子育てしながら美容師として働きたい! 仕事と子育てを両立するには|託児OKのサロンはどれくらいある?

結婚や出産などで美容師の仕事を離れたものの、育児がある程度落ち着いたところで、子育てと両立させて復職したいと考えている方は多いのではないでしょうか。働きながら子育てするママ美容師も多くなっている時代ですから、可能であれば職場の近くに安心して子どもを預けられる場所があれば、と考える方も少なくないでしょう。

ここでは、子育てしながら美容師として働きたいと思っている方に向けて、仕事と子育てを両立させられる託児OKのサロンがどのくらいあるかについて、詳しくご紹介します。
 

 

子育てしながら美容師・スタイリストとして働くにはどうすればいいの?

子育てしながらママ美容師として働きたいと考えていても、何年も離職しているとブランクなど不安なことも多いでしょう、ここでは、育児と両立させてスタイリストとして働くには、どのようにすればよいか解説します。

1. 美容師としての働き方を考える

子育てしなから美容師として働くには、どのような働き方をすればよいのでしょうか。ここでは、ママ美容師としてどのような働き方があるのか解説していきます。

時短勤務で勤める

時短勤務は、育児や介護と仕事を両立しやすいように、国が定めている制度です。規定に当てはまれば、職場の就業規則に定めがなくても時短勤務で働くことはできます。ただ、働く美容室の雰囲気もあるので、面接時などに時短勤務が可能か質問してみることをおすすめします。ママ美容師を積極的に採用しているような美容室なら、時短勤務で働きやすいでしょう。

結婚や出産などで離職する前に勤めていたサロンに、時短勤務で働けるのかどうか相談してみるのもよい方法です。もともと働いていたサロンであれば店舗の勝手や雰囲気などがわかるので、大きな不安もなく復職することができるでしょう。もちろん、もといたサロンで時短勤務ができない場合は別のサロンを探すこともできます。時短勤務OKで求人しているサロンも少なくありません。

条件の合うサロンに転職する|パート・アルバイト・業務委託

時短勤務でなくても、自分の希望する働き方のできる、条件に合うサロンに転職するのもひとつの方法です。パートやアルバイト、業務委託など、働き方はさまざまなので、育児と仕事を両立できる自分に合った働き方を見つけるとよいでしょう。

・パートやアルバイト
美容室によっては、1日3時間・週2日からでもOKの求人のあるところもあります。まず短時間の勤務から始めたい方は、パートやアルバイトとして働いてみるのもおすすめです。

・業務委託
業務委託は、正社員やアルバイトなど従業員として美容室で働くのではなく、個人事業主として、対等の立場で取引をして働くといった形式の働き方です。美容師としての技術に自信があるのなら業務委託として働くのもよいでしょう。最近は業務委託専門のサロンもあります。

メリットとしては、時間に融通がきくことや、しっかり働いたぶんだけ売り上げも増えるといったことなどがあげられます。ただ、基本給がないので、売り上げがなければ給料もなく、社会保険が個人負担になるといったデメリットもあります。

アシスタントから始める

結婚や出産などで退職してからのブランクが長い場合、自分の技術力に不安があるといった方もいらっしゃるでしょう。その場合は、アシスタントから始めて技術を取り戻すという方法もあります。

2. 家庭内でできることを考える

子育てしながら働くにあたって、家庭内ではどのようなことに気をつければよいのでしょうか。ここでは、育児と仕事を両立させるために、家庭内でできることについて解説します。

子どもを保育園に預ける

小さな子どもがいる場合は、子どもを保育園などの託児施設に預けなければなりません。そして、保育園に入る際には「就業証明書」を提出しなければならないこともあります。このとき、ママ美容師の採用に積極的なサロンなら、早めに内定を出して書類を提出しやすくしてくれるところもあるようです。また、保育園に子どもを預けられるようになるまでは、シフトに融通をきかせるといったサポートをしてくれることもあるので、積極的に利用しましょう。

タイムテーブルを作ってみる

小さな子どもを育てながら働くのは、不安なことも多いでしょう。そこで、具体的なライフスタイルを想像するために、実際に働き始めるとどのような生活が待っているのかタイムテーブルを作ってみるのもおすすめです。働き始めたらどんな風になるのか、分からないまま不安に思うよりは仕事が始めやすくなります。

旦那さんの協力をあおぐ|子どもが熱を出したときなど

旦那さんや両親など、手助けしてくれる家族が近くにいるのなら、協力してもらえるよう話し合っておくことも大切です。子どもが熱を出したときなどはどう対応するか、事前に決めておけば急な発熱でうろたえるようなこともないでしょう。近くに手助けしてくれる家族がいない場合などは、病児保育に対応している施設を近所で見つけておけば、いざというときにも安心です。

扶養について相談する|どの範囲で働く?

夫の扶養範囲内で働くのか、その枠以上に働くのか、働き始める前に話し合っておくことも大切です。また、扶養についての知識をしっかり知っておき、働き損になってしまうことがないようにしましょう。

子供を預けながら働ける! 託児可能な美容室はどれくらいある? 求人情報をチェック

働くママが増えている近年では、待機児童問題も少なくありません。いざ働こうと思っても、子どもを預けることのできる保育園が見つからないということもあるでしょう。そんなとき、子どもを預けながら働くことのできる美容室があれば、仕事も始めやすいです。ここでは、託児可能な美容室がどのくらいあるのか、求人情報を調査した結果を、東京・神奈川・埼玉に分けてご紹介します。

・東京
美容室が数多くある東京都では、子育て支援に手厚い美容室もたくさんあります。ベビーシッターが常駐する託児所のある美容室や、保育園と提携している美容室など、女性が長く働きやすい職場の求人も多いです。

・神奈川
神奈川県にも、女性の働きやすい託児所ありの美容室の求人はあります。託児所が併設されていて、保育士、ベビーシッターの勤務している美容室や、保育施設と提携している美容室など、育児中の女性も働きやすい求人があります。

・埼玉
埼玉県も、育児と仕事を両立させて、自分に合った働き方のできる美容室の求人があります。専用の託児所のある美容室や、無料託児室のある美容室など、ママ美容師の採用に積極的なサロンは多いです。

正社員として勤めたい! 短時間の勤務OKなサロンはどれくらいある?

子どもを預ける保育園が見つかり、時短勤務が可能な正社員になりたいと考える方もいらっしゃるでしょう。ここでは、時短勤務OKの正社員に求人がどのくらいあるか調査した結果を、東京、神奈川、埼玉に分けてご紹介します。

・東京
東京都には、時短勤務OKの正社員の求人のある美容室が数多くあります。求人件数全体の半数弱ほどなので、多くの美容室が時短勤務OKとしていることが分かります。人生のさまざまな場面で生活スタイルが変わることの多い女性も、安心して働くことができます。

・神奈川
神奈川県にも時短勤務OKの求人のある美容室があります。最終受付17時まででママ美容師の採用を積極的におこなっているサロンや、土日休みもOKのサロンなど、育児と仕事を両立させやすい職場といえるでしょう。

・埼玉
埼玉県にも、時短勤務OKの求人のある美容室が数多くあります。時短勤務のほかに、週休2日で夏期休暇や年末年始の休暇など、子どもと一緒にいる時間を大切にできるサロンや、育児休暇や産前産後休暇の実績のあるサロンなど、ママが自分らしく働ける環境といえます。

共働きの増えた時代、資格を活かして活躍しよう!

女性の社会進出が拡大している現代は、共働きが増えた時代といえます。結婚や出産などでいったんは離職したものの、美容師の資格を活かして復職する女性は多いです。時短勤務や業務委託、アルバイトやパートなど、働き方はさまざまで、それに対応している美容室も増えています。

ママ美容師を積極的に採用しているサロンや、子育て支援に手厚いサロンも多いので、自分のライフスタイルに合った職場を求人情報などで見つけましょう。

参考元:
リジョブ「東京都 美容師 託児所あり」

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事