ヨガインストラクターには未経験からでもなれる? 未経験でもなれる理由と不安な場合の対処法についてお伝えします

ヨガインストラクターには未経験からでもなれる? 未経験でもなれる理由と不安な場合の対処法についてお伝えします

ヨガの中には、さまざまなプログラムがあって芸能人でも国内イベントに参加していたり、国際ライセンスを取得している方もいるほどヨガは幅広い年齢層から人気があります。

ダイエット目的や、健康維持のためにヨガを始めてからヨガにハマった!という方が多くいます。

実際に、ヨガの施術を受けて感銘を受けた人がヨガインストラクターを目指すという話を聞いたりしますが、どんなことをすればヨガインストラクターになれるか皆さんはご存知でしょうか?

人気のあるヨガのインストラクターになるために、経験は必要なのか、どのようなことが必要なのかなどについて、ご紹介していきます。ヨガインストラクターを目指したい方の参考になればうれしいです。

ヨガインストラクターには未経験でもなることは出来る?

ヨガインストラクター 未経験

ヨガインストラクターの経験が全くない人がインストラクターになるのは、正直厳しいのが現状です。

ヨガインストラクターになりたいという方は、まずはヨガスタジオやヨガ教室などでヨガを体験してみることから始めることをおすすめします。

ヨガの魅力を知ってからインストラクターを目指しても遅くはありません。むしろ、ヨガの魅力を知っている方でなければ生徒にヨガの魅力を伝えることは難しいのではないでしょうか。

ヨガは何歳からでも始めることが出来る

ヨガをはじめるのに最適な年齢というものは無いので、何歳の方でも始めることが出来るのがヨガなのです。

最近のヨガスタジオでは、「キッズヨガ」「ベビーヨガ」というクラスや、「シニアヨガ」「マタニティヨガ」など、年齢や成長に合わせたプラグラムが豊富に用意されているので、それぞれの年齢に合ったクラスからヨガを始めることが出来るようになっています。

ヨガにはインストラクターとしての資格は必要ありません

ヨガインストラクターになるために、国家資格や免許などは存在していません。近年では、ヨガがブームになって来ておりヨガを楽しむ方も年々増加してきていると言えるでしょう。

民間のヨガ団体も多くあり、そういった団体からさまざまなヨガの資格が発行されています。

また日本のヨガでは、全米ヨガアライアンスが認定した日本国内の養成スクールでの資格取得が一般的なスタイルとなってきているようです。

登録インストラクターは、世界各国で通用するスキル保有者とされているでしょう。

全米ヨガアライアンス

80年代にアメリカで設立された世界最大規模のヨガ協会。協会が認定した養成スクールで200時間のトレーニングを受講して、「全米ヨガアライアンス認定資格(RYT200)」を取得します。

かかる費用としては、養成スクールによって違ってきますが、一般的には40万円~60万円と言われています。

ヨガインストラクターに必要なスキル

必要なスキルの内容

一番大切なのはヨガの呼吸法です。呼吸法の意味を知らなければ、ヨガの効果的な呼吸法を伝えることは出来ません。

生徒にヨガを教えるときの話し方、接し方などコミュニケーション能力も必要なスキルの一つです。

豊富に存在するポーズの取り方を正確に作るのも必要ではないでしょうか。

一人ひとりの生徒としっかりと向き合うことが出来る、生徒が笑顔でヨガに取り組むことが出来る、などレッスン時の雰囲気を作ることが出来ることも必要です。

こういったことが人気のあるインストラクターに繋がるのではないでしょうか。

大切な心構え

まずはインストラクター自身がヨガを好きだということが一番大切です。

生徒にヨガを教える立場になるのですから、自分自身も美容や健康について常に意識を高めて健やかな生活をするように心がけましょう。

一日に何度レッスンをするかにもよりますが、体力、柔軟性、持久力などもつけておく必要があります。

幅広い年齢層の方を相手にするわけですから、感覚や価値観の違いが必ず出てきます。そういったこともしっかりと理解し対応する配慮を持ちましょう。

未経験からのインストラクターが不安だと思う場合には

ヨガインストラクター 未経験

未経験からいきなりインストラクターとして生徒の前に立つのは、とても勇気のいることです。

むしろ、難しいとも思える程ではないでしょうか。自分自身が、不安な状態ではヨガの素晴らしさを人に伝えることは出来ません。

しっかりと実践してからインストラクターとして始めてみることをおススメします。

インストラクターとして本番のデビューをする前に、色々インストラクターの経験をしてみましょう。

副業から始めてみる

副業でヨガインストラクターをする場合、フリーランスとして業務委託契約をして働くスタイルが一般的なのですが、インストラクターを副業で始めてみることに、いくつかのメリットがあります。

時間や場所にとらわれない

基本的にヨガはヨガマットさえ用意が出来れば、いつでもどこでも出来ます。

ヨガをする場所もヨガスタジオを借りることが出来なければ、地域の会議室などを借りて実施することも可能です。

始めたいタイミングでチャレンジ出来る

ヨガインストラクターは国家資格がなくても始められるので、「資格はないけれど、ヨガインストラクターとしてやっていけるか試してみたい!」と思った時に、副業として活動することが出来ます。

初心者向けの講習会に参加してみる

一般社団法人日本ヨガインストラクター協会では、ヨガインストラクタースクールを体験するプログラムがあります。

スクール体験の詳細、「費用は無料」「所要時間は1.5~2時間」「実技と学科のカリキュラム」で、初心者の方、ヨガインストラクターを目指している方、ヨガスタジオを開業、などを対象としています。

こういった協会の無料体験を利用してみるのも一つの手段ではないでしょうか。

その他、未経験の方をインストラクターに育てるという研修制度というのも存在しています。

研修で基礎を学んだり、スキル・ノウハウを学び一人前のインストラクターを目指すという制度です。

生徒としてヨガの雰囲気を感じてみる

ヨガインストラクターを目指す方は、たいていの方がヨガを経験していることと思います。

ヨガスタジオなどでレッスンを受けたことがない方であれば、生徒としてレッスンを実際に受けてヨガレッスン・ヨガインストラクターの雰囲気をつかむことも必要ではないでしょうか。

今やヨガのプログラムは豊富にあるので、色々なジャンルのヨガを体験して、どのような方がどのようなヨガを学びに来ているのか、どういったレッスンを好んでいるのか、など生徒の立場になってリサーチすることも大切です。

未経験でも大丈夫な勤務先を見つけるには

ヨガインストラクター 未経験

十分な知識と経験がなければ、どこのヨガスタジオでも雇ってもらうことは難しいでしょう。生徒に教えるのですから、しっかりとした知識が必要です。

未経験でも募集しているヨガスタジオやヨガスクールはいくつもあります。一言に未経験と言っても、「ヨガ自体をしたことがない」と「ヨガは経験あるけれどもインストラクターとしての経験はない」とでは、意味合いが違ってきてしまいます。

未経験OK!と書かれているスタジオやスクールでは、先ほど話したように研修制度を設けているところが多く、未経験でも受け入れてくれる場合もあります。

求人情報を色々と比較をしてどこが自分に合っていそうか、やっていけそうかを検討して連絡を取ることが大切です。

色々なヨガを体験してみて自分に合ったヨガを見つけてください

基本的にヨガは心と身体をリラックスさせることを目的として行うものですが、今や種類は数えきれないほどになっています。

日本の東京が発祥と言われている、ホットヨガというものも2017年ぐらいからブームになっています。大量の汗をかくので代謝も良くなり、むくみの解消にもなります。老廃物も排出され美肌効果が高いため女性に人気のヨガになります。

最近では主流になっている、マタニティヨガというものもあります。こちらは妊婦さんを対象としているので、ポーズは無理のない比較的簡単なものになりますが、妊娠・出産に関する知識や生理学・産科学などの知識が必要ですし、万が一の時のための応急処置なども知っておかなければならない知識になります。

このように目的別にさまざまなヨガがあります。どのヨガが一番自分に合っているのか、まずは自分で体験してみるのが一番です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

ヨガインストラクターには未経験からでもなれる? 未経験でもなれる理由と不安な場合の対処法についてお伝えします

この記事をシェアする