美容師 2019-08-13

【美容師のカット技術】GARDEN Tokyo 今野佑哉さん流 「シアーバング×NEW切りっぱなしヘア」#2

一世を風靡した切りっぱなしヘアを、今の空気感にアップデートした『NEW切りっぱなしヘア』。GARDEN Tokyo 今野佑哉さんが提案してくれたのは、トレンド感と実用性を兼ね備えた、現代女性のライフスタイルにぴったりなデザイン。後編では、提案いただいたスタイルについて、カットのし方を教えていただきます。

今野さんが提案する『シアーバング×NEW切りっぱなしヘア』


おしゃれな人にファンの多い切りっぱなしヘアに、今年っぽい軽さを加えた『NEW切りっぱなしヘア』。トレンド感のあるシアーバングを合わせて。

『シアーバング×NEW切りっぱなしヘア』の施術ポイント

1.裾は厚みを残して切りっぱなしに

サイドとバックの裾に切りっぱなし感が出るように、毛先を間引き過ぎないこと。髪を結んだときにアホ毛が出ない効果も。

2.トップのムーブゾーンのみレイヤーを入れる

分け目周りの、左右どちらにでも動かせる部分だけにレイヤーを。レイヤーを入れることで、日本人特有のハチ張りが緩和され、丸みのあるシルエットに。

3.前髪は目元が透けて見える程度に薄くとる

前髪が厚い&短いと古くなるので、目にかかる長さで薄く設定。隙間から目元が透けて見えるように、適度に間引いていく。

HOW TO

BEFORE
ベースの長さは鎖骨ライン。レイヤーにより毛先が薄くなっているため、肩に当たってハネてしまう状態。

1 サイド・バックを直線的にベースカット
髪全体を濡らした状態でスタート。イアートゥーイアーで分け、耳ラインでアンダーセクションをブロッキング。裾ラインのゴールを、BEFOREで入っていたレイヤーの一番高い位置(今回は肩ライン)に設定する。やや前下がりをイメージ。
髪を真下に下ろした状態で、設定した高さに合わせて一直線にカット。直線的にボックス型にカットすることで、仕上がりでサイドが少し長くなり、やや前下がりのシルエットになる。
ミドルセクションは、ゴールデンポイントを起点にV字にブロッキング。スライス角度は、切りたいと思っている毛先に合わせて。アンダーセクション同様、真下に下ろした状態でカット。アンダーの毛先をなぞるように、コームを当ててカットする。
サイドは、設定したゴールに向かって、やや前下がりにカット。乾かしたときにクセの影響が出やすい部分なので、絶対に引っ張って切らないこと。左手は添えるだけ。
トップも同様に、ミドルセクションに合わせて毛先をカット。サイドまでそろえる。
ベースカットの切り終わり。サイドはやや前下がり、バックは肩ラインのブラントカット。

2 トップの動きが出るゾーンにレイヤーを入れる
左右どちらでも動かせる表面の髪「ムーブゾーン」をとる。つむじと前髪の分け目をつないだラインを中心に、左右5cm幅程度。
髪を下ろしたときに左右の長さがそろうように、毛束は分け目側に少し傾けて引き出してレイヤーを入れる。レイヤーの高さは、毛先から指2~3本を想定。
さらに毛束を横でとってチェックカット。左右でレイヤーの高さをそろえる。

3 前髪をカット
黒目と黒目の幅、奥行き3cmで前髪をとる。分け目で左右に分ける。
分けた毛束を反対側に持っていき、持ち上げながら輪郭に沿うように斜めにカット。逆側も同様に。
黒目外のサイドバングは、毛先を逃がすようにスライドさせながらカット。
前髪をセニング。各1cm幅で、アンダー、ミドル、トップに分ける。アンダーはカット同様、反対側の目の前に持っていき毛先のみ梳く。
ミドルは中間~毛先、トップは毛先のみを、はさみを斜めに入れてセニングする。
一度全体をドライ。ベースカットと同じブロッキングで毛量調節する。アンダーは、アウトラインを外し、カットラインに対して平行に根元からセニング。
ミドルは厚みが出るところなので、中間~毛先をある程度しっかり間引く。トップは頭皮に対して垂直に引き出し、毛先のみセニング。サイドは厚みが残るように、下ろしたまま毛先のみセニングする。
前髪は下ろした状態で、厚みが残っている部分を狙って、軽く毛量をとる。

 

カット前

カット後

スタイリング

26.5mmのヘアアイロンを使用。カットと同じブロッキングで、カットラインに沿って巻いていく。アンダーとミドルは、ダウンステムで中間からすべらせるように、毛先のみ1/2カールさせ、外ハネのニュアンスを出す。
トップはレイヤーが内巻きになるように、毛先ワンカールの平巻き。真上に引き上げ、分け目側に少し傾けながら、後ろ向きに巻いていく。前髪はカット同様に毛束を反対側の目の前に待っていきながら、毛先のみに内巻きワンカールを。
重めのオイルを手のひらになじませ、髪の裏面につくように下から手を入れて全体に手ぐしを通す。前髪は手に残った分を、毛先のみになじませる。

仕上がり
切りっぱなし感の残る裾と、軽さと動きのある表面のレイヤーが、旬の重×軽なシルエットを作り上げる。レイヤーが入った部分は、左右どちらにでも動かせるから、スタイリングのレパートリーも豊富に。目元が透けて見える前髪がトレンド感を底上げする。

切りっぱなしヘアを今っぽい「重×軽」な質感に仕上げた『NEW切りっぱなしヘア』。バサッと下ろしただけでも決まるのはもちろん、ヘアアレンジを楽しみたい人、忙しいからサッと結んでしまいたい人など、幅広い現代女性に対応してくれますよ。

取材・文:山本二季
撮影:大柳佳緒里(スタジオバンバン)
ヘア:今野佑哉
メイク:小野寺紗良
モデル:小林夕樹

教えてくれたのはこの人!

今野佑哉さん

GARDEN Tokyo 店長/テクニカルチーフ

女性をワンランク上に見せてくれるヘアスタイルや、肌の透明感をアップするカラー提案に定評あり。自宅でも簡単なスタイリングで仕上がるヘアスタイルにこだわり、デザイン性・機能性の両面からの幅広い提案はお客様からの支持が高い。GARDENのオピニオンリーダー達が結成した「LIVE」メンバーのひとりとして、講師、撮影活動など多岐にわたり活躍中。

インスタグラム https://www.instagram.com/garden_konnoyuya

Salon Data

GARDEN Tokyo(ガーデン トーキョー)

住所 東京都中央区銀座7-9-15 GINZA gCUBE 11F
TEL 03-5537-5510
URL http://www.garden-hair.jp/garden_tokyo/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事