学び・キャリア 2018-04-12

6年間で退職者ゼロ!管理をしなくても意欲や売上を引き出せる秘密とは『THE DERBY』

by 

新宿にあるデザインサロン『THE DERBY』。代表の荻堂譲二さんが仲間と立ち上げ、オープンから6年で人気のサロンとなりました。一度も退職者を出しておらず、経営的にも安定しているのはなぜなのでしょうか。後編ではその秘密を、代表の荻堂譲二さんに伺いました。

荻堂さん

育休期間も自分で決められる!充実の待遇

――オープンから6年目で一度も退職者を出していないと伺いました。どんな工夫をされているんでしょうか?
「退職する理由ってだいたい決まっていると思うんですね。給与面だったり、勤務時間のことだったり。それで言うと、給与面は委託業務と同じくらいの水準ですし、集客面でも大手にいるときと同じ水準で新しいお客さまが来る状態を保てています。産休や育休、長期休暇も取れますし、それも何日と決めているわけではなく、相談で決めています。ちょうど今月から女性スタッフが産休に入るのですが、期間は“休みたいときから復帰したいときまで”という形です。あとは土日に休みたい、子どもの行事に参加したいという要望にも、融通を利かせるようにしています。僕が以前勤めていたときの先輩や後輩が、独立するまでとか次のお店に就職するまでに、ここで1ヵ月くらい働いたりすることがあるのですが、この自由な状況を知ると、みんな抜けたくないと言ってくれるくらいです(笑)」

――そのような自由な出勤のスタイルにして、経営的にはうまくいくんでしょうか…?
「最初からできていたわけではなくて、徐々にという感じですね。最初の1年ぐらいはお客さまがどれくらい動くかわからなかったので、スタッフふたりで経営していました。そのあと、またふたりのスタッフを呼んで4名体制になり、そのスタッフが連れてきてくれたお客さまと新規のお客さまが少しずつ動き始めました。その頃から段々そういった制度ができるようになってきたという感じです」

――現在もスタッフを募集されているそうですが、求めるのはどんな人物像ですか?
「今って、会社の待遇がどれくらいかというのは調べればいくらでも出てくるじゃないですか。そのなかで今後の展開っていうのが、なんとなくわかると思うんですね。これぐらいの地位にいけば、これぐらいもらえるというような。それがうちのお店ではもうちょっと、上の水準でいけるんじゃないかと感じてもらえると思うんです。想像すればするほどふくらんでいくようなお店であることは間違いないので、ここで自分が楽しめそうだと想像できる方にきてほしいですね。たとえばアシスタントの給料を増やしてあげたいと思ったときに、カットモデルをたくさん増やしていたら、そこから数%をお給料に上乗せしているんです。自分で増やしていくことを想像できるようなサロンだと思います」

THE DERBY

目標は人から課されるのではなく、自分に課すだけ

――スタッフの方の売上目標などは立てていますか?
「みんな、自分で目標を立ててるんですよ。僕は自分で『今月こんなことをやりたい。あとこれくらいのお客さまをやるから』ってみんなの前で宣言するんです。それで達成できないと、ここが良くなかったかなと発言するところを見ているとスタッフも自発的になっていくんですよね。意欲を引き出そうとすると苦しいと思うんですよね。引き出されるほうも引き出す方も(笑)。1人ひとりが楽しくやっていると、自然とそうなっていくのかなっていういうビジョンがあるし、僕がやっていると身近な人はこれくらいやれるんだなって思うと思うんです」

――荻堂さんとお話していると、お店を大きくしたいとか、経営をきちんと成り立たせたいというようなお話しがまったく出てきませんが、サロン経営するうえで大切にしていることは、どんなことでしょうか?
「スタッフというより、お客さまが気軽に立ち寄れる場所を作りたいという思いが強いですね。髪を切りに来るわけじゃなくても、買い物のついでに来てここでコーヒーを飲んで話したり。そういう場所を作れたことがうれしいです。美容室って髪を切るために来て、お客さまに美容の話をして、というイメージがあると思いますが、スタッフとお客さまとの会話を聞いていると、美容の話しをしているという感じじゃないんです。もちろんスタイルの話はするんですが、信頼されていて、そこから先があるという感じ。今の世のなかってうまくやろうとがんばることが多すぎる気がするんですが、自分たちが楽しんでいてお客さまに信頼されていれば自然にうまくいくのかなと。うちのスタッフには顔色が悪いとか手が荒れている人とか全然いないんですよ。楽しめているからかなと思ってますし、そういうことがお客さまにも伝わっていると思っています」

荻堂さん

――最後に、ここで働いてみたいと思った方にメッセージをお願いします。
「直接見に来ていただくと、写真で見るより多くのことがわかるのかなと。どんな人がいて、スタッフの身なりなど見ていただくと、安定したお店だとわかっていただけると思うので、興味もっていただけたら、ぜひ一度遊びにきてください」

   

Salon Data

THE DERBY

THE DERBY

住所:東京都新宿区新宿4-2-7 中山ビル2F
TEL:03-5363-4041
http://thederbytokyo.com/

気軽に立ち寄れる雰囲気と技術力が共存したデザインサロン『THE DERBY』>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事