美容師アンケート

【美容師にアンケート!】美容師の『やりがい』『苦労』とは?

おしゃれ、楽しそう、など、華やかなイメージが先行する美容師。実際は下積み期間が長く、独り立ち後も技術を磨き続けなければならない過酷な職業です。しかし、美容師を志す人は多く、美容室の数も増える一方! その理由は美容師という仕事に「魅力」や「やりがい」があるからではないでしょうか。
この記事では、美容師さんに「美容師のやりがい」と「美容師の苦労」についてアンケートを実施。スタイリスト、オーナーなど、立場の違う方々のコメントをまとめました。

美容師の魅力、やりがいは「お客様に感謝されること」

美容師アンケート

「美容師のやりがい」について最も多かった回答が、「お客様から直接感謝される」「自分の技術を喜んでもらえる」という意見です。美容師にとって、お客様に感謝と笑顔を向けられる瞬間は、今までの苦労や疲れを忘れられる至福のとき。次の来店に繋がったときは、更なるモチベーションにも繋がるようです。また、オーナーの意見では、お店の施術やスタッフを褒められたことが挙げられています。

スタイリストのやりがい
・今までで一番上手ですよって言われたときは嬉しかった (T.Hさん・男性・41歳)
・「いないと困る」と言っていただけたとき。お客様の人生の一部に関われていると実感できて嬉しいです (Sさん)
・予約が取れずに他店に行ったけど「他の人じゃだめでした」と帰ってきてくれた (T.Aさん 男性 31歳)
・他店で失敗したお客様のお直しをして、そのお客様が常連さんになったとき (H.Yさん)
・お客様のコンプレックスを抱いているところにアプローチできること。喜んでいることを実感しやすい (Y.Sさん・男性・29歳)
・イメージチェンジを任せてくれたとき。信頼を感じて嬉しい(Nさん・女性・43歳)
・シャンプーがやりがいです。美容院の施術の中でお客様が一番リラックスできる時間なので、非日常的な雰囲気の中で気持ちよく感じていただけるように心がけています (T.Wさん・女性・36歳)

オーナーのやりがい
・他店では対応できない悩みを抱えたお客様が、うちのお店の施術に感動してくれた (Oさん・男性・42歳)
・スタッフが成長している様子を見ることができたとき (H.Kさん・男性・36歳)
・スタッフがお客様から評価されたとき (Y.Oさん・男性・37歳)
・お客様の人生の分岐点に立ち会えることがやりがい。お客様同士の結婚式へ参加した時は感動しました (Y.Sさん・男性・33歳)

「苦労を感じない」と答えた美容師が大多数!

やりがいがある反面、苦労も多いというイメージがある美容師の仕事。ですが、アンケートの回答を見ると、美容師の仕事について「苦労を感じない」と答えた人が全体の90%に! ほとんどの美容師が「やりがいはあるが苦労はない」と回答しました。その中でも悩みや苦労がある、という少数派の意見がこちら。

就職応援フェア

スタイリストの苦労
・教育。人の成長の過程に答えがなくて難しい (Y.Sさん・男性・33歳)
・後輩の指導。僕がストレスを買い物で発散していた経験があるので、スタッフがストレスを溜め込まないように怒るのではなく諭すようにしている (Y.Sさん・男性・29歳)
・花粉の季節の外掃除 (Nさん・女性・43歳)

オーナーの苦労
・スタッフに注意するとき (T.Hさん・男性・41歳)
・税金をたくさん払うとき(笑) (Oさん・男性・42歳)
・数字の管理のためのPC入力、情報処理や日報などが負担 (Y.Oさん・男性・37歳)

いかがでしたか?どの職業にも、やりがいと苦労はありますが、自分の技術を提供する美容師ならではのやりがいや喜び、人間関係の難しさについて聞くことができましたね。これから美容師を目指す方はぜひ参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

美容師アンケート

この記事をシェアする