美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2019-07-31

地域密着型スタイルで安定した売上を確保! 高い技術力と小さな満足の提供で、リピーターを獲得する『NEUTRAL – produced by GARDEN』の地道な取り組み

土地柄を生かしたサロン作りで、開店後すぐに人気サロンとなった『NEUTRAL – produced by GARDEN』。3年間続く美容室は約10%と言われているなかで、お客さまから高い支持を得て安定した売上を上げ続けています。その理由には、どんなスタイルにも対応する高い技術力と細やかなサービス、そして若手を伸ばす効率的な指導法がありました。
後編ではお客さまの信頼を獲得し、リピーターを増やす方法に迫ります。

幅広い年齢層に柔軟に対応する、高い技術力の秘密

————リピート率を高めるために大切なことを教えてください。

「大切なことは大きく3つあると思います。何よりもまず技術力を高めることです。どれだけ設備が整っていても、理想のスタイルを形にできなければお客さまは離れてしまいますからね。ちなみにオープン当初は都内と武蔵小杉での求められる技術の違いに、戸惑う若手もいました。その頃は、グラデーションカットという段が入っていないワンレングススタイルが若者の間で流行っていて、都内で働いていたスタッフはこのスタイルを重点的に磨いていたんです。しかし、40代以上の方が多く足を運ぶ『NEUTRAL』ではレイヤースタイルが人気でした。スタイリストとしてある程度経験を積み技術を持っていても、慣れないうちはやはり手こずるんです。そこでレイヤーカットの講習会を開き全員でスキルアップに取り組み、今ではどのスタイリストも幅広い年齢層に柔軟に対応できる力を持っています」

————なるほど。2つ目はどのようなポイントでしょうか?

「細やかなサービスで小さな満足を提供し続けることです。とくにシャンプーは直接触れる時間が長いのでこだわっており、流す前には『お湯加減は、ぬる目、普通、熱め目のどれがよいでしょうか?』とお伺いして、好みの温度を把握しています。また、フェイスガーゼにアロマを染み込ませていることもポイントです。シトラス、ミント、ラベンダーの3種類から選んでいただき、よりリラックスできるひと時を演出しています。些細な仕事を丁寧に行うことこそが、サロンの価値を高めると思いますね」

スタッフ全員が名札を付けている理由とは

————それでは3つ目のポイントを教えてください。

「若手に責任感を持たせることです。スタイリストが完璧な施術をしてもアシスタントが少しでも雑な仕事をすれば失客につながりますからね。『NEUTRAL』では『GARDEN』グループで唯一、全員が名札をして働いているんです。名札を見せて挨拶をすることで、お客さまの見方は『NEUTRALのスタッフ』ではなく『NEUTRALの○○さん』になります。つまりよい仕事をしても悪い仕事をしても個人が評価されるんです。そうすることで、自分に負荷がかかり自然と責任感が芽生えるようになります。ちなみに近年はとくに効率的な若手の育成に力を入れており、カリキュラムを見直してスタイリストデビューまでの期間を4年から3年に縮めました。もちろん、技術を妥協しているわけではありません」

————どのようにデビューまでの期間の短縮をしたのでしょうか?

「時代に合わせた教育法を取り入れました。オリジナルで作成したカットやパーマの工程を解説した動画を共有しているので、アシスタントは基本的な知識を独学で身に付けることができます。通勤途中などの隙間時間にも勉強することができますし、スタイリストの時間を無駄に奪うこともありません。わからないことだけを、サロンでスタイリストに聞くほうが、効率がよいんです。また今年の9月から、土日はアシスタント、平日はスタイリストとしてフロアに立つジュニアスタイリスト制度を取り入れる予定です。お客さまに触れる機会を増やすことで成長スピードが格段に上がると考えています。ちなみに、アシスタントの育成だけでなく『GARDEN』全体でも積極的に世代交代を進めているんです。これまでの店長は40代が大半でしたが、これからは30代に任せる体制に変わりつつあります」

中堅サロンだからこその「大人の戦い方」で勝負する

————なぜ、世代交代を進めているのでしょうか?

「ブランドサロンとしてさらに発展するためです。『GARDEN』は創業して15年ほど経ちますから、業界では中堅に位置していると思います。これまで蓄積した技術があるので、現状でも十分に戦うこともできるんです。しかしそれでは進歩がありませんから、過去の実績は一度忘れて、改めて1からリスタートを切りたいと思っています。若いサロンにはできないような、大人の戦い方を見せていきたいですね」

————今後の『NEUTRAL』の目標を教えてください。

「都内の店舗に負けない魅力的なサロンを作りたいですね。やはり若手は夢を持って上京していますから、武蔵小杉でデビューをしたいと思っているアシスタントは少ないんです。『GARDEN』グループの他店舗から『NEUTRAL』に行きたいと声が上がるような、スタッフからの評価が高いサロンを目指していきます」

————なるほど。ちなみに『GARDEN』グループではデビュー先の店舗を自分で決められるのでしょうか?

「若手の夢を叶えたいという気持ちがあるので、デビュー先の希望は聞くようにしています。またスタイリストも正当な理由がない限り、無理な人事異動をしていません。そういったところが、『GARDEN』は独特かもしれませんね。本当に情が強すぎるというか(笑)。いろいろな意見がありますが、私はそこがいいところだと思っています」

リピート率を高める極意

オープン後も失客することなく安定した経営を続けている『NEUTRAL』。リピート率を高めるための極意をまとめると下記の3つでした。

1.幅広い年齢層に対応する高い技術力を身に付ける

2.小さな満足を提供することで、お客さまの信頼を得る

3.時代に合わせた効率的な指導法により、若手の力を伸ばす

思うように成果が上がらず悩んでいる方は、ターゲット層に合った接客スタイルや技術を見学しに訪れてみてはいかがでしょうか。

▽前編はこちら▽
地域密着型スタイルでオープン初月から爆発的な売上を記録!お客さまのニーズを掴む『NEUTRAL – produced by GARDEN』の戦略に迫る>>

Salon Data

NEUTRAL – produced by GARDEN

住所:神奈川県川崎市中原区新丸子東3-1135 GRAND TREE MUSASHIKOSUGI 2F
TEL:044-431-1277
URL:http://neutral-garden.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事