていきたいです」

Oto

――今後の展望などについて教えていただけますでしょうか?
「4月には男の子と女の子が一人ずつ入社してくれる予定で、5名体制になります。人がいないことには何もすることが出来ないので、とにかくいい人であればどんどん入ってきてほしいし、人事に関しては先行投資と考えるようにしています。将来的にはお店も大きくしていきたいのですが、多店舗展開の方がいいのか、それとも一店舗のままお店自体を大きくしていたほうが良いのかは、その時代を見据えて進んでいきたいですね。オーナーとしてその環境を作っていくのは僕ですから」

Oto

――これから美容師を目指す人にメッセージをお願い致します。
「美容師という仕事は、はじめは大変なことが多いですが、スタイリストになれるまで続けることができれば、楽しいことがどんどん増えてくる。ただ、さわりの部分でやめてしまう人が本当に多くて。やればやっただけ、努力がしっかり返ってくる業界だと思うので出来るだけ頑張って続けてほしいですね」

Oto

Salon Data

Oto

Oto

大阪府枚方市大垣内町2-8-10-5F 072-843-8212
https://www.oto-hair.jp/
Instagram:yoshida_yuto_

美容師として積み上げてきたものを大切に『Oto』>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事