022_main

施術をすることで、沢山のお客様から元気をいただいています。

この世に手業を生業にしているサービス業はどれぐらいあるのでしょうか?手一つで人を喜ばせたり、疲れを取ったり、美しくしたり、癒やしたり・・・。これってすごいことですよね。

このコラムは、手業を生業にしている美容からヘルスケアの業界の方々にフォーカスをしたプロフェッショナルインタビューです。その人の手が語る物語をお楽しみいただければ幸いです。

モアリジョブ編集部

私の手にしか、できないシゴト。 大菅幸奈さん

――セラピストを目指したきっかけは?

大菅 短大の専攻がファッションで、洋服が好きでファッションも好きだったので、卒業後はアパレルに就職しました。最初は、好きなファッションの仕事ができて、すごく楽しかったんですけど、働くうちにやり甲斐をなくしてしまったんですね。その時に、「自分は何をしたいんだろう」とものすごく考えました。出た答えが、「人に喜んでもらえる仕事で、手に職を持った技術職がいいな」でした。求人情報を探していた時に、オリーブスパの求人を見つけて、「人の手の温もりを伝える」という理念に感動して就職を決意しました。

――セラピストになったばかりの頃はいかがでしたか?

大菅 入社したばかりで、技術を覚えることに精一杯でした。約2ヶ月間は、本社で研修があるんですけど、覚えることが沢山あって必死でした。

――一番最初に入客したお客様は覚えていらっしゃいますか?

大菅 覚えていますね。お客様のコースは、アロマを使ったトリートメントコースだったのも覚えています。あの時は、あっという間に終わりました(笑)。とにかく、「研修で覚えたことを全て出し切ろう」「精一杯やろう」と思って入客させていただきました。

――セラピストになってからの失敗談を教えてください。

大菅 クレームをいただいたことですね。新人の頃だったんですけど、接客対応と技術面でのクレームでした。接客面では冷たく感じると。技術面では、雑に感じたとありました。自分では精一杯やらせていただいたんですけど、クレームをいただいて、思っているだけではお客様には伝わらないし、お客様の気持ちを考えることまで出来ていなかったなと反省しました。

――クレームをいただいてから変化はありましたか?

大菅 すごく変わりました。お客様一人ひとりが、お求めになられている事の違いを感じ取ること、ただやっているだけじゃ駄目だと思いました。気付いて差し上げる事、ニーズを深く理解することが重要で、例えば、色々なお客様がいて、オリーブスパには週に3回来る方、月に1回の方、もしくは1年に1回ご来店されるお客様がいらっしゃいます。私は、毎日施術に入っているので、同じトーンでいたのですが、お客様にとっては全然違くて、特別な思いでご来店されている方もいれば、ご褒美としてご来店されている方もいる。みなさん目的も求めているものも違うので、それぞれのお客様に合わせた対応をさせていただくようになりました。そうすると、お客様の満足も違い、喜んでお帰りになっていただけるようになりましたね。

オリーブスパ_大菅幸奈

――成功談をお聞かせください。

大菅 失敗談であったことがきっかけで、お客様と向き合うようになって指名も増えました。「今までオリーブスパに来ていたけど、一番気持ちよかったわ」とそこまでお客様から言っていただいて、本当に嬉しかったですね。

――ご指名が増えたとのことですが、1日に施術される人数が増えて、身体的に辛くなったりしないですか?

大菅 正直、疲れますけど、お客様の施術に入った後は、元気をいっぱいいただけるので、疲れないですね(笑)。

――疲れない技術などの教育もあったりしますか?

大菅 研修の2ヶ月間で、しっかりと技術を教わりました。また、ブラッシュアップと言って、月に1回申請を出すと、教育担当の先生に技術チェックをしてもらえる制度もあるので、自分の技術と体勢をチェックすることができます。

――思い出に残っているお客様はいらっしゃいますか?

大菅 難しいですね。全てのお客様に本気で向き合って対応させていただいているので・・・。ですから、思い出に残っているお客様は、今まで入客させていただいた、全てのお客様です。ご指名をいただくお客様も初めてのお客様も、私にとっては大切なお客様ですね。

――今までこの仕事を辞めたいなと思ったことはありますか?

大菅 あまりないですね。最初の頃は、自分には向いていないんじゃないかと思い、ちょっとだけ辞めたいなと思ったことはありました。それ以外では、本当に辞めたいとは思ったことはありません。

――今もこのお仕事を続けられている理由は?

大菅 楽しいからですね。お客様に施術をすることで、気持ちよくなっていただけたり、疲れを取って癒すことができるというのは、本当に幸せです。お帰りの際に、喜んで帰っていかれる姿を見て喜びを感じます。

自分がやりたいことを全力で今出来ているので、続けられています。

オリーブスパ_大菅幸奈

――仕事を続ける上でのモチベーションは?

大菅 入客したお客様に「ありがとう。」と喜んでいただけることもそうですし、私の技術で、オリーブスパを好きになっていただいて、次の来店に繋がることも、モチベーションになっています。

――店舗スタッフの方々とはどうですか?

大菅 オリーブスパは上下関係があまりなくて、みんなが本当に仲が良いですね。コミュニケーションも就業中、就業後も良く取れる環境なので、楽しく仕事ができています。

――恩師の方はいらっしゃいますか?

大菅 沢山いますね。2ヶ月間研修でお世話になった先生もそうですし、アカデミーの谷口先生には技術を一番教えていただきました。各店舗をまとめているユニットリーダーの塚原さんには、ブラッシュアップ研修とかでお世話になっています。また、店舗の先輩方にも大変お世話になっています。

――仕事とプライベートのバランスはいかがですか?

大菅 充実しています。月に8回お休みがあって、8回のうち3回は希望休が取れるので、三連休にして旅行に行ったりとかもしています。

――将来の自分はどうなっていると思いますか?

大菅 身近な目標では、ホワイトと言う技術ランクがあって、まずはそれに挑戦し、合格する事ですね。最終的には、やれる事は全部やりたいと思っていて、チーフ、マネージャー、店長を経験したいと思っています。

――セラピストを目指している方に一言。

大菅 私は未経験でセラピストをスタートして、最初は不安でしたが、アカデミーの先生方が親身になって技術を教えてくださり、不安もなく毎日お客様に入客することができています。この会社に入社して楽しいことばかりなので、多くの方々にオリーブスパのことを知って頂きたいですし、挑戦してもらいたいと思っています。

オリーブスパ大菅幸奈_座右の銘

Salon Data

オリーブスパロゴ

オリーブスパ

大切にしていることを実現するために

https://relax-job.com/job/000196

この記事が気に入ったら
いいね!してね

022_main

この記事をシェアする