美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2020-01-12

【SNSで売り上げUP】写真のクオリティを上げることが注目を集める秘訣!高橋英昇さんのInstagram活用術一問一答 #5

写真の明るさを細かく調整し、文字周りのレイアウトにも強くこだわった写真が多くのお客様から注目を集めたOf HAIR 銀座店 高橋英昇さん。

そんな高橋さんがInstagramを活用するにあたって意識していることやこだわりを一問一答形式でご紹介します。

Q.Instagramをはじめた当時の投稿は?

僕の得意なスタイリングを確立したいという想いから、ミディアムやロングをベースに巻き髪のアレンジを加えたスタイリングや、Before・Afterの写真も投稿していました。色々なスタイリングを投稿している中で、女性は“前髪”を一番気にしているのではないかと気付き、前髪メインのスタイリングを投稿するようになりました。

Q.前髪のスタイリング写真の反響は?

Before・Afterの写真はInstagramではマンネリ化していたので、僕が予想した以上にはフォロワー数は増えませんでしたね。そこからはお客様が飽きないようにモデルさんを横や背後からのアングルで撮影したり、モデルさんの全貌が見える写真を投稿していました。そうやって試行錯誤をするうちに“後れ毛”や、“結んだ時の前髪”のスタイリングが生まれましたね。

Q.「後れ毛」や、「結んだ時の前髪」の写真の反響は?

「後れ毛」や、「結んだ時の前髪」の投稿は約44万人の人に見てもらえたほど大きな反響がありました。ただ、Instagramで投稿の本文を読むためには、「続きを読む」を押す手間が必要ですので、その手間を省きスタイリングの意図を読んでもらうためにも、新たな課題もうまれましたね。

Q.新たな課題はどうやって払拭した?

写真に文字入れることで、「続きを読む」を押す手間を省くことができて、僕のスタイリングの意図を伝えることができました。雑誌みたいに可愛く仕上がったのでたくさんの「いいね」がつきましたね。“文字を入れた写真“を1回投稿するだけでフォロワー数が1200人も増えたこともありました。

Q.Instagramで注目を集めたことによるサロンワークの変化は?

前髪のBefore・Afterに切り替えてから月の売り上げは約80万円を達成しましたね! 写真に文字を入れた写真を投稿したら新規のお客様が約100人にまで増えることもありました。

ハッシュタグの活用術

Q.ハッシュタグの使い方は?

ハッシュタグの文字色は青いので、伝えたい言葉をあえてハッシュタグにして本文中に書き込むと強調することができます。それから自分しか使ってないハッシュタグを使うことで、観覧数を伸ばすこともできます。語呂合わせの良いハッシュタグを使用すれば、見ている人にインパクトを残せるので、知名度を上げるのにうってつけです。

文言編

Q.写真の注目度を上げる秘訣は?

「1番」や「おすすめ」といった心が魅かれる文字を入れる事で注目を集めることできます。それから、人によっては5月下旬を「春」と解釈したり「夏」と解釈することもあるので、そういった人達に違和感なく季節感を伝えるために、あえて「今期」というワードを入れることもあります。

Q.ワードを選択するにあたって参考にしているものは?

雑誌やヘアカタログには目を引くワードがたくさん載っているので参考にすることが多いです。

写真編集編

Q.どんなアプリを使って編集している?

「Annotable」、「snapsheed」、「Make up plus」というアプリを活用してそれぞれ文字のフォントと配置、写真の明るさや色味、モデルさんの顔の編集を加えています。

「Annotable」
豊富で親しみやすい形:四角形・円形・矢印・線等の形状に加え、テキストも入力できる編集アプリ。色、フォント、フレームはもちろん、ぼかしやスポットライト、テキストマークもできます。
App Store:Annotable — 究極の画像注釈アプリ

「Snapsheed」
ブラシで露出、彩度、明るさ、色温度を、部分的にレタッチできる編集アプリ。より自然な写真に仕上げるためのホワイトバランス調整やグループの写真に写り込んでしまった人物も削除することもできます。
App Store:Snapseed
Google Play:Snapseed

「Make up plus」
メイク機能に特化した画像編集アプリ。ナチュラルにも、シーンに合わせたメイクアレンジが可能。ファンデーションも10種類以上あり、美肌効果機能やヘアアレンジ、顔の輪郭も修正できます。
App Store:Make up plus
Google Play:Make up plus

Q.「Annotable」を活用するうえで意識していることは?

見やすい写真に仕上がるように、白い長方形の囲いを作ってから、上にBefore・Afterを黒の文字色で入れています。さらに写真の右上や左上に配置するとより見やすくなります。キャッチ文を入れる場合も同様です。囲いの縦の長さを写真の縦幅とほぼ同じ長さに調整することで、文字のサイズを大きく調整することができます。

Q.「snapsheed」を活用するうえで意識していることは?

写真全体のトーンは青白い、肌は色白でメイクははっきり見えるという3つのポイントを意識してアプリ内にある「ツール」の「画像調整」で明るさや色味を調整しています。

「明るさ」「コントラスト」「彩度」「ハイライト」を上げて写真全体のトーンを明るく調整しています。また、「シャドウ」を上げることで髪の色味を少し明るくすることができて、キレイに見えるようになります。「色温度」を下げると写真全体の色身が寒色系に近づくので、肌が色白く見えるようになりメイクがより際立ちます。今まで加えた編集で写真全体が明るくなり、モデルさんの肌やメイクの明るさが際立たなくなりますので、「ツール」の「部分調整」で気になる箇所の明るさを上げて、光があたった雰囲気が出ている写真に仕上げます。

Q.「Make up plus」を活用するうえで意識していることは?

「Make up plus」でモデルさんの顔の輪郭を調整してさらに可愛く仕上げます。このアプリは“メイクテーマ“がいくつか用意されていて、選んだテーマに沿ってモデルさんの顔のパーツを自動で調整してくれる機能があります。その機能を使って「ナチュラル」な雰囲気に仕上げています。

Q.現代の美容師が上手にInstagramを活用する「コツ」は?

現在のInstagramは飽和状態で、新鮮味のある投稿を見つけるのは中々難しいと思います。まずは、投稿数を増やしてお客様の目に触れてもらう頻度を高くすることが人気を集めるのに重要だと思います。投稿数を増やすには続けることが何よりも大事なので、今流行っているスタイリングではなく、自分が好きなものを中心に投稿することをおすすめします。

▽#1はこちら▽
【SNSで売り上げUP】前髪の投稿をきっかけに月の売り上げ80万円を突破! 高橋英昇さんの集客を増やすための秘訣 #1>>

取材・原文/井上桂佑(レ・キャトル)
撮影/石原麻里絵(fort)

教えてくれたのはこの人!

高橋英昇さん
Of HAIR銀座店 スタイリスト
前髪のBefore・Afterの投稿がきっかけで注目を集めた話題の美容師。見やすいレイアウトとキャッチーな文字を取り入れた写真がお客様から人気を集め、月の新規顧客数が100人を超えるまでに!
インスタグラム:eisho_takahashi

Salon Data

Of HAIR 銀座店

住所:東京都中央区銀座6-3-2-3F
TEL:03-6274-6085
URL:http://www.ofhair.co.jp/shop/ginza/staff/index.php?staff_no=343

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事