美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2019-08-16

【BAのメイク術】innisfreeトレーナーが伝授!2019年トレンド「韓流メイクアップ」#1

美容部員として活躍したい方々の「知りたい情報」を配信する連載企画。ここでは高い技術力をもつビューティアドバイザー(BA)さんにブランドの最新メイクアップをうかがいます。

3回目となる今回は、韓国チェジュ島生まれの人気ブランド・イニスフリーより、トレーナー・池田紀美子さんをお迎えしました。BAさんたちにメイク研修を行っている、トレーナーさんの卓越した技術力をチェック!

イニスフリーってどんなブランド?

世界13拠点で1700店舗以上を展開する「イニスフリー」。韓国チェジュ島の自然の恵みを使用した化粧品ブランドです。火山灰を使用した人気ライン「ヴォルカニック」や、メイクに欠かせないクッションファンデなど基礎化粧アイテムからメイクアップラインまで豊富なラインナップが揃っています。
また、自然環境の保全を目的としたキャンペーンを行うなど、社会貢献活動にも力を注いでいます。

基礎化粧のポイントは?

「基礎化粧で、いちばん大切にしてほしいのが保湿。潤いを与えつつも、油分・水分のバランスをしっかりとるよう心がけてください。イニスフリーでもいちばん人気があるグリーンティーラインでベースを整えていきましょう。チェジュ島で育てられた無農薬の美容茶葉から抽出したアミノ酸とミネラルが、肌の奥深くまでしっかりと保湿してくれますよ。スキンケアの基本である洗顔も怠らないで。適切な方法で行えばお肌のキメが整い透明感がアップし、肌の見た目の美しさも違ってきます。1日2回、正しい方法で、汚れ(空気中のホコリ、汗、皮脂) を落としてくださいね!」(池田さん)

「まずは、洗顔から。使うのはグリーンティー フォームクレンザー。ピンポン玉2個分くらいの泡を作りましょう。弾力のある泡はクッションとなり摩擦も軽減されますよ。手で泡を立てるのが難しい方は、泡立てネットを使ってください。チャ葉エキスの他、サポニンが豊富なチャ根エキスを配合。肌の潤いをそのままに、メイクや汚れを落とします。使用量は、2-3cm程度を目安に」(池田さん)

基礎化粧のHOW TO

1.  3秒セラムで潤いを塗布!

韓国では「3秒セラム」というニックネームで愛されている伝説のグリーンティーシード セラム。洗顔後すぐに使うことで、乾燥しがちなお肌にうるおいをチャージしてくれます。次のスキンケア効果を高めるブースターセラムとしての役割も期待できます。グリーンティーシードセラムが角質層をほぐし、化粧水の浸透を高めることが期待できます。使用量は、2〜3プッシュを目安に。

2.化粧水を多めに塗布してパッティング

グリーンティー バランシングスキンをコットンで塗布していきます。コットンを使うことで、小鼻の周りや髪の生え際にもムラなく塗ることができます。また、化粧水を多めに塗布して優しくパッティングすることで、肌キメを整える働きも。

チャ葉エキスの他、保湿成分としてベタインを配合しているので、過剰な皮脂分泌を抑え、肌の油分・水分のバランスを整えます。少しトロっとしたテクスチャーですが、お肌にのせるとスッとなじみ軽い使い心地です。 使用量は500円玉大を目安に。

3.目元、口元など乾燥しやすいパーツを保湿!

目元や口元は顔全体の中でも、皮膚が薄く乾燥が気になりがちなパーツです。目元、口元にはグリーンティー バランシングローションを、顔の内側から外側に向かって塗布します。

16種類のアミノ酸を含んだチャ葉エキスを配合しており、肌に潤いを与え、理想的な水分バランスへと導きます。肌にのせると水のようにさっと広がり、さっぱりとした使い心地のうるおいヴェールに変化します。使用量はマスカット粒玉大を目安に。

4.クリームで水分の蒸散を防ぎ、油分と水分バランスを整える

チャ葉エキスや、シア脂で補った潤いが逃げないように蓋をしてくれるのがグリーンティー バランシングクリーム。まるでホイップクリームのようなやわらかなテクスチャーが魅力です。皮脂分泌の多い T ゾーン(額や鼻)やあご先は、付けすぎるとべタつきの原因になってしまうので、手に残ったクリームをのばす程度でOK!

完成

基礎化粧のPOINTをおさらい!

・洗顔後、3秒以内にグリーンティーシードセラムを塗布!角質層をほぐし、次のステップをサポートしてくれます!

・化粧水はコットンの使用がオススメ。小鼻の周りや髪の生え際なにもムラなく塗布できます!

・クリームで水分の蒸散を防ぐ!T ゾーン(額や鼻)やあご先は、残ったクリームをのばす程度でOK!

使用したアイテムはこちら!

(左から順に)グリーンティー フォームクレンザー(販売名:GT フォームクレンザー)150mL 1,188円(税込)、グリーンティーシード セラム(販売名:GTS セラム)80mL 3,132円(税込)、グリーンティー バランシングスキン(販売名:GT バランシングトナー)200mL 2,052円(税込)、グリーンティー バランシングローション(販売名:GT バランシングエマルジョン)200mL 2,052円(税込)、グリーンティー バランシングクリーム(販売名:GT バランシングクリーム)50mL 2,160円(税込)

BAの仕事について池田さんに伺いました

—-そもそもの質問で恐縮ですが、数ある化粧品メーカーの中からなぜイニスフリーで働くことに?

「イニスフリーが日本に上陸するタイミングで入社しました。経営母体であるアモーレパシフィックは、アジア第三位の規模を誇る化粧品メーカーです。とても勢いがある企業なので、自分自身を高めながら働いていけるのではないかという期待感があり、またブランドを1から広めることにやりがいを感じました。実は、最初に就職したのは日本の化粧品メーカーで、4年半ほど教育トレーナーとして勤務していました。そして、その後はまったく畑違いのことにも挑戦したいと思って芸能事務所に転職。営業職を経験したこともあるんですよ。未経験でもOKでしたし、営業のお仕事も楽しかったんですが……お客さまの喜びをダイレクトに感じられる化粧品業界に戻りたいという想いが強くなり、そんなときに偶然出あったのがイニスフリーでした」

—-トレーナーというお仕事の魅力は?

「トレーナーは、販売員を教育するお仕事です。ちなみに、私たちのブランドでは、グリナス(green join usの略!)と呼んでいるんですよ。現在5店舗、45名のBAが活躍しています。毎月、グリナスたちへの研修会に加えて、マネージャー(店長)対象の研修、年に4回の全体の集合研修やオンライントレーニングもあります。自分が研修しなければ、イニスフリーの教育が止まってしまうという強い責任感と同時にやりがいを感じます。韓国ブランドらしく、毎月新商品が出て強化製品もあるので、それらの情報をインプットすることも求められます。プレッシャーはもちろんありますが、頑張れば頑張る分だけ売上げにダイレクトに反映されるので面白いです。また、みんなで目標を達成できたときは、とびきりの達成感がありますよ!」

次回は、ベースメイク編をお届けします。

 

協力ブランド/イニスフリー(http://www.innisfree.com/jp/ja/main/index.do)、メイク/池田紀美子、モデル/山本ニーナ(ORIGINAL)、撮影/平柳智子、ディレクション・取材・文/小竹美沙(http://misakotake.com/

▽#2はこちら▽
【BAのメイク術】innisfreeトレーナーが伝授!2019年トレンド「韓流メイクアップ」#2>>

教えてくれたのはこの人!

池田紀美子さん

2017年入社
日本の化粧品会社にて教育トレーナー経験を経てアモーレパシフィックジャパン株式会社へ。
【お気に入りアイテム】
・グリーンティーシード セラム
・マイヘアレシピ リペアオイルセラム

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事