柴田さん

柴田祐美子 interview #1:転職して美容の世界へ!個性と向き合うメイクレッスンとは

福岡市・天神の中心地でマンションの一室をサロンとして構える「スリーグラフィティ」。マンツーマンで骨格分析とメイクレッスンを受けることができ、福岡、全国の自分自身の個性と向き合い、自分の力で美しくなりたいと願う女性にとって駆け込み寺とも言える存在です。そのサロンオーナーでメイクレッスン講師である柴田祐美子さん。今回は異業種から転職し、現在のお仕事をされるまでの経緯について伺いました。

異業種から念願のメイクの仕事へ

THREE GRAFFITI

――メイクレッスンサロンを開かれた経緯を教えてください。
「以前は広島県の求人広告代理店に勤めていました。そこを3年半ほど勤めていた時、よりお客様の悩みに寄り添って、その場で解決できる仕事がやりたいと思い、昔から好きだったメイクを仕事にしたいと探して、東京のメイクレッスン講師を育てるスクールに通い、東京のメイクレッスン専門のお店に就職しました。その後、そのお店を独立して、幼い時から親しみのあった福岡で自分のサロンを持ちました。福岡は故郷と近いというものありますが、女性の人口が多いのでメイクレッスンを広げるのに適任の地だと思い、この場所で開業することを決心しました」
「メイクをやりたいと思ったのは自身の経験がきっかけです。実は大学生のころ、まったく学校に行かなくなった時期があって、休んで暴飲暴食や夜更かしなど不規則な生活ばかりしていたんです。そんな中どうしても学校に行かないといけない日があって、久々に友達にあったときに何て言われるだろう…と不安だったんです。そこでじっくり時間をかけてメイクをして準備をしたら、すごく自信が出て、外出するのが楽しくなりました。その時にメイクをすることで人の気持ちだけでなく、性格も前向きにすることができるんだと実感して、メイクをいつか仕事にしたいと思っていました」

その日だけでなく毎日が楽しくあるべき

柴田さん

――メイクの仕事といえども、ヘアメイクや美容部員など幅広く仕事がありますが、どうしてメイクレッスン講師を選ばれたのですか?
「お客様の悩みや気持ちを改善するのに、その日だけ綺麗だと意味がないかな、と思ったんです。それにお客様自身が自分の個性と向き合って、ご自身でメイクができるようになる方がより喜んでいただけると思いました。私はコミュニケーションで人生が良くなると考えています。メイクで自分に自身がつくと、自然と目線が変わるんです。そうすることで、コミュニケーションがうまくいくようになり、人生が楽しくなる。お客様が毎日自分に自信を持て、人と接することを楽しく思っていただくよう、メイクをするのではなく、技術を教える側になりたいと思いました」

メイクを教えるだけでなく個性に寄り添うことも感じて

柴田さん

――受講される方はどのようなご要望が多いですか?
「ナチュラルメイク、普段メイクを教えて欲しいという声をいただくことが多いです。パーティメイクや特別な日のためのメイクとは違って、普段のお出かけの際にするメイクって、慣れてできているようで、実はきちんとできているのか…自信がなく不安に感じられるみたいです。確かに、何が正しくて、何が間違っているのか、そもそも自分の個性にあったものなのか、本やテレビの情報だけではわかりませんよね。そして、そのことを誰に聞いたらいいのかわからない。そのような悩みをいただいて、寄り添いながらレッスンしています」

ご自身の経験からメイクのもつ可能性を感じ、メイクレッスン講師の道に進まれた柴田さん。優しくも芯のしっかりされた口調から、美容の力で多くの女性を幸せにしたいという強い思いを感じることができました。次回は柴田さんのメイクレッスンの様子を教えてもらい、その魅力を紐解いていきます。

Salon Data

THREE GRAFFITI

THREE GRAFFITI

福岡県福岡市中央区天神2丁目3-10 天神パインクレスト 916
http://threegraffiti.info/
instagram: https://www.instagram.com/makelessonsalon_3g/

Profile

柴田さん

柴田祐美子さん

求人広告の代理店に勤めたあと、東京でメイクレッスン講師の養成学校に通学し、メイクレッスン専門のサロンに就職。その後、独立して自身のサロンを福岡市・天神に設け、福岡県内のみならず全国の女性に骨格分析とメイクレッスンを施している。

柴田祐美子 interview #2:診断ではなく分析。強いこだわりが人々の美しさに磨きをかける>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

柴田さん

この記事をシェアする