美容業界の応援メディア
コラム・特集 2018-05-11

仕事のチャンスに強くなる! 成功している人の生活習慣

「いつかは自分も成功したい!」とただ漠然と思っていても、何が「成功」は人によって違ってくるものです。サロンで出世する、独立してお店を持つ、有名なカリスマアーティストになる……など、仕事で地位や名声を得ることを成功だと感じる人もいれば、高級車や豪邸を所有して優雅な暮らしをすることを成功だと感じる人もいます。人にはそれぞれ価値観があるのですから、「成功」の定義というものは存在しないかもしれません。
ただ、仕事で成功している人たちには、いくつかの共通している生活習慣があるようです。「成功」したい方は、ぜひ日々の生活に取り入れてみてくださいね。

早起きをして朝の光をあびる

生活習慣

成功している人の中に、お昼ごろまで寝ているという人はほとんどいないはずです。

早く起きて朝の光をあびることから始まり、仕事前に軽くジョギングをしたり新聞を読んだり、いま話題になっていることの情報収集をしたりと、一日のスタートである朝の時間を仕事以外の有意義なことに使います。

朝の光を全身にたっぷりとあびることで体が目を覚まし、お仕事に対しても意欲的になることができるため、成功へのチャンスが訪れた時にも的確な判断ができるようになるのです。早起きをして朝の光を浴びながら瞑想し、メンタルを安定させてから仕事にとりかかることも、成功している多くの人に見られる共通点といえます。

一日のスケジュール管理ができている

生活や仕事の中で毎日の日課にしていることをしっかりこなすことができていれば、予定外の相談を受けた場合でも無理な対応になってしまわないか瞬時に判断することができます。一日でやるべきことのスケジュール管理ができていれば、時間を無駄にすることなく仕事も順調にこなしていくことができるのです。

効率よく時間を使っていくことで質の高い仕事をすることができ、周りからの評価も上がり仕事で成功するためのチャンスをつかむことができます。一日のスケジュール管理ができていれば、自分にとって本当に必要なもの必要でないものを振り分けるための余裕が生まれ、人よりも少ない時間で多くのことをこなすことができるようになります。

とにかくポジティブ思考

成功している人はとにかくポジティブです。失敗をしてもクヨクヨといつまでも落ち込むことはせず、なぜ失敗したのかを客観的に捉えながら、成功するために自分に足りないものを考えます。誰かの批判をすることもありませんし、誰かと自分を比較することもしません。不平不満を口にすることもせず、ネガティブなことにエネルギーを使うこともしません。

明るく誰にでも平等に接することができ、キラキラと輝く瞳、全身から溢れるイキイキとしたオーラを放つそんなポジティブ思考な人が、成功により近づくことができるといえます。

一人の時間を孤独だと感じずに楽しむ

生活習慣

人は一人でいると孤独感を感じずにはいられないものですが、成功している人は一人だけの時間だからこそできることを大切にし、楽しむことを忘れないという人が多いのです。

常に発想の転換を意識することなく行なえる成功している人たちは、不安なことが起こったり自信を喪失するような出来事に遭遇しても、ネガティブな感情を自分の中で上手く消化しながらポジティブな発想に転換しているのです。起こってしまったことは仕方がないこと、過去に戻ってやり直すことは不可能なので、現実を受け止めて二度と同じ失敗をくり返さないように対策をたてることに時間を費やします。

また、自分なりのストレス解消法をいうものを持っている成功している人たちは、一人の時間こそが最良の友とさえ思っているのです。

運動を日課にしている

成功している人たちの多くは、どんなに忙しい毎日でも時間を作り運動を欠かすことがありません。ジョギングをしたりジムに通ったり、運動を日課にすることで心身ともにリフレッシュさせ、新たな閃きや発想ができる状態に整えています。

また、心も体もタフでなければ成功へと自分を近づけることはできませんので、運動を続けることで精神的にも肉体的も鍛えて、やがて訪れる仕事でのチャンスにも強くなれる、たくましい自分を作り上げているのです。

できる限りたくさんの本を読む

生活習慣

成功している人たちは時間の使い方が上手いため、少しの空き時間でも自分のために有効的に使います。

多くの成功している人たちはたくさんの本を読み、そこから得られるヒントやインスピレーション、さまざまな情報を自分自身の財産へと変えていきます。本をたくさん読むことで感性や想像力が磨かれていき、今までにない閃きへと繋げることもできます。このような生活習慣を取り入れることで、成功を掴みとりましょう。

文/sapuri

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事