“日々の生活にそっと寄り添う” カフェと美容室の小さなお店『mito』

“日々の生活にそっと寄り添う” カフェと美容室の小さなお店『mito』

吉祥寺公園口から徒歩7分ほど。静かな住宅街の一角に佇む美容室『mito』は、美容室とカフェが一緒になった個性的な美容室で、ご夫婦でお店の切り盛りをしています。いったい、どんなこだわりが詰まった美容室なのでしょうか。
今回は、オーナーの鈴木直人さんにインタビュー。オープンに至った経緯や、カフェが併設されているメリットなどについて語っていただきました。前編では、お店のコンセプトやヘアスタイルを作るうえでのこだわりを伺います。

夫婦で作り上げたヘアサロン『mito』

mito

――まず、どのようなきっかけで『mito』をオープンするに至ったのでしょうか。
「出産を機に、妻とふたりでお店を作ろうと思ったのがオープンのきっかけです。実は、妻が吉祥寺でカフェを開いており、僕はもともと常連客で通っていたんです。すごく居心地がよくて、吉祥店では名の通った人気のカフェでした。常連の方同士も仲がよかったですね。その後、結婚をし、出産後にひとりでお店を切り盛りするのが難しくなり、一度カフェを閉めました。しかし、残念がるお客さまの声をよく聞きましたし、僕ももったいないと感じていたので、妻と一緒にお店を作ろうと思ったんです。そこで、以前勤めていたサロンを辞めて、独立することに決めました」

美容室もカフェも生活の一部にある

鈴木さん

――サロンのコンセプトを教えてください。
「『日々の生活にそっと寄り添う』がコンセプトです。髪を切ることも、カフェでお茶をすることも、生活の一部ですからね。普段から、ふらっと入りやすいお店作りを目指しているんです。お客さまは、30代前半から40代後半くらいの女性の方がたくさんいらっしゃいます。スタイルは、ショートカットが9割くらいです。理由はよくわかりませんが、僕自身がショートカットが好きだからかもしれません(笑)。ちなみに、ご家族連れやカップルもよくいらっしゃいます。奥さんがカットしている時に旦那さんがカフェで待っていたり、美容室終わりにデートをするカップルが待ち合わせの場所として使ったりと、みなさんその日の予定に合わせて上手に利用されていますね」

お客さまの生活にフィットするヘアスタイルを

mito

――どのような点にこだわって、ヘアスタイルを作っていますか?
「流行に流され過ぎず、お客さまのライフスタイルに合った髪型を意識しています。流行は一過性のもので、すぐに古くなってしまいますからね。あくまでも、お客さまの生活にフィットするヘアスタイルを前提にし、バランスを見ながら流行も取り入れていきます。たとえば多忙な方に、雑誌に載っているようなアレンジが必要な髪型を提案しても家では再現できないので、時間をかけずに、美しくセットができるヘアスタイルを提供しています。また、以前勤めていたサロンが、レザーカットをメインに行っていたので、一般的な美容室に比べてレザーを使用する割合が高い点が特徴ですね」

お客さまの価値観が変わってきたと言う鈴木さん。以前と比べて、本当にほしいと思うものにお金をかけるようになったと感じるそうです。たとえば洋服でいえば、ファストファッションよりもこだわりのある服を身につける人が増えていると感じるとのこと。「そういった、世のなかの変化をお客さまとの会話からキャッチできるのも、美容師のおもしろいところかもしれませんね」と語ってくださいました。後編では、カフェのこだわりやこれからの美容師に必要な力について伺います。

   

Salon Data

カフェと美容室の小さなお店「mito」

カフェと美容室の小さなお店「mito」

住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町2-20-6 エターナルコート吉祥寺1F
TEL:0422-26-7172
http://www.mito-saloncafe.com/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

“日々の生活にそっと寄り添う” カフェと美容室の小さなお店『mito』

この記事をシェアする