お客さまを笑顔で帰すことが美容師の仕事『Salon&』

お客さまを笑顔で帰すことが美容師の仕事『Salon&』

今回は、祐天寺駅から徒歩4分ほどにある、カフェとギャラリースペースを兼ね備えた個性的な美容室『Salon&』をご紹介。クリエーターをはじめ、ご家族連れなどさまざまお客さまから支持を集めているサロンには、いったいどのようなこだわりが詰まっているのでしょうか?
『Salon&』で働くスタイリストの井上唯さんにサロンが誕生した経緯や、普段働くうえで意識しているポイントについて語っていただきました。後編では、美容商材のこだわりや、これまでに印象に残っている出来事について伺います。

自社開発したこだわりのアイテムで、サロンに一体感を

Salon&

――美容商材のこだわりはありますか?
「こだわりが詰まったオーガニックシャンプーを自社開発しています。2種類販売していて、ひとつはゼラニウムという花の香りがするシャンプーで、しっとりとした肌触りが特徴的です。もうひとつは瀬戸内レモンを使ったシャンプーで、さっぱりとした質感が好評ですね。私も家で使っていますが、保湿力がありトリートメントをしなくても髪がサラサラになります。また、洗顔用の筆やハサミも自社で開発しました。同じものを使うと、スタッフの気持ちも自然とひとつになりますね」

――ヘアスタイルを作る際に意識しているポイントを教えてください。
「帰ってから家で再現できる髪型です。美容室で、きれいなヘアスタイルでも家で再現できなければ意味がないので。そのためには、カウンセリングをしっかりとし、お客さまの理想を把握することが大切です。要望にしっかりと沿う髪型を作れば、自然とリピート率もあがりますね」

お客さまに違和感を持たせない細やかな接客を

井上さん

――お客さまが満足するサービスを提供するために、心がけていることがありますか?
「マッサージが普段よりも短かったり、シャンプーの仕方が前と違っていたり、サービスに差が生じることでお客さまに違和感を持たれないよう、丁寧な接客を心がけています。対応に少しでも違和感を持たれるとどれだけ髪型がきれいに仕上がっても、お客さまは気持ちよく帰れません。そこで施術をする際は、カラーをする際のイヤーキャップの付け方など細かなところまで意識をしています。また、鏡越しにお客さまの目を見ることを心がけていますね。表情を見れば、施術に対して不快に思っているかどうか確認できますから。お客さまの様子を確認しながら疲れていると感じたら、シャンプーの時間を少し長めにとってマッサージするなど、工夫をしています。毎回帰り際にお客さまの笑顔が見れるようこれからも努めていきたいです」

印象に残っている温かなひと言

Salon&

――これまでに、とくに印象に残っている出来事はありますか?
「『Salon&』で働き始めて2年目に本気で辞めようと思ったことがありました。以前の私は、いろんなことに関心を引かれ、美容師以外の道もいいのではないかと思っていたんです。2年目で慣れ始めた時期でもあったので、その気持ちが仕事に現れていました。ある日、私の姿勢を見かねた店長から『そんな働き方をするなら、明日から来なくていい』と、みんなの前で言われたんです。その場では本当に辞めようと思いましたが、その後ふたりだけで話をした際に『俺は、もっと井上に教えたいことがあるから、やる気があるんだったら続けなさい』と言われました。そのひと言を聞いた時に、『この人のもとでしっかりと働きたい』と思ったんです」

情熱溢れるスタッフによる丁寧なカットをはじめ、ユニークな個展やこだわりのコーヒーなど、新しい刺激に出会える美容室『Salon&』。ぜひ、訪れてみてください。

   

Salon Data

Salon&

Salon&

住所:東京都目黒区祐天寺2-8-10-101
TEL:03-3713-7765
http://salon-and.tokyo/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

お客さまを笑顔で帰すことが美容師の仕事『Salon&』

この記事をシェアする