美容業界の応援メディア
ライフスタイル 2019-10-28

<影響を受けた本>樹木さんと美容家・吉川さんから届いた励ましの言葉【美容家 吉川千明】

忙しい毎日の中で、ふと手にとった一冊の本。その本との出会いが人生を大きく変えることもあります。ここでは、美容従事者の皆さんが大事にしている本をご紹介します。「考え方が変わった」「影響を受けた」とっておきの本とは?

今回は、オーガニック美容の第一人者である美容家の吉川千明さん。お気に入りの一冊を伺いました。

美容家 吉川千明さん

美容家・オーガニックスペシャリスト サスティナブルライフ水先案内人
「最上級のビューティは自然の力、植物の力が与えてくれる」、「目指すのは自然体でエレガント」、「科学的にナチュラルに」をモットーに、コスメのみならず、食・女性医療・漢方・植物療法・ファッション・インテリア・旅などナチュラルでヘルシーな女性のライフスタイルを提案。1990年代よりオーガニックコスメと植物美容を日本に広げたナチュラルビューティの第一人者。「更年期と加齢のヘルスケア学会」認定メノポーズカウンセラー。「美しくなれる自然療法」(主婦の友社)、「オトナのための女性ホルモンの話」(宝島社)、「これからの美しさの磨き方」(KADOKAWA)など著書多数。

CHIAKI’s favorite

タイトル/一切なりゆき~樹木希林のことば~
著者名/樹木希林
出版社名/文春新書

あらすじ: 2018年に永眠された女優の樹木希林さん。『寺内貫太郎一家』などテレビドラマ、「美しい方はより美しく、そうでない方はそれなりに…」というフレーズが強く印象に残るテレビCM、近年では『万引き家族』など映画でも活躍した平成の名女優。樹木さんが遺した数多くの言葉が説得力をもって読者に迫ってくる。

■この本との出会い

いつも行く駅前のコンビニに平積みになっていて、帯にあった「2019年上半期一番売れた本! 120万部突破」が目に入りました。

この本をなぜ買ったのか? 理由がいらないくらい日本中の人が樹木希林さんのことを好きなのではないでしょうか。私も大好きです。彼女のように自然体で生きたい、彼女にあやかりたい、が購買理由です。

それに「なりゆき」というタイトルに惹かれて。今ってノウハウ本ばかりでしょう!?「こうやったら、上手くいきますよ!」のような。ノウハウ本は、すべてが狙い過ぎ、決めつけ過ぎていて、正直飽き飽きしているところもありましたから、この「なりゆき」という真逆のタイトルに惹かれました。

■好きなフレーズ

たくさん言葉がでてきます。
「それが本当の子育てなんです」
「欲や執着があると、それが弱みになって、人がつけこみやすくなる」
あえて、好きなフレーズなんて書かなくても、全てにメッセージがこめられています。あまりにもためになることが詰まっています。
薄い本ですから、さっと読めますから、読んでみて。

結局のところ、やっていることは無駄にはならないのだ。
自分のことを要領が悪い、と思っている人にぜひ読んでほしい。
薄っぺらいことは人に飽きられる。がんばっていればどんどん美しい顔になるし、深みが出てくる。ちゃんと良いことが待っていると思わせてくれました。

■この本を読んでよかったこと

物質にやられないで、損得だけにかられないで、丁寧に生きていくことの大事さを教えていただきました。人と比べなくていいし、大切な周りの人を大事にすれば必ず幸せになれると思わせてくれます。「そうか。それでいいんだ」と思ったら、落ち着いて暮らしていけるじゃないですか!

ガサガサしないで生きていけたら、その人自身が美しくなる。
私たちは人を美しくするのが仕事だけれど、まず、自分が美しくなりたいじゃないですか。美容って、結局のところ、その人のようになりたいから、その人にあやかりたいから、その人のところにお客様が集まるのだと思います。

素敵な本でしたよ。

■こんな人、こんなときにオススメ

薄くて、すぐに読める本です。みんなに読んでほしい。
とくに女性には。
子育てしている人。カップルが危機な人。仕事で迷っている人にも。

■本を読む時間

本は、月に5~6冊買ってます。すぐに読めなくても、面白そうな本はすぐに買います。飛行機に乗っても、機内誌で書評を読んで面白そうだったらその場でアマゾンで検索して、カートに入れて買うようにしています。すぐ買わないと。

いろんなジャンルを読みます。小説は、最近は読まないかな。小説、ゆっくり読みたいですよね。経済やITの本なども読みますよ。食や体の本なども。

■吉川さんにとって本とは

本はとても大事なもの。いろんな世界がのぞけるから。
本はいつも世界を開いてくれます。狭い考えに陥らないためにも、本は大事な存在です。

私が18年間、135回も一緒にセミナー「女性ホルモン塾」(http://cnet.gr.jp/hormone/)をしている産婦人科医の対馬ルリ子先生は、日本を代表する産婦人科医ですが、いつも本を読んでいます。漫画から経済、芸術まで、常に活字を読んでいます。だから変わっているのかな? なんて思います。変わっているというのは、医者らしくないの。ある意味、お医者って専門職でしょう。ですが、彼女の視点はむしろ総合職なのです。

私は美容家だけれど、専門家ではなく総合職になりたいと思っています。ホリスティックな考え方をもつ専門家と言ったほうがいいかもしれませんね。いろんな方向から人を見ることができないと美容はできないから。

最後にひとつ。本は借りないで。ぜひ買ってください。
自分に投資することって大事だと思うのです。
大丈夫! 必ず自分に戻ってくるから。

吉川さんから美容従事者の皆さんへ伝えたいこと

1.狭い考えに陥らないためにも読書は大事。
2.自分のやりたいこと、方向性、生き様を常に整理しておくこと。
3.自己投資しよう。自分を磨こう。自分をきれいにしよう。あなたを見て人は集まる。
4.いろんな方向からその人のことが見られないと美容はできない。
5.薄っぺらいことは人に飽きられる。
6.本は借りずにぜひ買って。

ためになることがたくさん詰まった「一切なりゆき~樹木希林のことば~」を紹介してくださった吉川千明さん。この一冊から得たものだけでなく、吉川さんご自身の経験に基づく励みになる言葉をたくさんいただきました。美容従事者の皆さんが益々活躍されるように、樹木さんと吉川さんから、ダブルでうれしいメッセージです。

取材・文/永瀬紀子

Salon Data

ビオ代官山(オーガニックコスメPRオフィス)

住所:東京都渋谷区恵比寿西1-33-3光雲閣ビル303号
TEL:03-6277-5612
https://biodaikanyama.com/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事