心に変化をもたらす 美容のチカラを信じて

心に変化をもたらす 美容のチカラを信じて

カットだけではなく、パーマやカラーはもちろんのこと。ヘッドスパ、ネイル、エステ、ヘアメークまで、トータルビューティなサービスを訪問美容で行うと話題の『と和』。代表でチーフディレクターである、小池由貴子さんに、訪問美容を目指されたきっかけや、お仕事やりがいについて伺いました。

美容院に行けない人たち気持ちが分かる美容師に

小池さん

――訪問美容を始められたきっかけは何でしょうか。
きっかけは祖母です。小さい頃、祖母は原因不明の脱毛症で、ほとんど髪がなくかつらをかぶっていました。そんな姿を見せたくないと自分で髪を切っていたんですね。“孫の誰かが美容師になってくれたら髪を切ってもらえるのに”というのが口癖で、その思いを受け継ぐ形で美容師になろうと心に決めたのです。わたしが美容学校に通うため東京へ行く直前のことでした。祖母がかつらを取って、“こうやって美容院に行きたくてもいけない人がいる。そんな人の気持ちが分かる美容師になってね”と涙を流しました。そのとき、いつか祖母の気持ちを形にしようと心に誓ったんです

――美容師になられて大手チェーンにお勤めとのことですが、そこから『と和』をスタートさせるまでについてお話しください。
大手チェーンで12年働きました。店長に昇格したのですが、たくさんの方々から指名をいただくうち、気がつくとカットは数分、シャンプーやカラーはアシスタントが行うようになります。お客様ひとりひとりと向き合うことを大切にするという、本来の目的から離れていったと思います。いつしか数をこなすような仕事になり、ダメだと気づいていながら、雇われている店長の立場では、売上げ至上主義で、どうすることもできませんでした

――その状況から、どのようにシフトチェンジされたのでしょうか。
28歳のときに骨巨細胞種という骨に腫瘍が出来る病気になりました。ひざの骨盤移植手術をしたんです。半年間、車いすの生活です。思うように動けないジレンマでイライラして、気分もナーバスになりました。そのとき、後輩が遊びに来てくれてヘアカットしてくれたんです。それがきっかけで晴れやかで、前向きな気持ちになれたんです。前髪を5センチ切っただけなのに。そのとき、これが美容のチカラなんだと。心に変化をもたらすことができるステキなチカラだと感じました。そして、私のように美容院に行きたくてもいけない人にこそ、上質な美容サービスが必要なのだと思い、本格的に訪問美容を事業としてやっていこうと心が決まったのです

小池さん

美容の技術と介護の知識そしてコミュニケーション

小池さん

――具体的には、どんなサービスを行っていますか。
ヘアはカット、パーマ、カラーほかトリートメント、ヘッドスパなどです。ケアとしてエステやヘアメイク、ネイル、着付けも行います。お客様がトータルで美しくなれるメニューをご用意しています。女性スタッフのみで10年以上のキャリアがあります。全員、美容師の資格だけではなく、介護福祉士など介護系の有資格者で安心できるという評価をいただいております

――営業時間などシステムを教えてください。
土日祝日にかかわらず、いつでもご予約が可能です。出張料や交通費などもいただいておりません。一畳ほどのスペースがあれば施術可能で、車いすでもベットでもサービスを受けていただけます。さらにベットでも可能なシャンプー台もご用意しています。タオルやシートにいたるまで持ち込みますので、お客様のご負担になるようなことはありません

――開業当初のご苦労はありましたか。
店の運営についてはスキルがあったので、自信を持っていたのですが……請求書など事務的な作業から、広告や営業など分からないことばかりでした。当初は経営について悩んでいましたね。ポストティングをして回ったり、介護などの施設や病院に営業の電話をしたりと試行錯誤の日々でした。仕事をいただいても訪問するお宅は美容室とは勝手が違います

――数多く失敗もあったということですが、軌道に乗るきっかけは何だったのでしょうか。
私には、“美容室のクオリティーをご自宅で”という強い思いがありました。しかし、お客様の中には呼吸器をつけている方、点滴をされている方など様々です。お体がご不自由な方に対して、どのように接すればいいか悩みました。そして介護への理解を深めるためにホームヘルパー2級の資格を習得したのです。1年2年と施術を行うなかで、美容の技術、介護の知識はもちろんですが、コミュニケーションの重要性に気づきました。この3つを大切に実践していくことで、軌道にのるようになったと思います

小池さん

Profile

小池さん

小池 由貴子(こいけ ゆきこ)

「訪問美容 と和」 「コミュニティサロン と和」代表・チーフディレクター、株式会社社会起業家パートナーズ 取締役。山野美容専門学校卒。大手美容室チュー-ンで12年勤務。2011年7月「訪問美容 と和」設立。2014年2月「コミュニティサロン と和」を豊島区巣鴨にオープン。美容師の復職をサポート、新しい働き方を作る新規事業の展開、年齢、障害にかかわらず誰でも美容施術が受けられる、コミュニティサロンの全国展開が目標。
コミュニティサロン と和http://houmonbiyoutowasalon.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

心に変化をもたらす 美容のチカラを信じて

この記事をシェアする