027_main

お客様のライフスタイルに寄り添ったサービスから今の自分のスタイルが生まれました。

この世に手業を生業にしているサービス業はどれぐらいあるのでしょうか?手一つで人を喜ばせたり、疲れを取ったり、美しくしたり、癒やしたり・・・。これってすごいことですよね。

このコラムは、手業を生業にしている美容からヘルスケアの業界の方々にフォーカスをしたプロフェッショナルインタビューです。その人の手が語る物語をお楽しみいただければ幸いです。

モアリジョブ編集部

私の手にしか、できないシゴト。 岡本愛子さん

――美容師を目指したきっかけは?

岡本 美容師になることが、幼い頃からの夢でした。小学校1年生ぐらいの時に、母に無理やり美容室に連れて行ってもらい、そのサロンの女性美容師さんがキラキラしていて、私も彼女のような美容師になりたいなと思ったのがきっかけです。

――その時がはじめての美容室だったのですか?

岡本 はい、はじめての美容室でした。美容師さんにはじめてカットしてもらい最高の仕上がりで嬉しかったのを覚えています。

――小学生の頃から美容師を目指していたとのことですが、美容師になるまで、一度も気持ちはブレませんでしたか?

岡本 ブレました(笑)。高校生の時にデザイン科に通っていた時は、グラフィックの道に行きたいなと思ったこともありました。芸術的なことが好きだったので将来の夢を悩んだこともありましたね。

――でも美容師になった。

岡本 気持ちがブレるたびに、当時行きつけにしていた美容室に行って、気持ちをデザインの道から美容師の道にリセットしていました。

――夢の美容師になっていかがでしたか?

岡本 入社前までは、ワクワクしていました。入社直後は、現実を突きつけられ、ワクワクどころではありませんでした。

――現実を突きつけられたとは?

岡本 最初は本当にフレッシュな気持ちで、全てが楽しく思えたんですね。それが入社後すぐに、技術の練習とか店舗ワークとかで新しいことが増えてきて、自分の不得意なところが見えてきたんです。その時に自分は美容師に向いていないんじゃないかって思ったことがありました。

――美容師になって最初に担当したお客様は覚えていらっしゃいますか?

岡本 覚えていますね。いつも理髪店に行かれていて、美容室のご利用がはじめての男性の方でした。そのお客様を担当する時は、とても緊張しました。そのお客様にとってのはじめての美容室、はじめての美容師ということで緊張からか、施術が完了するまでにとても時間がかかってしまいました。

エレノア_岡本愛子

――そのお客様は初来店以降もご来店いただけましたか?

岡本 指名ではなかったのですが、その後も何回もご来店いただきました。

――美容師になられてからの失敗談を教えてください。

岡本 失敗談・・・、沢山ありますね(笑)。

スタイリストデビューしたばかりの頃、施術の時間配分を失敗してしまい、うまくいかなかったことが沢山ありました。カウンセリングには時間をかけず、カットに時間を取ることが重要だと・・・。結局お客様が求めているスタイルを作ることができず、必ず切り直しをしていました。お客様のご要望をカウンセリングで聞き取ることよりもカットでどうにかしようと思っていたんですね。カウンセリングでゴールを決めて、お客様の求めているものをしっかり引き出して、カットを早くしないといけない。一人のお客様の時間配分というのを学びました。

――その失敗を経て変わったことは?

岡本 スタイリストデビューをしたばかりの頃は、すごく調子に乗っていたんですね(笑)。スタイリストになるとアシスタント時代とは違って、スキルを求められるんですけど、デビューに浮かれて練習をおろそかにし、スキルアップの練習をしていませんでした。それが失敗を引き起こす原因になっていたんだと失敗をして初めて気が付きました。それからは、流行も技術も常にアップデートできるスタイリストになりたいと思い、練習を頑張りました。

――美容師になられてからの成功談を教えてください。

岡本 美容師の仕事って、基本は髪の毛を切ることだと思うんですね。私もあるお客様の担当をさせていただくまではそう思っていました。そのお客様は、結婚式を控えた、髪の毛を一度も伸ばしたことがない方で、結婚式のために髪の毛を伸ばす必要がありました。伸ばすことに不安を持っていたお客様だったので、毎月のご来店の際に伸ばしやすいようにカットしたり、家でのスタイリングの仕方をレクチャーしたりしていました。また、挫折しそうになったときは、パーマをかけたりと励ましながらなんとか結婚式まで我慢して伸ばすことができたんですね。そのお客様からは、結婚式後に大変感謝されました。お客様のライフスタイルに沿う事ができて嬉しかったですね。

――素敵な経験ですね。そのお客様から「切りたい」って言われた時はどのように対応されていたのですか?

岡本 そのお客様にとっては髪の毛を伸ばす事がとてもストレスだと思ったので、弱音を吐かれるたびに、長いカウンセリングを行わせていただきました。その時に、美容師って髪の毛を切るだけじゃないんだなと感じることができましたね。

――美容師になられてから思い出に残っているお客様はいらっしゃいますか?

岡本 成功談でお話したお客様も、思い出に残っているのですが、もう一人忘れられないお客様がいます。私が、アシスタント時代にカラーをメインで担当させていただいていたお客様で、ご病気でお亡くなりになられて、最後のカラーリングも私が担当させていただきました。
亡くなられる前は、病気のせいで痩せてしまったので、家族が心配しないようにと元気に見えるカラーをリクエストされました。それに対して、元気に見えるカラーリングを提案させていただきました。それからは、毎回同じではなくお客様にご提案を積極的に行うようになりました。

エレノア_岡本愛子

――美容師を辞めたいと思ったことはありますか?

岡本 ものすごくあります(笑)。私はすごく不器用なので、手先を使う美容師は自分には向いていないなって思って辞めたいと思いましたね。

――それでも続けられている理由は?

岡本 人ですね。今日辞めようと言おうと思った時に限って「上手くなったわね」とか「ありがとうね」や「これからもよろしくね」と言われてしまって・・・。そんなこと言われたら、辞められないなってなったんですね。スタイリストになってからは、辛い事があっても「今辞めたら何も残らない、何もできない」って思いで続けてきました。

――先ほど不器用だとおっしゃられていましたが、それを克服するためにやっていたことは?

岡本 ひたすら練習ですね。それしかないですね(笑)。

――将来の自分はどうなっていると思いますか?

岡本 経営を学んで、私自身がお店の経営をできるようになりたいと思っています。今、次のステップとして、銀座にオープンした新店舗の店長を任されたので、3年間はそこでとにかく良い成果をげたいですね。うちは、目標となる先輩が多く在籍していて、働き方のステップアップを先輩方を通じて見ることができ、私自身も自分の将来像をイメージすることができています。また先輩たちのように、自分も新しいことに取り組めるように同じ方向を向いていきたいですね。

――最後に業界や美容師を目指している方に一言お願いします。

岡本 美容師になり始めの毎日は、辛いと思うことが多々ありますが、楽しいと思える日が必ず来ます。何年か続けていく中での経験や失敗が、自信に繋がってきます。美容師という仕事の魅力を肌で感じることができるので、今が辛くても辞めずに頑張ってもらいたいと思います。

エレノア岡本愛子_座右の銘

Salon Data

エレノアロゴ

ストレスと戦う女性を徹底的に癒して美しく
Eleanor(エレノア)

Eleanor銀座店
https://relax-job.com/job/B6468169

この記事が気に入ったら
いいね!してね

027_main

この記事をシェアする